1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. ふるさと納税シミュレーションの計算方法について教えてください

ふるさと納税シミュレーションの計算方法について教えてください

30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

ふるさと納税をする場合、年収から自己負担が2000円になる寄付金の限度額がどれくらいになるかというシミュレーションはネットで調べるとできます。
しかし毎年医療費控除や住宅ローン控除もあるので、それを考慮すると一体どれくらいまで納税すればよいのかいつもよくわからず、限度額より少なめに寄付をしています。
住宅ローン控除や医療費控除などの金額は無視して、限度額まで寄付しても無駄はないのか、住民税などの金額に違いは出てくるのかを教えて欲しいです。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
医療費控除や住宅ローン控除も加味しなければなりません。
住宅ローン控除は金額に残債の10%ですので、比較的大きいです。
課税額が0円であれば節税効果は無いので注意が必要です。

2017年5月1日 23時3分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事