1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 税金の申告が遅れるとどうなるのか?延滞税と無申告加算税とは

税金の申告が遅れるとどうなるのか?延滞税と無申告加算税とは

1月1日〜12月31日の1年間で収入があった時は、翌年2月16日〜3月15日の間に税金を計算して、確定申告をする必要があります。しかし、もしこの期間に申告ができずに遅れてしまった場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日 です。

【2019年最新】 ▼当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

収入には税金が課せられる

お金を稼いだり、もらったり、配当金を受け取ったりすると、その収入に対して税金が課せられます。

会社員として働いていれば、源泉徴収としてお給料分の税金は会社が年末調整をし、正しく納められていくのですが、それがない場合は確定申告をして税金を納める必要があります。

確定申告が必要なケース

基本的に、源泉徴収をされている会社員は確定申告をする必要はありません。しかし、以下のような場合は、確定申告をする必要があります。

  • 給料が2,000万円を超えている
  • 副業など、他のところからも給料をもらっている
  • その他の所得が20万円以上ある

自営業やフリーランス、主婦がパートや内職などで稼いだ場合も確定申告が必要なケースに当てはまります。また、退職した後に年金などをもらっている場合も確定申告をして、税金を納めることになります。

この税金は1月1日〜12月31日の1年間の所得に対して課されるもので、所得税といいます。

住所があるところの税務署へ、申告書を提出しなければなりませんが、もしこの期間に提出ができず、もしくは忘れていて、申告が遅れてしまったらどうなるのでしょうか?

申告が遅れるとどうなる?

申告が遅れてしまった場合、納める予定だった税金にプラスして、延滞した分の税金を払わなければなりません。

遅れに気づいたらどうすれば良いか

まずは、自分の住所があるところの税務署に連絡をして必要書類を入手しましょう。その後、確定申告用の書類を作成し、税金を納付します。これを期限後申告といいます。

期限後申告

期限後申告には、いくつかの条件がつけられています。

  • 確定申告の期限終了から1ヶ月以内
  • 自主的行い、期限内に申告をする意思があった(税務署からの連絡でない)
  • 納付金の全額を納付すること
  • 前年から5年間に無申告加算税や重加算税を課されていない

(※重加算税とは確定申告をした際に、納付すべき金額を少なく計算して脱税を行った場合の罰金のようなものです。無申告加算税については後述します。)

期限後申告をすると、その書類を提出した日に、税金の全額を納める必要があります。さらに加えて、延滞したことによる延滞税を支払わなければなりません。

延滞税

延滞税は、「(納付額×延滞税割合×日数)/365」で計算され、確定申告の期限終了から数えて延滞日数が増えるごとに、納めるべき税金が増えていきます。特に、期限終了から2ヶ月を経過すると、延滞税割合も増えていきます。

現在(2017年度)の延滞税割合は「7.3%」です。そして期限終了から2ヶ月を超えた部分には「14.6%」の延滞税が課されることになります。

例えば、納付すべき税金の額が30万円で納付が50日遅れた場合、「(30万円×7.3%×50日)/365」で計算され、延滞税は3,000円になります。

同じ金額で、納付が100日遅れた場合、2ヶ月分の延滞税割合は7.3%で計算され、それ以降の部分は14.6%で計算されるので、「(30万円×7.3%×61日)/365」(2ヶ月部分)と「(30万円×14.6%×39日)/365」(それ以降の部分)を足して延滞税は8,340円になります。

このように、遅れる日数ごとに延滞税の額が増えていくので、申告書を提出していないことに気づいたら、なるべく早めに期限後申告を行うと良いでしょう。

税金を申告する際に気をつけること。所得税は期限内に確定申告を

申告をしないとどうなる?

期限後申告で、きちんと納税をすれば問題はありませんが、そのまま放置して申告をしないとどうなってしまうのでしょうか。

税務署の調査

まず、住所のあるところの税務署から、事前調査の連絡が入ります。その後、税務署の調査を受けることになります。結果的に、支払わなければならない税金と延滞税の他に、無申告加算税という税金を納めなければならなくなります。

無申告加算税

無申告加算税は、延滞税よりも加算割合が多く、納めるべき税金の50万円までの金額に「10%」、50万円を超える部分に関しては「15%」で計算されます。

例えば、納めるべき税金が80万円だった場合、(50万円×10%)+(30万円×15%)で計算され、無申告加算税の分だけで9万5,000円の税金を支払わなければならないことになります。

しかし、税務署からの事前調査の連絡が入った時点で、自ら期限後申告を行えば、調査が入ったよりも無申告加算税の割合は低く、「5%」で計算されます。

同じように、納めるべき税金が80万円だった場合、(80万円×5%)で計算されるので、無申告加算税は4万円ということになります。

このように税金の申告が遅れてしまった場合は、自分で気づくか税務署の連絡で気づくかで、支払わなければならない税金の額が大きく変わってきます。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

税金の人気記事

カテゴリ

税金