1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. クラウド会計ソフトと合わせて相談!税理士検索freeeをオススメする5つの理由

クラウド会計ソフトと合わせて相談!税理士検索freeeをオススメする5つの理由

どの税理士に相談すればよいのか迷ったときに、便利に利用できるサイトが税理士検索freeeです。この記事では、クラウド会計ソフトと併用することでさらなる効率化を目指せる、税理士検索freeeのメリットを5つ紹介します。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 48日 です。

【2020年最新】 ▼当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  • 【1位】自動会計ソフトfreee(フリー)
    当サイト31ヶ月連続人気1位 確定申告の記帳自働で効率的に、節税対応なら!無料利用可能! 確定申告の対応まであとわずか!
  • 【2位】やよいの青色申告
    顧客満足度91%!サポートが手厚く初心者でも簡単に確定申告!
  • 【3位】税理士検索freee
    会計freeeと一緒に登録者多数。 確定申告で無駄な税金を払わないように相談!

クラウド会計ソフトとは?

クラウド会計ソフトとは、インターネットを利用して会計処理を効率化できる便利な会計システムのことです。

従来の会計ソフトと何が違う?

従来の会計ソフトは、手元にあるコンピュータにソフトウェアをダウンロードしたり、データを保存したりして、作業を行うことが一般的でした。

端末やソフトの種類によって利用に制限があったり、パソコンが壊れてしまうと保存していたデータを失ってしまうリスクがあったりした点も従来のソフトに多く見られた特徴です。

PCやスマホで利用できる!

一方、クラウド会計ソフトは、インターネット上のサーバーにデータを保存したり、インターネット経由でほかの人とデータを共有したりできるクラウドサービスを活用したシステムとなります。

インターネットに接続できる環境さえあれば、パソコンや携帯電話など、どの端末からでも利用可能です。

事前に、ソフトをインストールする必要がないうえ、システム構築やセキュリティー対策を専門家が行っているため、データの安全性も高く安心です。

クラウド会計ソフトで自動経理ができる

経理作業では、取引された日々の入出金について正しく記帳しておくことは必須です。

また、会計上の残高と実際の残高の一致を確認し、用途不明な入出金がないかを必ずチェックしておかなければなりません。

記帳により記録されたデータは、経営状況の把握をするときや確定申告の際の大事な資料となるからです。

しかし、取引の多い会社やほかの作業が忙しいときなどだと、取引ごとに勘定科目を考え、仕訳をして入力する作業は面倒なものです。

また、慌てて作業を進めようとすると、入力ミスが起こりやすくなります。

入出金のデータを自動で取り込める

そこで、便利なのが、クラウド会計ソフトです。

クラウド会計freeeの「自動経理」機能を利用すれば、入出金のデータを自動でソフトに取り込むことができます。

取引に使用している銀行口座やカードのウェブ口座の情報を登録しておくだけで、面倒な入力の手間を省くことが可能です。

勘定科目の選択や仕訳を自動でできる

口座の情報を同期し、勘定科目の選択や仕訳を自動で行ってくれます。

手動で行うのは、基本的には作成された仕訳の内容などを確認して「承認」ボタンを押すだけです。

このため、作業時間の短縮や入力ミスの防止につなげることができます。

クラウド会計ソフトで経費精算を電子化できる

経費の精算も、負担になりやすい日々の業務のひとつです。

特に、出張業務や営業などで外出する人が多い会社では、申請数も多く、経理担当者の負担は大きくなります。

領収書の整理が簡単に!

個別に提出されたたくさんの領収書を整理する作業は想像以上に手間がかかるものです。

申請書を後でまとめて提出する人もいるため、領収書を日付順に並べ替えながらも、抜けのないようにきちんと管理する必要があります。

さらに、保存するノートなどに糊付けしていく作業も、思いのほか時間がかかるものです。

一方、申請を出す側も、立て替えをするたびに、申請書に金額や品目などを記入し、領収書を添付しなければなりません。

申請書を1枚作成するだけなら、それほど負担にならない作業でも、数が多くなれば面倒に感じることもあるでしょう。

スマホで領収書を撮影するだけで申請できる!

