税金

無職ですが住民税や所得税はかかるのでしょうか?

30代 / 男性 / 福島県 / 年収 300万円以下 / 独身

長年無職の人が申告してはいないんですけど、住民税、所得税の請求が来ない場合は一応申告はした方がよろしいんでしょうか?親が建てた家があるんですが親が亡くなって自分が引き継いだ時にかかる税金はいくら位かかるんでしょうか?個人でネット販売などで得た収入にたいして税金はかかるんでしょうか?また、個人事業としての届け出をださないと駄目なんでしょうか?事業をやるとしたら個人事業と法人、どちらが税金面で特するんでしょうか?

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
無収入の方に関して、基本的には所得税も住民税も掛かりません。
お近くの役所や税務署にご確認ください。
親御様がお亡くなりになった後に、家を引き継いだ場合、相続になりますので、相続税が掛かるケースがあります。
相続税は相続財産の資産総額から、基礎控除などを引いた金額に税率を掛ける事で計算されます。
また、家の場合所有者に対して、毎年固定資産税も掛かります。
そちらも、大きさや資産価値、地域などにより異なります。
また、個人で得た収入に対しても、利益が出ている場合には税金が掛かります。
開業届を出さなくては個人事業をしてはいけない、という法律はありません。
個人と法人で、税金面でどちらが得をするか、というのは事業体や、売上、利益率などによって異なります。
法人に関しては個人事業のような累進課税ではないので、利益が沢山出ている場合は法人の方が有利なケースは多いです。

2017年5月1日 2時33分

この投稿は、2017/4/30時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「税金に関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。

関連度の高いカテゴリーから探す

注目の相談

相続税の人気相談