1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 被扶養者の医療保険は扶養者の確定申告に含めることができるか

被扶養者の医療保険は扶養者の確定申告に含めることができるか

30代 / 女性 / 広島県 / 年収 501-600万円 / 既婚

103万円または150万円の扶養内で働く妻が、独身の頃より自分で契約していた医療保険や個人年金等を、夫の年末調整に提出した場合でも控除が受けられるのかを教えて頂きたいです。
以前、個人年金については妻に収入がある場合は難しいと聞いたことがあるのですが、個人年金のみ控除されないのでしょうか? 控除される場合、医療保険・個人年金の年間の保険料の支払額と控除されるパーセンテージまたはおおよその金額を知りたいです。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
名義が奥様であっても、支払をご主人様がしている事を証明できれば控除を受ける事ができます。
控除される金額の上限は、生命保険、介護医療保険、個人年金保険それぞれ、年間保険料8万円を上限として、所得税に関しては最大4万円ずつ控除されます。

2017年5月1日 22時13分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 繰越欠損金について教えてください

    平成30年4月1日以降、繰越できる欠損金は10年になりました。例えば1年目に100万円の赤字を出してしまい、その後2年目から10年目まで毎年1万円ずつ利益...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

関連するお金の記事