1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 所得税の医療控除は原則としてどこまでが対象になるのでしょうか?

所得税の医療控除は原則としてどこまでが対象になるのでしょうか?

40代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供1人

個人所得税の医療控除についての質問です。
医療控除は、原則としてどこまでが対象になるのでしょうか?例を挙げるときりがないので、一般的な基準を教えてください。
例えば以下のものは対象になるのでしょうか?インフルエンザ予防接種、人間ドック、風邪薬、二日酔いの薬、病院に行く際のタクシー代、車で病院に行った際の駐車場代・ガソリン代、子供の歯科矯正費用、歯のクリーニング費用、大腸内視鏡検査、コンタクトレンズ、メガネ代、花粉症の薬、ニキビの治療薬、等。

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
医療費控除の対象費なる支出は、治療や出産、それに関わる費用が主です。
予防や、以上の見つからない健康診断、メガネ代等は対象になりません。
また、ドラッグストアで販売されているものは摘要になるものとならないものがあるので注意が必要です。

2017年5月2日 11時55分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事