1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 相続税
  4. 相続税はどのようなものが対象となるになるのでしょうか?

相続税はどのようなものが対象となるになるのでしょうか?

30代 / 女性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

相続税に関して知りたく思います。
相続と聞いたら、親から子供に遺産として財産が渡ること、というように理解していますが、恥ずかしながらドラマなどで見た漠然としたイメージしかありません。
まず第一に、税の対象となるのはどのようなものが対象となるのでしょうか。
現金、預金、土地、建物など大きなものはもちろんだと思いますが、例えば、車輌や自営業なら仕事に使っている機械や装置等、対象範囲を知りたいです。
第二に、その計算方法、そして、節税方法も併せて知りたいです。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
相続税の対象になる資産は、質問者様の挙げている項目は全て該当します。
会社が持っている機械などに関しては、それらを元に株価が算定され、その株価が相続財産評価額になります。
一方借入などは負債として、全体の相続財産から差し引かれて評価されます。
まとまった相続は多額の相続税が掛かる可能性がありますので、基礎控除内で生前贈与していくことや、 不動産や生命保険などは減額の優遇があるので、有効です。

2017年5月2日 0時17分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事