1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. アルバイトと複数の業務委託を持っている場合の税金計算方法について

アルバイトと複数の業務委託を持っている場合の税金計算方法について

20代 / 女性 / 奈良県 / 年収 301-400万円 / 独身

フリーランスとして活動している場合の質問です。
アルバイトでの月数万円の収入や、異なる複数の依頼主からの5,000〜30,000円程度の収入などで生活している場合の税金は、どのように計算され、どのように支払うことになるのでしょうか? カクニンジャ、のCMでおなじみの還付金ですが、ホームページを見ても詳しいことがよく分かりません。
どのようなお金で、どういった目的で、どのような人のためのものなのか、受給基準などが知りたいです。

2017-04-28

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
アルバイト収入が複数ある場合、各企業が源泉徴収という形で月の給料に応じて所得税を天引きします。
合計が103万円以上ある場合には課税所得が発生しますので納税が必要ですが、 収入先が分かれている場合、月の収入が少なくなるので源泉徴収されていないケースもあります。
その場合はご自身で確定申告が必要です。
カクニンじゃでお馴染みの臨時福祉給付金は、臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。
具体的には、支給要件を満たす方に、1人につき1万5千円を支給します。
(支給は1回です。
) 臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付期間や申請方法は、市町村によって異なります。
詳細は、各市町村からの広報などをご確認ください。
(各市町村の申請受付期間や問合せ先は、このホームページの「各市町村の申請受付期間」または厚生労働省給付金専用ダイヤル(0570-037-192)でも確認することができます。

2017年4月29日 9時46分

この投稿は、2017/4/28時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事