1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 出産前後の費用は医療費控除の対象になりますか?

出産前後の費用は医療費控除の対象になりますか?

30代 / 女性 / 佐賀県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

出産費用、産後の検診費用は、確定申告の医療費控除の対象になりますか。
また、出産一時金は、保険金等で補てんされる金額に該当するのでしょうか。
住宅ローン控除の対象期間中に、その住宅に居住しなくなった場合は、もう控除を受けることはできないのでしょうか。
居住しなくなった事を、届けて出る書類などあるのでしょうか。
失業手当や育児休業手当は、申告が必要な所得になるのでしょうか。
ふるさと納税は本当に節税になるのでしょうか。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
医療費控除は掛かった医療費に対して保険金などで賄われた分を差し引いた分が10万円を超えた分になります。
※総所得が200万円未満の方は医療費の5% 出産費用や、検診費用は対象になりますが、出産一時金で受け取った金額は差し引かなくてはなりません。
住宅ローンは居住目的で使えるローンですので、ご自身で居住していない場合は本来住宅ローンが使えません。
失業手当や育児休業給付金等は、税法上の所得としてはみなされませんが、社会保険の扶養認定の収入にはみなされます。
ふるさと納税は金額によりますが、概算で総所得の5%ほどの寄付額は節税として有効でしょう。

2017年5月1日 20時59分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 酒とガソリンに対する消費税について疑問があります

    消費税についていつも疑問に思っていることがあります。酒とガソリンに対する消費税のことです。 酒やビールにはそれぞれの割合で酒税がかけられています。また、ガ...

    60代 / 男性 / 新潟県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

  • 法人なりのメリットとデメリット

    個人商店さんでは青色申告が有名ですが、法人だと違いますよね?優遇される税金の違いと、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。最近は法律が変わってや...

    40代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 301-400万円 / 独身

関連するお金の記事