1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. アルバイトの確定申告って本当に必要?確認するべきポイントを解説

アルバイトの確定申告って本当に必要?確認するべきポイントを解説

アルバイトで収入を得ている方で、確定申告をするべきかどうか悩んだことがある方も多いのではないでしょうか。給料の金額によっては、払いすぎている税金が戻ってくるケースもあります。今回は、アルバイトの確定申告についてわかりやすく説明します。

この記事の目次

アルバイトの給料でも確定申告は必要?

確定申告をする必要があるのは給料所得がある人全員がその対象となりますが、会社員やアルバイトの場合は、本来は確定申告でするべき手続きを会社が代わりに行うため、確定申告の必要がない場合がほとんどです。

しかし、アルバイトでも年内で会社を辞めた場合は年末調整の手続きが行えないため、自分で確定申告をする必要があります。1年間の給料所得額によって払うべき税金の額が決定するため、確定申告で清算する必要があるからです。

アルバイト収入なら確定申告はしなくてもいいかも…と思っている方も多いかもしれません。でももし税金を払いすぎてしまっている場合は、その分の金額を確定申告をすることで受け取ることができます。

そもそも、確定申告って一体何?

確定申告とは、1年間の給料所得に対して納めるべき税金の差額を清算する手続きのことをいいます。

アルバイトの場合、給料から引かれていた税金と、実際に支払った金額の差額を年末調整で行いますが、もし12月31日より前に会社を辞めてしまった場合は、確定申告で差額分の清算をする必要があります。

また、貰っている給料の金額によっては、確定申告を行う必要がある場合とそうでない場合があります。

給料をいくらもらっているかがポイント

アルバイト収入の方の中には、年間103万円以内の収入なら確定申告をする必要がないという話を聞いたことがあるかもしれません。これは、給料に対して65万円、一人あたりに対しては38万円の所得控除があるためです。

給料所得控除額と基礎控除額の合計金額が103万円であるため、年間103万円以内の収入の場合は、所得税がかからないことになります。

源泉徴収票をもらったら確認するべきこと

アルバイトであっても、月の収入が88,000円を超える場合は、年間の収入が103万円以上とみなされるため、課税の対象となります。

しかし、アルバイトの場合は出勤日数や労働時間によって給料の金額が毎月異なる場合もありますので、注意が必要です。

仮に年間の収入が103万円を超えた場合でも、健康保険料や国民年金などを納めている場合は、差し引いた所得の金額によっては税金が戻ってくる場合があります。その際に必要となるのが、源泉徴収票です。

源泉徴収票のここをチェック

源泉徴収票をもらったら、まずは「源泉徴収税額」と書かれた欄を確認しましょう。ここに記載された金額は、すでに収めている税金の額になります。もし1年間の収入が103万円以下だった場合、ここに記載されている金額が全額戻ってくることになります。

確定申告しないとどうなるの?

確定申告をすることで税金の過不足の清算をすることができますが、これをしなかった場合は、払いすぎた税金が戻ってきません。また、納めるべき税金が支払われていない場合は延滞税が発生するケースもあります。

税金が定められた期限までに納付されない場合には、原則として法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。

こんな場合はどうする?

アルバイト収入で確定申告をする場合にも、さまざまなケースがあります。1カ所ではなく2カ所以上から給料をもらっているダブルワークの人の場合や、親の扶養に入っている学生など、注意しなくてはいけないポイントがあります。

副業や掛け持ちなどで複数仕事をしている場合

給料所得が2カ所以上の場合は、確定申告をする必要があります。

 所得税及び復興特別所得税の確定申告をする必要がある方は次のような方です。

1. 給与所得がある方

(中略)

  • 給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方

など

 

掛け持ちしているアルバイトの給料が合わせて年間103万円以内なら、納めた税金は確定申告で戻ってきます。

もし1年間のアルバイト収入が合わせて103万円以上を超えた場合は、課税の対象となります。そこから国民年金や社会保険料などを差し引いた額が103万円以下となった場合は給料の金額によって、還付金の額も変わってきます。

(※還付金とは、税金を支払い過ぎた場合に戻ってくる金額のことです)

もし、申告するのを忘れてしまったら

何らかの理由により、確定申告を行えなかった場合は、過去5年までさかのぼって手続きをすることが可能です。

しかし、職場が変わってしまったり、源泉徴収票を紛失してしまったりすると前の職場に問い合わせることになるので、決められた期限に手続きを行うようにしましょう。

学生のアルバイトで注意するべきポイント

学生のアルバイトの場合は、勤労学生控除として27万円の控除を受ける事が可能になります。その場合は1年間の給料が130万円以内なら納めた税金が還付金として戻ってきます。

納税者自身が勤労学生であるときは、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを勤労学生控除といいます。
学生の場合、年間130万円以内のアルバイト収入であれば、確定申告によって納めた税金が戻ってきますが、もし親の扶養に入っている場合は注意が必要です。
年間の給料が103万円を超えてしまうと、扶養控除の適用外となってしまうため、親が納める税金が増えてしまいます。ですので、もし学生の場合でアルバイトをする場合は、日数や金額など、よく考えてから決めるようにしましょう。

源泉徴収票がない場合

確定申告に必要な源泉徴収票を失くしてしまった場合は、働いている会社に問い合わせれば再発行が可能です。

源泉徴収票は年末調整が行われた後に発行されることが一般的ですので、年末から1月の間に受け取るケースが多いです。

もし勤務先が源泉徴収票を発行してくれない場合は、1年分の給料明細を持って税務署に行き、「源泉徴収票不交付」の書類に記入をすれば手続きを行うことができます。

確定申告のやり方や書類の書き方は?

確定申告の方法として、インターネットで提出する方法と、税務署に郵送または持参する方法があります。アルバイトの場合は確定申告書Aという書類に、給料所得の金額や収めた納税金額を記入していきます。

税務署に行って書類に書く場合は、専用のスタッフがわかりやすく書き方などを教えてくれますが、申告期間は混雑することが多いので早めに手続きを行うことを心がけましょう。

確定申告をする際に必要な書類や持ち物

確定申告をする際は、源泉徴収票、国民年金や保険料などの支払い証明書、印鑑、還付金の振込先口座名が分かるもの、をあらかじめ準備しておきましょう。

確定申告は正しく行うことが大事

アルバイトでも確定申告を行うことで、払いすぎてしまった税金を還付金として受け取ることが可能になります。まずは自分の給料の金額を確認し、確定申告が必要な場合は税務署に行って手続きを行うようにしましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金