1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 住民税
  4. 医療費が10万円を超えました。医療費控除を受けられますか?

医療費が10万円を超えました。医療費控除を受けられますか?

30代 / 女性 / 岐阜県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

昨年の医療費が私の出産もあり10万円を超えました。
そうした場合医療費控除を受けられると思うのですが、私は産休に入ったためあまり昨年度の収入がありません。
一方夫は住宅ローン控除を受けているため、これ以上返ってくる税金がありません。
この場合前に見たサイトでは翌年度の住民税が軽減されるというようなことが書いてありました。
この旨を税務署に伝えて控除を受けると夫の住民税は安くなるのでしょうか。
もしくは少なくても私で控除を受けるべきでしょうか。

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
所得税はその年の所得に対して課税されますが、住民税は前年の所得に対して課税されます。
ですのでその年も住宅ローン控除で課税所得が発生しない場合は、翌年の住民税もそもそも発生しないので 医療費控除を受けても意味がありません。
産休で所得が無ければ課税所得も無いので、翌年の住民税も発生しません。

2017年4月30日 15時18分

この投稿は、2017/4/30時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

  • 法人税について、計算方法が知りたいです。

    小さな会社を10年経営してます。 元々はスマホゲームのアプリなどの開発を個人として小さく行っていたのですが、昨今のブームに乗っかる形で社員や取引先が徐々に...

    50代 / 男性 / 兵庫県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供2人

  • 税金対策の具体的な方法

    今後法人を立ち上げた際に少しでも支払う税金の額を押さえたいと考えております。 その上で、具体的にどのような税金対策の方法があるのかを是非ご教授頂きたく思い...

    20代 / 女性 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 副業の確定申告についての相談です

    副業の確定申告についての相談です。 現在私は会社員で毎月会社から給与を支給されます。 ここで得る所得は会社側が源泉徴収など必要な手続きは行っています。 そ...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 独身

関連するお金の記事