1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 確定申告の還付金について。金額の計算方法や申告方法を解説

確定申告の還付金について。金額の計算方法や申告方法を解説

毎年確定申告の時期になると、いくらくらい還付金が戻ってくるのか気になるものです。人によって納めている税金の金額が異なるので当然還付金にも差が生じるわけですが、確定申告還付金について正しい知識を得ておくことも大切です。そこで、今回は確定申告還付金についてさまざまな視点から詳しく解説しましょう。

【2019年最新】 ▼当サイトで利用者の多い、確定申告時におすすめのサービス!

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日 です。

この記事の目次

確定申告還付とは

  確定申告とはまた別に還付申告が存在します。この還付申告に関しては確定申告書を作成する義務のない人もする必要が出てきます。この還付申告を行うことによって給与から引かれている源泉徴収の金額が所得税額よりも多い時には、確定申告をすることによって所得税の還付を受けることができます。

納めすぎになっている所得税の還付を受けられるという流れになります。確定申告還付については書類を作成しない場合でもきちんと制度を理解して早めに手続きをすべきなのです。

 確定申告還付金はいつもらえるの?

  無事に確定申告を済ませた時にいくらお金が戻ってくるかという還付金についても知ることができます。その還付金はいつくらいにもらえるのでしょうか?いつまで待っても振り込まれないというケースもあるので、振込まれるまでの目安を紹介します。

まず、還付金がいつ振込まれるかは確定申告をいつ行ったかによります。確定申告に関しては国税庁のホームページで流れや詳細について確認できますが、還付金が振込まれるまではしばらくの日数がかかると記載があります。還付金が振込まれるまでに長い期間がかかったとしても、平均1ヶ月~1ヶ月半程度となっています。

会計ソフトを使って確定申告を簡単に終わらせよう

還付金をもらうためには、期限までに確定申告を行い、正しく納税する必要があります。しかしながら、1年間の支出をあらかじめ確認しておき、還付申告ができるかどうか確認するのは大変面倒ですよね。

そこでおススメしたいのが、自動会計ソフトを使った確定申告方法です。クラウド会計では、会計の知識がないという方でも、確定申告書類の作成から申請まで簡単に行えます。

また、自動で入力された会計データを見れば、源泉徴収税や控除の適用漏れにも簡単に気付くことができ、還付申告もスムーズに行えるでしょう。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

 確定申告還付金の計算方法

  確定申告還付金をいくらくらいもらえるのか自分でも計算してみたいという場合もあるでしょう。そんな時は手元に源泉徴収票があれば、計算できます。

 ※計算方法

1月~12月までの1年間の給与明細所得税額を合計したもの-源泉徴収票の源泉徴収税額

  源泉徴収票を持っていれば、このように確定申告還付金を計算できます。いつも何が書いてあるのかいまいちわからないという印象を受けてしまう源泉徴収票ですが、一度じっくり見て計算をしてみてください。

 いつから確定申告還付金の給付が始まるのか

  確定申告還付金はいつもらえるの?というところでも説明をしましたが、申告をしてから振込まれるまでにはおよそ1ヶ月~1ヶ月半の日数がかかるとされています。毎年確定申告を時期は2月中旬~3月中旬となっているので、その期間の早めの時期に行うようにしておくとその分早く還付金を受け取ることができます。

たとえば1月に確定申告を済ませたのなら還付金の給付は2月上旬から中旬となっています。早ければ早いほど、手続きも進めてくれるので還付金を受け取るのも早くなります。

 確定申告還付金の差し押さえとは

  確定申告還付金は当然もらえるものというイメージがありますが、差し押さえされてしまいもらえないというケースもあります。確定申告を済ませた後に還付金を差し押さえられてしまうという流れになります。

この差し押さえされてしまう場合というのは、それまでに国保や住民税などを滞納してきたという時になります。その滞納している分を還付金から充てることになり、それでも還付金が余る場合には残りの分を振り込んでもらえます。差し押さえという状況にならないためにも、きちんと税金や保険料は納めておきましょう。

 確定申告還付金のシミュレーションをやってみう

  確定申告でいくら還付金が戻ってくるのかは、毎年ドキドキするものです。その還付金の金額についてはある計算方法を用いれば自分でも計算して把握することは可能ですが、きちんとシミュレーションをして還付金を計算しておくとより安心です。

最近はインターネット上でも確定申告還付金のシミュレーションができるようになりました。おすすめは国税庁のホームページでのシミュレーションです。国税庁のページの確定申告書など作成コーナーの中に、e-Tax申請コーナーという項目があります。ここで必要事項を入力していくと、確定申告還付金の詳細について把握できます。

自宅からネットが便利 申告・納税

確定申告還付金通知書について

  確定申告を無事に済ませた後1ヶ月ほどしてから、通知書が届きます。税務署から届くハガキです。封を開けると国税還付金振込通知書という文字が記載されており、振込まれる金額についても詳しく書かれています。小さなハガキなので、うっかり見落とさないようにして最終的にいくら振込まれるのかを確認しましょう。

 確定申告還付金が振り込まれないのはなぜ?

  確定申告還付金はおよそ1ヶ月~1ヶ月半ほどで口座に振込まれるという流れになっていますが、この期間を過ぎても振り込まれないという事態も起きることがあります。いつかは振込まれるものなのですが、人によっては2月に確定申告をしてから5月になってやっと振込まれたというケースもあります。

また、どこで確定申告を行うかによっても振込まれるまでの期間に差が生じます。国税庁のホームページから確定申告の手続きを済ませると比較的早く振込まれるので、いつまで経っても振り込まれないと不安な日々を過ごさなくて済みます。

かなり待ってもなかなか振り込まれない場合には、一度税理士や税務署に連絡をして状況を聞いてみましょう。

  • 確定申告についての不安を解消したい!還付金について相談したい!という方は無料で利用できる「税理士ドットコム」で気軽に相談してみましょう。

税理士ドットコムの詳細へ

 確定申告還付金の給付が遅くなる理由

  確定申告還付金、一体いつ給付されるのだろうと不安に感じる人も多いでしょう。振込まれるまでに時間がかかったり、人によっては数ヶ月もかかることがあります。では、なぜ給付が遅くなってしまうのでしょうか?その理由を考えてみましょう。

自分が確定申告を行うのが遅くなったことに対して給付が遅くなるのはよく言われるケースですが、中には県内や都内の税務署から住所の最寄りの税務署にきちんと連絡がいっておらず、給付が遅れているということがあります。いつまで経っても還付金が支給されないと困っている人は、最寄りの税務署に一度電話をして状況を説明してみましょう。

  確定申告はきちんと手続きを済ませておくと、還付金をもらうことができます。しかし、還付金が無事口座に振込まれるまでに時間がかかったり、差し押さえされてしまったというケースもあります。税金などはきちんと納めておいて、確定申告も正しく順序に沿って進めていきたいですね。

【2019年最新版】おすすめの人気クラウド会計ソフト3選を徹底比較!

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり