1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 所得税
  4. 税金は扶養控除で節税できる。控除が受けられる年収の上限とは

税金は扶養控除で節税できる。控除が受けられる年収の上限とは

1年間の収入に対して課税される所得税の扶養控除は、扶養されている人の年齢や状況によって金額が異なります。また、年収が一定額を越えると扶養控除は受けられなくなります。今回は、扶養内で働きたい方の年収上限を対象者ごとに解説します。

【2019年最新】 ▼ 当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

この記事の目次

扶養控除とは

扶養控除は、所得税の納税者が受けることのできる所得控除の一種です。以下のような扶養親族がいる場合は、扶養控除を受けることができます。

扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡し又は出国する場合は、その死亡又は出国の時)の現況で、次の四つの要件の全てに当てはまる人です。

(注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいいます。

(1) 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

出典:扶養控除|所得税|国税庁

配偶者の扶養控除について

年間の合計所得が少ない配偶者の場合は、年間38万円の「配偶者控除」を受けることができます。

控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の四つの要件の全てに当てはまる人です。

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

出典:配偶者控除|所得税|国税庁

専業主婦の場合

懸賞の賞金などの一時所得や、お小遣い稼ぎアプリ、在宅ワークなどで得た雑所得がある場合は、専業主婦でも所得があるとみなされます。

では、年収の上限に注目していきましょう。国税庁は、「配偶者が配偶者控除を受けるためには、年間の合計所得金額が38万円以下であること」を条件にしています。

年収上限は38万円

「合計所得金額」とは、その収入を得るために支出した費用や、一時所得の特別控除額などを引いた金額のことをいいます。

例えば、「在宅ワークの収入が40万円の専業主婦」の場合を考えてみましょう。

まず、所得を分類します。

  • 在宅ワークの収入40万円→雑所得

雑所得の金額は、「総収入金額-必要経費」で算出することができます。例えば、必要経費が2万円かかっている場合、在宅ワークの収入40万円-必要経費2万円となり、雑所得の金額は38万円となります。

ここで算出した金額が、「合計所得金額」になります。雑所得の場合、必要経費を引いたものが38万円を超えていなければ、配偶者控除の対象になります。

雑所得|所得税|国税庁

パート主婦の場合

では、パートでの給料所得がある場合のケースをみていきましょう。国税庁は、「給与所得のみの配偶者が、配偶者控除を受けたい場合は給与収入が103万円以下」であることを条件にしています。

給与をもらっている場合は、本人に対して給与所得控除が受けられます。そのため、在宅ワークなどで収入を得た場合よりも、配偶者控除の範囲内で多くの金額を得ることができます。

年収上限は103万円(H29まで)

給与所得の金額は、「年収-給与所得控除額(65万円)」で計算することができます。この計算式に当てはめて、所得金額が38万円を超えなければ配偶者控除の範囲内で働くことができるのです。つまり、その上限は103万円ということになります。

パート収入はいくらまで税金がかからないか|所得税|国税庁

年収上限は150万円(H30から)

さて、上記の年収上限は、平成29年までの話になります。平成29年度の税制改正によって、配偶者控除を受けることのできる年収上限が、150万円に引き上げられました。

新しい制度では、配偶者控除を受けることができる条件が、38万円から85万円に引き上げられました。上記で解説したように、給与所得の金額は「年収-給与所得控除額(65万円)」で計算することができます。

この計算式に当てはめて、85万円以下であれば配偶者控除の範囲内で働くことができるようになりました。よって、所得金額が85万円になるように計算すると、150万円が年収上限になります。

(納税者の給与収入が1,120万円を越えると、配偶者控除は受けられなくなります。)

「平成29年度税制改正」(平成29年4月発行) : 財務省

子供の扶養控除について

 

16歳以上の子供がいる場合は、一人一人について控除が受けられます。まずは、アルバイトをしていない学生の場合をみていきましょう。

16歳以上19歳未満の場合

控除を受けたい年の12月31日時点で、16歳以上19歳未満の子供がいる場合は38万円の控除が受けられます。

子供に何らかの収入があった場合でも、合計所得金額が38万円以下であれば扶養控除が受けられます。

19歳以上23歳未満の場合

控除を受けたい年の12月31日時点で、19歳以上23歳未満の子供がいる場合は63万円の控除が受けられます。

こちらも、子供に何らかの収入があった場合でも、合計所得金額が38万円以下であれば扶養控除が受けられます、

23歳以上70歳未満の場合

控除を受けたい年の12月31日時点で、23歳以上70歳未満の扶養親族がいる場合は38万円の控除が受けられます。

先ほどと同様、子供に何らかの収入があった場合でも、合計所得金額が38万円以下であれば扶養控除が受けられます。

扶養控除は子供一人一人に対して受けることができるので、例えば16歳以上19歳未満の子供が2人、19歳以上23歳未満の子供が1人いる場合の控除金額は、合計で139万円になります。

