1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 確定申告書Aの書き方。ポイントを押さえておけば意外に簡単

確定申告書Aの書き方。ポイントを押さえておけば意外に簡単

確定申告をしなければいけないけれど、なんだか億劫でという方はたくさんいらっしゃることと思います。ですが、確定申告で受けるメリットが大きい方なら、やっぱりやるべきです。ここでは、確定申告書の中でもAの申告書の書き方についてご紹介します。

この記事の目次

確定申告書Aに該当する人は

確定申告書にはAとBがあります。大まかに言うとAで申告をするのは、給与所得のあるサラリーマン。年金受給者で所得が年金のみの方と年金と給与所得のある方です。

確定申告書Bは申告をしたい誰でも使うことができる申告書ですが、一般的には個人事業主の方向けの申告書になります。記入項目も多いので、Aの申告書に該当する方はそちらを選びましょう。

確定申告をすると良いのはこんな時

同一生計の家族で10万円以上の医療費が発生した場合

1/1~12/31の1年間で10万円を超える医療費が発生した場合は、確定申告をしましょう。これは、生計を共にしている家族全員の合計額で計算します。医療費に含まれるのは医者にかかった場合以外にも医薬品を購入したものも含まれる場合があります。

この他に対象年度の総所得額などが200万円未満だったご家庭の場合は、総所得額などの5%の医療費等の負担が発生すると医療費控除の対象となります。

医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

詳しくは上記サイトを参考にしてください。

住宅を購入したり、増改築をした場合

家を新築したり、マンションを購入した場合や、今住んでいる家を増改築をした場合には「住宅ローン控除」を受けることができます。サラリーマンの方なら最初の1年目に申告すれば、次の年から会社に書類を提出すれば年末調整でOKとなります。

その他にもこんなときに確定申告を

他にもふるさと納税などの寄付を行った場合は寄付金控除、株の配当を受けた場合には配当控除。災害などに遭った場合には雑損控除といった控除などを受けることができます。

詳しくは上記サイトを参考にしてください。

確定申告のために準備するもの

  • 確定申告書A:税務署で無料で配布されています。他にはダウンロードすることで手に入れることもできます。
  • マイナンバーの書類
  • 源泉徴収票:サラリーマンの方は会社から配布されます。
  • 生命保険や地震保険などの支払額証明書:サラリーマンで年末調整に際して会社に提出していれば必要ありません。
  • 社会保険料の控除証明書:国民健康保険や国民年金を支払った場合に必要です。各自治体によって違いがありますが、1/1~12/31の間に支払った保険料を合計したものです。世帯主の方のみです。(会社の社会保険に加入していれば、源泉徴収票に必要事項が記載されています)

医療費控除を受けたい人

医療費控除を受ける場合は、病院で支払った際の領収書を全て用意します。同一生計の家族全員分です。また、薬局で治療のために購入した医薬品の領収書や介護保険制度を利用して発生した介護費用も一部含めることができます。

領収書やレシートは人ごと、診療所や薬局ごとに仕分けしておきましょう。

医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

詳しくは上記サイトを参考にしてください。

住宅ローン控除を受けたい人

住民票の写し、住宅ローンに係る借入金の年末残高等証明書、土地、家屋の登記事項証明書、住宅の売買契約書、土地の借入金がある場合には土地の売買契約書も準備してください。

また中古住宅での控除の場合は、耐震基準適合証明書、住宅性能評価書の写し、既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約のいずれかも準備してください。

住宅を新築又は新築住宅を購入した場合(住宅借入金等特別控除)|所得税|国税庁

詳しくは上記サイトを参考にしてください。

確定申告書A第一表の書き方

基本情報の書き方

確定申告書Aには一表と二表があります。まずは、一表から記入していきましょう。住所や氏名などの基本的な内容と共にマイナンバーの記入も忘れずに記入しておきます。

収入金額の書き方

次に源泉徴収票を用意してください。一表の収入金額の項目にある(ア)の部分に源泉徴収票にある支払金額を記入します。年金受給者の方は(イ)にその他収入がある方は他の欄もそれぞれ記入しましょう。

