1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 相続税
  4. 義理の両親との同居に際し、住宅ローンはどちらの名義にすべきか

義理の両親との同居に際し、住宅ローンはどちらの名義にすべきか

30代 / 男性 / 大阪府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

数年後に妻の両親に住む実家に私たち夫婦と子どもと一緒に住もうという話が出ています。
その際、実家は築25年以上に木造住宅と古いため、リフォームを考えています。
今は義父名義になっていますが、このまま義父名義で私たち夫婦がリフォームのローンを組んで支払うか一緒に住むタイミングで私名義に変更した方とでかかってくる税金はどちらの方が負担が少なく済むのでしょうか。
義父名義のままでいく場合、義父が亡くなった時に相続税というものがかかってくるのでしょうか。
またリフォーム伴って固定資産税変動するのでしょうか。

2017-04-28

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
ご質問の無いようは贈与にするか最終的に相続にするか、という事かと思いますが、 不動産価値によって課税価格がいくらになるかは変わってきます。
居住用の不動産は評価額が減額され、相続税には3000万+600万✕法定相続人の数の基礎控除があります。
全体で上記以下の相続財産には相続税が掛かりません。
リフォームの際は、固定資産税は変動しないケースが比較的多いですが、 主要構造部の変更や、床面積を増やす、事業用にするなどの場合は変動する可能性があります。

2017年4月29日 14時20分

この投稿は、2017/4/28時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事