1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 消費税は節税できる?簡易課税事業区分をつかって節税しよう

消費税は節税できる?簡易課税事業区分をつかって節税しよう

簡易課税事業区分とは何かご存知でしょうか?この制度を適用すれば消費税の納税額を少なくできる可能性があります。今回は、この簡易課税事業区分について解説いたします。自分の簡易課税や事業区分について理解し、節税に役立ててください。

この記事の目次

簡易課税とは何か?

簡易課税とは『事業者が消費税の納税金額を計算する方式の一つ』です。

事業者は課税売上高が1,000万円を超える場合、消費者から預かった消費税を納税しなければなりません。ですが課税売上高が5,000万円以下の場合は、以下の方式から計算方法を選ぶことができます。

  • 原則課税方式(課税売上高が1,000万円を超える場合)
  • 簡易課税方式(課税売上高が5,000万円以下の場合)

上記2種類の内、事業者は自分に有利な方式で消費税の納税金額を計算することができます。

原則課税方式と簡易課税方式

消費税の納税額を実際に計算する方法は以下となります。

  • 原則課税方式

原則課税方式(本則課税方式)とは『預かった消費税』から、『支払った消費税』を差し引いて計算する方式です。事業者は商品やサービスを販売したときに消費税を預かっています。同時に仕入れをしたときには消費税を支払っています。この差額を計算し納税するのが原則課税方式です。

預かった消費税 - 支払った消費税 = 納税額

  • 簡易課税方式

簡易課税方式とは、『課税売上高が5,000万円以下の場合に選ぶことができる計算方式』です。基本的な考え方は原則課税方式と同じですが、簡易課税方式では”支払った消費税”を計算する必要がありません。

『預かった消費税』に『みなし仕入れ率』をかけた数値を、『支払った消費税』の代わりに使うことができます。(※みなし仕入れ率については下記をご確認ください。)

預かった消費税 - (預かった消費税 × みなし仕入れ率) = 納税額

簡易課税事業区分とは何か?

簡易課税事業区分とは『みなし仕入れ率を何%にするか決めるために事業内容によって分けられた区分のこと』です。事業内容によってみなし仕入れ率が異なるため、自分の事業内容では節税になるのは上記2種類のどちらの方式なのかを確認してください。

みなし仕入れ率とは何か?

みなし仕入れ率とは『事業内容ごとに決められている消費税の納税金額を簡易に計算するための値』です。

原則課税方式では支払った消費税額を細かく計算しなければなりません。ですが簡易課税方式では事業内容によって売上に対し、どのくらいの経費が使われているのかを想定し割合を決めています。これを”みなし仕入れ率”と言います。

みなし仕入れ率は事業内容により40%から90%まで変化するので、自分がどの区分になるかを確認する必要があります。

事業区分について

事業区分は以下のように6種類に区分されています。自分の事業内容からどの事業区分になるかを確認してください。それによりみなし仕入れ率が変化します。

事業区分 みなし仕入率 該当する事業
第一種事業 90% 卸売業(他の者から購入した商品をその性質、形状を変更しないで他の事業者に対して販売する事業)をいいます。
第二種事業 80% 小売業(他の者から購入した商品をその性質、形状を変更しないで販売する事業で第一種事業以外のもの)をいいます。
第三種事業 70% 農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業(製造小売業を含みます。)、電気業、ガス業、熱供給業及び水道業をいい、第一種事業、第二種事業に該当するもの及び加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を除きます。
第四種事業 60% 第一種事業、第二種事業、第三種事業、第五種事業及び第六種事業以外の事業をいい、具体的には、飲食店業などです。 なお、第三種事業から除かれる加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業も第四種事業となります。
第五種事業 50% 運輸通信業、金融・保険業(注)、サービス業(飲食店業に該当する事業を除きます。)をいい、第一種事業から第三種事業までの事業に該当する事業を除きます。
第六種事業 40% 不動産業(注)

出典:No.6509 簡易課税制度の事業区分|消費税|国税庁 - 国税庁ホームページ

フローチャートで判定

主に以下の質問で作られたフローチャートにYES・NOで答えることで、事業区分を確認することができます。(※質問にある日本標準産業分類とは総務省が定めている産業分類です。)

  1. 商品の譲渡か?
  2. 他の物から購入した商品か?
  3. 購入した商品の性質又は形状を変更したか?
  4. 販売先は事業者か?
  5. 事業の用に供していた固定資産等の譲渡か?
  6. 日本標準産業分類の大項目が農業、林業、建設業など決められた産業分類に該当するか?
  7. 日本標準産業分類の大項目が金融業、物品賃貸業など決められた産業分類に該当するか?
  8. 加工費その他これに類する料金を対価とする役務の提供に該当するか?
  9. 飲食サービス業に該当するか?

簡易課税の事業区分について(フローチャート)|消費税目次一覧|国税庁

例として以下の場合を考えてみます。

リース業の場合

質問7を確認してください。リース業は『物品賃貸業』ですので回答はYESとなります。次に質問9では回答はNOとなり、事業区分は第五種事業となります。

第五種事業のみなし仕入れ率はは上記の表から50%であることわかります。従って計算方式は以下となります。

預かった消費税 - (預かった消費税 × 50%) = 納税額

ただしリーズ業の他に販売も行っている場合は第一種事業区分、又は第二種事業区分になる場合もあるので注意が必要です。

リフォーム業の場合

質問6を確認してください。リフォーム業は『建設業』ですので回答はYESとなります。次に質問8ですがこの場合、施工の原料を自分で用意しているか、無料で受け取っているのか、のどちらかということです。無償で受け取るとは例えば下請業者として元請業者から原料を受け取った場合などです。

前者は答えがYESとなり第三種事業区分でみなし仕入れ率は70%です。

預かった消費税 - (預かった消費税 × 70%) = 納税額

後者は答えがNOとなり第四種事業区分でみなし仕入れ率は60%です。

預かった消費税 - (預かった消費税 × 60%) = 納税額

上記の式からわかる通り、原料を自己調達している事業者の方が納税額が少なくなるように調整がされています。

簡易課税の適用を受けるには

簡易課税を適用するためには届出をしなければなりせん。簡易課税にはメリットとデメリットがあります。どちらが自分に有利になるかを判断し、届出を行ってください。

節税になるのはどちらか確認

簡易課税の適用を受ける前に本当に節税になるのかを確認してください。

一度、簡易課税の適用を受けると拘束期間があり、2年間は適用しなければなりません。2年間が過ぎても”簡易課税制度選択不適用届”を提出しない限り、簡易課税が適用され続けます。どちらが節税になるのかしっかりと考えてから、簡易課税の適用を申請してください。

自分で判断するのが難しい場合は税理士等、専門の知識を持った人に相談するのがおすすめです。

消費税簡易課税選択届出書を提出

簡易課税を適用するためには『消費税簡易税制度選択届出書』を課税期間初日の前日まで提出する必要があります。

課税期間とは特殊な場合を除き以下となります。

  • 個人:1月1日~12月31日
  • 法人:事業年度

簡易課税のメリット、デメリットを理解し期日までに届出を行ってください。

まとめ

ここまで、簡易課税と簡易課税事業区分、届出の出し方と解説をしてきました。

原則課税方式で納税している人は、簡易課税事業区分を理解すれば節税ができる可能性があります。仕組みを理解し、自分の事業区分を確認をしてみてはどうでしょうか。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

税金の人気記事

カテゴリ

税金