1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 消費税
  4. アルバイトが年収103万を超えたときの税金について教えてください

アルバイトが年収103万を超えたときの税金について教えてください

20代 / 女性 / 東京都 / 年収 601-700万円 / 独身

私は現在大学生です。
私も含め、周りの友人たちは皆、アルバイトをしています。
アルバイトの話になれば、常に話題に上がるのが103万円を超えそうか、どうなのかという話題です。
学生がアルバイトで103万円を超えたら、翌年いくらの税金を支払わなければならないのですか?そして、どのようなデメリットが生まれてしまうのでしょうか。
また、これから先、学生がアルバイトで受け取れる上限額が引きあがる可能性もあるのでしょうか?

2017-04-28

専門家からの回答

個別具体的な回答は税理士業務になりますので、一般的な回答をさせて頂きます。
所得税は103万超えた部分からまず5%課税されます。
その後累進課税で上がっていきますので どれだけ収入があるかによって変わってきます。
住民税は約10%ですが、お住まいの地域によっても変わってきます。
またデメリットとして、ご両親の扶養控除が無くなるので 親御様の税金が増える可能性や、ご自身で健康保険などの社会保険料を負担しなければ ならなくなる可能性があります。
また、社会保険料や税金の負担があがるだけなので、学生がアルバイトで受け取れる上限が 設定されているわけではありません。

2017年4月29日 14時21分

この投稿は、2017/4/28時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の相談

関連するお金の記事