所得金額の書き方

所得金額の項目の(1)に源泉徴収票の給与所得控除後の金額を記入します。給与所得以外の所得がなければ、2,3,4は記入する必要はありません。(5)の合計の記載も忘れずに記入しましょう。

所得から差し引かれる金額の書き方

主な部分の記載方法をご紹介します。(6)の「社会保険控除」の欄には源泉徴収票の社会保険料等の金額を記入しましょう。そして(8)の「生命保険料控除」の欄には生命保険料の控除額を、(9)の「地震保険料控除」の欄は地震保険料の控除額を記入します。(15)の「基礎控除」には38万円と記入しましょう。これは誰でも受けられる控除額となります。最後に(16)の欄に6~15の項目の合計を記入しましょう。

その他にも該当する項目がある場合はそれぞれ記入してください。

税金の計算の書き方

こちらでは(38)の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」に源泉徴収票の源泉徴収税額を記入しましょう。その他の欄はそれぞれの計算式の支持に従って記入をすすめていけば大丈夫です。

以上の部分が基本的な記入部分の書き方になります。

医療費控除の書き方

医療費控除を受けたい方は、別用紙の「医療費の明細書」を準備する必要があります。準備して置いたレシートや領収書を見ながらそれぞれ治療を受けた人を病院ごとなどで金額を合計してまとめて記入しましょう。

生命保険などの補填があった場合はその額を記入します。後は、控除額の計算の指示に従って計算をしていきます。最終の医療費控除額が確定申告書(18)の「医療費控除」の欄に記入する金額となります。

まとめていたレシートも医療費の明細書を貼り付けた袋にまとめて入れて提出しましょう。

住宅ローン控除の書き方

住宅ローン控除を受ける為には「住宅借入金等特別控除の計算明細書」の記入が必要になります。住宅ローン控除を受ける本人の基本情報などを記入しましょう。

次に売買契約書を確認して取得対価の額、登記事項証明書にある総(床)面積、住宅ローンの年末残高証明書を確認して住宅借入金等の年末残高などを記入していきましょう。(9)の「控除証明書の要否」に〇をつけておけばサラリーマンの方は来年から年末調整で控除の手続きを済ませることができます。

続いて計算証明書の二面も記入していきます。表記されている計算を元に住宅ローン控除額を計算をしましょう。この計算で算出された額を確定申告書(24)の「住宅借入金等特別控除」の欄に記入しましょう。

確定申告書A第二表の書き方

二表にも住所、氏名を記入します。殆どが一表からの転載で記入をすすめていくことができます。住宅ローン控除を受ける方は「特例適用条文等」に居住開始年月日を忘れずに記載しておきましょう。

他にも控除条件などがあてはまるものがある場合は記入しましょう。

確定申告書Aの作成に挑戦してみよう

せっかく控除などお得なことがあるのなら思い切って確定申告に挑戦してみましょう。手書きで挑戦するのが大変そうという方はパソコンを使ってe-Taxから作成することもできます。こちらは質問に答える形で作成できるようになっています。

また、スマートフォンでもe-Taxの使用ができるので、必要な環境が整っている方にはおすすめです。

ポイントを押さえておけば意外にサクサクとすすめていけるので、確定申告に挑戦してみてください。

確定申告専用ソフトを活用することで、複雑な税金計算を自動化できます。まずはソフトを使って、確定申告を簡単に行っていきましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 正社員の辞めた時の税金について

    まず、私は精神病にかかってしまい、休職の診断書を提出しました。 そうしたら、会社からクビではなく、自主退職しろと言われてしまい、 休職することができません...

    30代 / 男性 / 千葉県 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 法人と個人事業主とではどちらが得ですか

    個人事業主ですが、売上が伸びて、所得税が多額になりました。住民税の金額も膨れ上がりそうです。そこで、節税対策のために法人化を検討しています。実際に所得金額...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 複数の収入源があるので税金対策を検討しています

    複数の収入源があります。予備校の講師、家庭教師、自分の経営する会社が収入源です。現在は、予備校と家庭教師が源泉徴収で、処理されています。確定申告いなければ...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 独身

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金