1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 相続税
  4. 生前贈与では税金はどのようになってるのでしょうか?

生前贈与では税金はどのようになってるのでしょうか?

30代 / 男性 / 宮城県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

家や土地が親の名義になっています。
いずれば家を継ぐので自分のものになります。
良く耳にするのが生前贈与のことです。
誰の話を聞いてもいまいちわかりません。
生前贈与を受けると税金がどうのこうの損するとかしないとか全くわかりません。
実際のところはどうなのでしょうか。
今のうちに生前贈与をしていた方がいいのかそれとも今はしない方がいいのかを教えてください。
メリットやデメリットも詳しく知っておきたいです。
わかりやすく教えてもらえれば助かります。

2017-05-01

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
贈与税にも相続税にも基礎控除というものがあります。
前者に関しては年間110万円、後者は3000万円+600万円✕法定相続人の数、です。
生前贈与を使って、前者の枠の中で贈与を受け、相続額を減らしていくというのは有効な手段です。
一方不動産などをまとめて贈与してしまうと、贈与税の方が高くなるケースが多いので、注意が必要です。

2017年5月2日 2時58分

この投稿は、2017/5/1時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 所得税、住民税の税率計算が知りたいです

    所得税、住民税の税率計算が知りたいです。 住む場所によって税率がかなり変わるのはどうしてでしょうか。 また節税対策などはありますか。 ほかは、控除関係で...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

  • 法人設立のタイミングについて

    現在は、所得税の事業所得で申告をしていますが、所得がどのくらいになったら法人を設立するのが良いのでしょうか? 仮に事業所得のみの収入で特別の控除の理由など...

    40代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

関連するお金の記事