1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 相続税
  4. 家の持ち主が他界し、その息子が所有者になっているのですが

家の持ち主が他界し、その息子が所有者になっているのですが

50代 / 女性 / 山梨県 / 年収 300万円以下 / 独身

家の持ち主(私の叔母)が他界してから、その息子が家の持ち主になっているようですが、その息子は叔母がまだ、私の住んでいる家の隣に家を買う前に、息子は既婚者なのに別の女性と浮気をし家を出て、長年アメリカに住んでいました。
叔母とはたまに電話連絡していました。
叔母の息子は、私や私の母にも電話で、「おばちゃんのこと頼むね」と言うだけでした。
叔母が無くなっても、叔母の息子は一度も帰って来ませんでした。
他界して10年になります。
叔母には娘もいますが、何にも家の管理もしていません。
なので、放置されている家の税金とか、 息子たちは管理も何も、連絡も来てなくて、 この場合どうしたら良いでしょうか。

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
固定資産税は資産の所有者に納税義務があります。
滞納が続くと強制売却の可能性がありますので、連絡が取れない名義人の家に住み続けるというのはリスクがあります。
連絡を取って頂く、名義変更する、別の家に住む、という選択肢があるかと思います。

2017年4月28日 21時31分

この投稿は、2017/4/28時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事