加えて、承認する上司などが出張などをしていると、精算作業が滞ってしまい非効率です。

しかし、クラウド会計freeeなら、経費精算を効率化させることができます。

たとえば、申請書類の提出の際には、申請書に必要事項の記入や領収書の貼り付けをしなくても、スマホで領収書を撮影するだけで申請者の申請作業は終了です。

撮影した画像から必要な情報だけを抽出して自動で読み取り、ソフトにアップロードしてくれます。

スキャンでの申請もできる!

申請したい領収書がたくさんある場合には、まとめてスキャンして申請することも可能です。

また、インターネット上のシステムであるため、接続環境され整っていれば、どこからでも内容を確認できます。

そのため、承認者は出張先や外出先からも承認作業ができてスムーズです。

さらに、転記や振込ファイルの自動作成機能もあるので、経理担当者の負担も軽くなります。

クラウド会計ソフトで確定申告も楽々

経理担当者にとっての大事な年次業務のひとつに確定申告があります。

確定申告は税額を確定させて税務署などに申告書を提出し、不足があれば納付、払いすぎていれば還付を受けることができるものです。

対象であるにもかかわらず確定申告をしなかった場合には、ペナルティとして高い加算税が発生したり、刑事罰に処されたりすることもあるため、提出には十分な注意が必要となります。

書類の作成が簡単!

確定申告では、書類の作成が必要です。作成する際には、簿記の知識などが求められるため、慣れていないと難しく感じることもあるでしょう。

クラウド会計freeeを利用して確定申告を行えば、入力画面に説明が付いているので、指示に従い進んでいくだけで書類の作成を行うことができます。

また、不動産所得や株などの所得申告にも対応しているので便利です。

さらに、追加料金なく、最新の税制に自動でアップデートされるため安心して長く使用できます。

スマホからの入力もOKで、誰でも簡単に確定申告を行えます。最大30日間無料で、すべてのプランをお試しできるので、確定申告を早く終わらせたいという方におススメです。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

税理士検索freeeとは?

税理士検索freeeなら2000以上の事務所のなかから、希望に合った信頼性の高い税理士を効率よく探すことが可能です。

複数の条件から検索できるシステムがあり、対応地域だけではなく、得意とする業種やサービス、そのほか詳細な特徴などを確認しながら、税理士選びをすることができます。

freee認定アドバイザー制度で安心!

また、freeeのクラウド会計ソフトに関する習熟度を判定するfreee認定アドバイザー制度があるのも特徴です。

6段階に分けられた習熟度の評価を参考に、クラウド会計ソフトを利用しながら相談できる専門性の高い税理士を見つけることができます。

無料の税理士紹介サービスも!

さらに、たくさんの税理士がいるため、選ぶのに迷ってしまう場合には、無料の税理士紹介サービスもあるため安心です。

質問に答えるだけで、Freeeのコーディネーターが条件に合った税理士を探してくれます。サービスは何度でも利用可能です。

税理士検索freeeを併用するメリット

メリット①:導入支援と関連ソフトとの連携支援

クラウド会計ソフトに併せて税理士を併用することのメリットのひとつが、導入段階でのサポートを受けられる点です。

クラウド会計freeeは会計における事務の効率化を目指すことができる便利なソフトですが、そもそもきちんと導入できなければ、機能を十分に活用することはできません。

銀行やカードの口座と連携するための設定や仕訳の可否を見極める必要もあり、初心者や専門知識のない人では判断が難しいポイントもあります。

これまで別のソフトを利用していた場合には、会計ソフトの乗り換えに関する対応も必要となるため、税理士の支援があると安心です。

メリット②:仕訳ミスなどを修正してもらえる

従来の会計ソフトとは異なり、クラウド会計ソフトはインターネット上でデータを共有することができる会計システムです。

そのため、事前に税理士へ依頼しておけば、仕訳のミスがないかを普段から定期的にインターネット上で確認してもらうことができます。

また、クラウド会計freeeの自動経理システムを利用すれば入力ミスの発生を抑えることが可能です。

ただし、手作業で入力した箇所が少しでもあった場合には、仕訳や金額を間違えてしまう可能性は生じます。

また、導入初期であれば固定資産として計上すべきものを経費として計上されてしまうこともあるため要注意です。

小さな入力ミスでも、後で数字に大きな違いが出てしまうことがあるため、税理士によるチェックがあり、修正してもらえれば安心でしょう。

メリット③:税制などの提案をしてもらえる

法人税の税法は頻繁に改正が行われたり、税率に変動があったりします。

また、対象となる条例や特例などは会社の形態や状況などによって違ってくることもあるため、注意が必要です。

特例などは上手に利用すれば節税につながる場合もあります。節税は、法律のもとで税金を安く抑えることができる方法です。

しかし、特例のなかには期間限定のものもあるため、気付いたときには遅い場合もあります。

そのため、タイムリーに情報を把握しておくことが重要です。

ただし、どのような特例があるか、税制が改正されたかなどについて、役所などが積極的に情報を提供してくれることは通常ありません。

手続きに漏れを起こさないためにも、税金の支払いで損をしないためにも、専門家のアドバイスを受けることはメリットとなります。

メリット④:適切な経理処理を行うことができる

クラウド会計を使えば、それぞれの取引に適した勘定科目を自動で選定してくれるため、効率よく簡単に記帳することができます。

ただし、取引によっては、どの勘定科目に該当するかの判断が難しいものもあるため要注意です。

法律に準じた正しい会計処理を行うためには、税理士による監査があったほうが安心できます。

たとえば、電気料金であれば、間違いなく水道光熱費と判断できることでしょう。

しかし、取引先との飲食にかかったお金は、交際費とするべきか会議費に充てるべきか迷いやすい取引です。

また、備品について経費とするか固定資産に計上するかは、法律に基づいて判断することが求められます。

事業のために使ったお金は、必ずしもすべてが購入した年度に使った費用として扱われるとは限りません。

専門的な知識を持つ税理士の目が入れば、勘定科目などの選定も間違いなく行うことができ、さらに、間違いが見つかった場合には、正しく修正してもらうこともできます。

メリット⑤:税務調査にスムーズに対応してもらえる

確定申告が正しく行われているかを税務署が調査する税務調査は、すべての会社や個人事業主が対象となるわけではありません。

しかし、調査が入る会社に決まりはなく、どの会社も対象となる可能性はあります。

調査方法は、特に脱税額が高額であったり、悪質な脱税工作の疑いがあったりしなければ強制調査とはならず、事前に調査に赴く連絡が入る任意調査となることが通常です。

事前に連絡を受けていれば調査に対応する準備をしておくことができますが、調査当日は質問される場合もあり、その際には正しく説明をする必要があります。

この質疑応答は、調査官に対して納税者が対応することが基本です。

しかし、税理士が同席して一緒に対応することも認められています。答えに窮したときに税理士の存在は頼りとなることでしょう。

また、そもそも、税務調査は、すべての会社に行うものではないため、少しでも不正の疑いがある納税者を調査したほうが有効です。

そのため、確定申告の書類の作成を税理士がサポートしていることがわかれば、税務調査の対象となりにくいというメリットもあります。

まずはクラウド会計ソフトを使ってみよう!

クラウド会計ソフトで対応できない部分を補ってくれる税理士探しに、税理士検索freeeの利用は便利です。

より効果的に税理士との連携を行うためには、利用を始める前にまず、クラウド会計freeeを使い、自動精算、経理処理、確定申告の準備をしておきましょう。

スマホからの入力もOKで、誰でも簡単に確定申告を行えます。最大30日間無料で、すべてのプランをお試しできるので、確定申告を早く終わらせたいという方におススメです。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

まとめ

この記事では、クラウド会計ソフトと併用することでさらなる効率化を目指せる、税理士検索freeeのメリットを5つ紹介してきました。自動精算や経理処理、確定申告の準備がまだ終わっていないという方は、税理士に依頼する前にぜひクラウド会計freeeを利用されることをおすすめします。

無料で相談!「税理士ドットコム」の評判・相場・登録・質問方法を紹介!

freeeの使い方とは?確定申告や会社設立で役立つ機能を紹介

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金