1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. ふるさと納税
  4. 【インタビュー】北海道遠軽町のふるさと納税のおすすめ返礼品をご紹介!

【インタビュー】北海道遠軽町のふるさと納税のおすすめ返礼品をご紹介!

北海道遠軽町のふるさと納税のおすすめ返礼品をインタビューにてお聞きしました。遠軽町は「ひらやま」や1千万本のコスモスが咲き誇る「太陽の丘えんがる公園」など、豊かな自然が魅力の町です。これからふるさと納税を考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトで人気のふるさと納税に関するサービス

遠軽町ってどんな町?

遠軽町は、北海道の北東部、オホーツク管内のほぼ中央、内陸側に位置しており、東西47km、南北46kmにわたる緑豊かな町です。町の人口は、19,751人、世帯数は10,279戸(令和元年9月末現在)となっています。

遠軽(えんがる)という地名は何由来?

遠軽(えんがる)という地名は、町のシンボルである瞰望岩(がんぼういわ)をアイヌ語で「インカルシ(山頂から視界の広い、見晴らしのよい)」と呼ぶことから由来しています。

平成17年10月1日に、遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村の4町村が合併し、現在の「遠軽町」が誕生しました。

令和元年度中に、旭川・紋別自動車道(遠軽瀬戸瀬IC~遠軽IC)が開通し、これに隣接して道の駅「遠軽 森のオホーツク」が、今年の冬にオープンする予定です。

道内唯一のスキー場が併設されているのも特徴で、2階部分はスキー場ロッジも兼ねています。夏場には、豊かな自然を活かして幅広い世代が楽しめるツリートレッキング等のアクティビティ施設の整備を予定しています。

遠軽町の見所について

遠軽町には、国内最大級の1千万本のコスモスが咲き誇る「太陽の丘えんがる公園」があり、夏から秋にかけては、黄花コスモスや混合コスモス、春から初夏にかけては、淡い薄紅色の芝ざくらやつつじが咲き誇ります。

町民をはじめ、多くの皆さんの憩いの場として利用されている場所です。生田原地域には、世界約40か国の木のおもちゃを集めたミュージアム「木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド」、丸瀬布地域には、国内唯一動態保存されている蒸気機関車「雨宮21号」が走る「森林公園いこいの森」などの観光地があります。

遠軽町の名物は何?

遠軽町の白滝地域には、大雪山系の北側に位置する「ひらやま」という山があります。山頂から見渡す景色の雄大さが魅力で、初心者でも登頂できる山です。

登山口から山頂までは約2時間30分の道のり。山頂からは、2,000メートル級の山々が連なる表大雪の山並みが眼前に広がり、その景色は「ひらやま」ならでは。

周囲には、「コマクサ」をはじめとした数々の可憐な高山植物が疲れた体を癒してくれます。中でも、初夏のころには雪渓が登山者たちを涼しげに迎え、山頂では厳しい風雪を耐え抜いてきた高山植物たちが、競い合うように短い夏を謳歌する姿は、感動すら覚えることでしょう。

遠軽町のふるさと納税の返礼品について

遠軽町のふるさと納税担当者からみて、これはおすすめ!という返礼品を教えていただきました。

遠軽町の返礼品はアスパラ「遠軽にょっきーず」が大人気!

遠軽町で生産されたアスパラのブランド「遠軽にょっきーず」は、アスパラをそのまま大きく成長させ、光合成により栄養をたっぷりと蓄えた親茎の株から出る新芽を収穫する立茎栽培のアスパラです。

夏季でも美味しいグリーンアスパラガスが楽しめます。アスパラと言えば春ですが、遠軽では夏アスパラも出荷。伏せ込み栽培などを併用して冬の出荷も可能です。

春のアスパラに比べると緑色が薄いですが、皮が柔らかくとても食べやすくなっています。ビタミン類やミネラルが豊富に含まれ、美肌効果も高く、高血圧予防などの効果もあります。

寄付金額8,000円以上の方は、是非注文してみましょう。

詳細はこちら

遠軽町の返礼品には人気の返礼品がたくさん!

「遠軽にょっきーず」の他に人気の返礼品を3つ紹介していただきました。

順位 返礼品
1位 しらたきじゃがいも(寄附金額:8,000円)
2位 無添加ベーコン(寄附金額:10,000円)
3位 乗馬体験(寄附金額:30,000円)

遠軽町の返礼品おすすめ1位:しらたきじゃがいも

遠軽町の中でも特に昼夜の寒暖差の大きい「白滝地域」で栽培されたじゃがいも。でんぷん価が高めでホクホクとしており新じゃがの頃から甘味や風味が強いのが特徴です。

このしらたきじゃがいもを堪能していただくために、じゃがいも料理のレシピがたくさん載ったレシピ本を同封しています。内容は、しらたきじゃがいも 10kg、レシピ本のセットとなります。

詳細はこちら

遠軽町の返礼品おすすめ2位:無添加ベーコン

北海道産の新鮮な豚バラ肉のみを使用し、スモークハウスの中でじっくりと燻煙、熟成させた本格派のベーコン。

発色剤や保存料などの添加物は一切不使用で、地元の小中学校の給食にも採用されている人気の品です。内容は、ベーコン130g 5個です。

詳細はこちら

遠軽町の返礼品おすすめ3位:乗馬体験

丘や林道などを通って景色を楽しめる初心者用の安全なコース(通年体験可)から川渡や駆歩ありの経験者コース(4月から11月までの期間限定)など5種類のコースを用意しています。

大自然を存分に楽しむことのできる乗馬体験となるでしょう。内容は、乗馬体験(ペンケ、見晴らし、大自然、大草原、大満足)です。

詳細はこちら

ふるさと納税の申し込み方法について

インターネットからの申し込み方法

下記リンクのふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」もしくは「ANAのふるさと納税」の、遠軽町ふるさと納税申し込みフォームから申し込みください。

ふるさとチョイス

ANAのふるさと納税

郵送またはFAXでの申し込み方法

下記リンク(町HP)先にある寄附申込書に、必要事項を記入の上、下記送付先に郵送またはFAXでお申し込みください。

各種連絡先 遠軽町役場 総務部企画課
HP Engaru.jp/engaru/01soumu/furusatokifukin/moushikomi.html
ファクス 0158-42-3688
メールアドレス furusato@engaru.jp
住所 〒099-0492 北海道紋別郡遠軽町1条通北3丁目1番地1

ワンストップ特例申請書の送付方法と送付先について

所得税と住民税の寄附金控除を受けるためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に遠軽町が発送した「寄附金受領証明書」を添付して、最寄りの税務署等で確定申告が必要となります。

なお、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」については、寄附の申し込みの際にワンストップ特例申請を希望すると、「寄附金受領証明書」と併せて申請書をお送りします。

申請書の送付先は、下記のとおりです。

  • 〒099-0492 北海道紋別郡遠軽町1条通北3丁目1番地1 遠軽町役場 総務部企画課

ふるさと納税に関する質問のお問い合わせ先について

遠軽町役場 総務部企画課 企画担当 連絡先
電話番号 0158-42-4818(内線224)
ファクス 0158-42-3688
メールアドレス furusato@engaru.jp
住所 〒099-0492 北海道紋別郡遠軽町1条通北3丁目1番地1

まとめ

遠軽町には、1千万本のコスモスが咲き誇る「太陽の丘えんがる公園」、大雪山系の北側に位置する「ひらやま」など自然溢れる町です。

その土地で取れた美味しいアスパラやジャガイモはが返礼品として準備されています。是非遠軽町にふるさと納税してみませんか?

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

ふるさと納税の人気記事

カテゴリ

税金