扶養控除|所得税|国税庁

学生でアルバイトをしている場合

では、子供がアルバイトをしている場合はどうなるのでしょうか。アルバイトでの収入は給与所得になるので、本人に対して給与所得控除が受けられます。

年収上限は103万円

給与所得の金額は、「年収-給与所得控除額(65万円)」で計算することができます。この計算式に当てはめて、38万円を超えなければ扶養控除の範囲内ということになり、所得金額が38万円になるように計算すると103万円が年収上限になります。

この上限を超えたとき、子供は扶養控除から外れ、自分で所得税を払っていくことになります。

年金受給者の扶養控除

では最後に、年金受給者についてみていきましょう。今回は、年金の他に収入がない場合を解説します。

公的年金の所得は、雑所得として扱われています。公的年金の雑所得は、本人に対して公的年金等控除が受けられますが、公的年金等控除の金額は、本人がもらっている年金額と年齢によって以下のように変わってきます。

公的年金等に係る雑所得の速算表(平成17年分以後)
年金を受け取る人の年齢 (a)公的年金等の収入金額の合計額 (b)割合 (c)控除額
65歳未満 (公的年金等の収入金額の合計額が700,000円までの場合は所得金額はゼロとなります。)
700,001円から1,299,999円まで 100% 700,000円
1,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,000円
4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円
7,700,000円以上 95% 1,555,000円
65歳以上 (公的年金等の収入金額の合計額が1,200,000円までの場合は、所得金額はゼロとなります。)
1,200,001円から3,299,999円まで 100% 1,200,000円
3,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,000円
4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円
7,700,000円以上 95% 1,555,000円

出典:公的年金等の課税関係|所得税|国税庁

65歳未満の場合

まずは、65歳未満の場合をみてみましょう。国税庁は、「扶養親族が扶養控除を受けるためには、年間の合計所得金額が38万円以下であること」を条件にしています。

そのため、年金額が多額になる場合は扶養控除の対象になりません。

年金額の上限は108万円

公的年金の所得金額は、「年収-公的年金控除額(最低70万円)」で計算することができます。

この計算式に当てはめて、38万円を超えなければ扶養控除が受けられる範囲内ということになり、所得金額が38万円になるように計算すると、108万円が年収上限になります。

65歳以上の場合

では、65歳以上の場合をみてみましょう。65歳以上になると、公的年金等控除額の最低金額が多くなります。

年金額の上限は158万円

65歳以上の公的年金の所得金額は、「年収-公的年金控除額(最低120万円)」で計算することができます。

この計算式に当てはめて、38万円を超えなければ扶養控除が受けられる範囲内ということになり、所得金額が38万円になるように計算すると、158万円が年収上限になります。

(年金受給者の場合、年齢と同居か同居以外かによって、扶養控除金額が変わります。同居している親が70歳以上の場合が58万円、その他は48万円の扶養控除が受けられます。)

まとめ

扶養控除を受けるためには、本人の所得に対して上限があります。主婦や主夫で仕事をしたい人や、学生でアルバイトをしたい人が、扶養内で働きたいときは、年収の上限に気をつけて勤務時間や仕事量を調整すると良いでしょう。

また、年金受給者も扶養控除の対象になる場合があるので、年収が少ない親などを扶養親族として申請すれば、節税が可能になります。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 節税について教えて下さい。

    私は以前自営業をしていました。税金関係並びに売上や申告や決算報告書も全て会計士の先生にお任せしていました。税金の計算など法人税の税率も引き上げられたりと年...

    50代 / 男性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供3人以上

  • 法人税の事について記入する。

    僕も、法人税があれば、税金も上がるといいねと思います。お金の専門家に聞けたらいいねと思います。法人税とは、税金が上がればいいねと思います。給料も上がるとい...

    20代 / 男性 / 年収 300万円以下 / 独身

所得税の人気記事

カテゴリ

税金

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 53日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり