1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 確定申告が面倒?電子申告をスマホで簡単にする方法とは

確定申告が面倒?電子申告をスマホで簡単にする方法とは

2019年からスマートフォンを使って確定申告ができるようになりました。普段使っているスマートフォンから確定申告ができれば便利なのは間違いありませんよね。そこでこの記事では、スマホを使った確定申告の基本について解説していきます。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

スマホで電子申告が可能に

まずは、スマホの確定申告について解説します。

確定申告はいつから?

確定申告とは、年間の所得に関わる税金を計算し、税務署に知らせるものです。企業に勤めていると、会社が本人に代わって年末調整をおこなってくれます。

また、書面による確定申告を行う期間は、毎年2月16日から3月15日までです。前年1年間の所得税を計算し、申告しなければいけません。期間を過ぎてしまうと追加で課税されてしまうため、早めの準備が大切です。

スマホ版の特徴

確定申告はインターネットを通じて行うことができます。その際、「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」を使うことになるのですが、税務署に出向く必要がない反面で事前準備が必要です。そのため、早めに準備しましょう。

2019年から新たにスマートフォンから確定申告ができるようになり、スマホやタブレットに最適化された画面から簡単に申告を行えるようになりました。ただし利用できる人が限定的なので「これからの確定申告はスマホで完結」とまではいきません。

あなたのスマホは対応機種?

スマホを使った確定申告で気になるのが、自分のスマホが対応機種かという点でしょう。e-Taxのホームページを確認すると、推奨環境についての情報を閲覧できます。スマホの推奨環境を以下の表にまとめました。

iPhone Android
OS iOS 10.3~iOS 11.4 Android 6.0 ~ 8.1
ブラウザ Safari Google Chrome

出典:e-Taxソフト(SP版)のご利用に当たって

これ以外のブラウザを使っているといった環境の人は、事前に確認しておくと安心でしょう。

スマホ版e-Taxの注意点

スマホから手軽に確定申告できる反面、注意点もあります。そこで、スマホ版e-Taxの注意点について確認していきましょう。

事前準備が大変

スマホによる確定申告は大変便利ですが、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。その一つが、事前準備が大変だということです。

スマホに関わらず、電子申告する際にはマイナンバー方式かID・パスワード方式を使うことになります。マイナンバーカードを持っていて、手持ちのスマホをICカードリーダライタとして使うことができる方は、マイナンバーカードの利用で、スムーズに電子申告が始められます。ただし、この場合、予めアプリをインストールする必要があるので注意しましょう。

マイナンバーカードを持っていないならID・パスワード方式で申告することになりますが、これには税務署の窓口で利用者識別番号と暗証番号の交付手続きを行わなければなりません。一度税務署に直接足を運ばなければならない点には注意です。

申告できる項目が限られる

スマホによる確定申告は、申告できる項目が極めて限定的なものになります。申告できる項目は、給与所得のみです。事業所得や不動産所得、雑所得などがある方は、スマホによる申告はできません。

副収入が一切ない、サラリーマンに向けたシステムであると考えるのがいいでしょう。また、給与以外の収入がなかったとしても、複数の会社に勤務している場合や勤務先での年末調整が済んでいない場合だと、利用できないことがあります。

スマホで医療費控除を申告するには?

スマホで申告できる方は、スマホ版e-Taxに挑戦してみましょう。そこで今回は、医療費控除を例にスマホ版での申告の仕方を確認します。

スマホの控除申告で必要なものは

スムーズな申告を行うために、必要な書類を全て手元に揃えておきましょう。まず必要になるのが給与所得の源泉徴収票です。支払金額や所得控除の合計額、源泉徴収税額などが必要になります。

次に控除関係の書類です。医療費控除を受ける時は、従来の医療費控除を受けるか、セルフメディケーション税制を利用するかを選択しましょう。

支払った医療費の総額や、特定一般用医薬品等購入額の合計額を計算しておいてください。寄付をおこなった場合は、寄付金額控除の書類も必要になるので揃えておきましょう。他にはマイナンバーもしくはID・パスワード、そして還付金を受け取る為の口座番号などが必要です。

スマホの控除申告で必要な手続き

準備が整ったら、書類を作成し、提出します。スマホから申告する流れは以下の通りです。

  1. 国税庁の「確定申告書作成コーナー」に入ったら、まず「作成開始」をクリックしましょう。
  2. 次に申告内容に関する質問が表示されるので、はい・いいえで答えていきます。
  3. 申告書の提出方法で「e-Tax」か「書面」を選択できるので、ここでは「e-Tax」を選択します。
  4. 利用規約に同意したら、予め取得しておいた「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載してある「利用者識別番号」と「暗証番号」を入力しましょう。
  5. ここを過ぎると具体的な金額の入力となります。源泉徴収票の情報、医療費控除、寄付金控除を入力しましょう。
  6. 最後に本人情報を入力すれば、あとは送信するだけです。

まとめ

スマホによる確定申告が始まったことで、電子申告のより広い普及が期待されるようになりました。場所を問わず作業ができるのは、煩わしい作業の多い確定申告において大変魅力的ですよね。自分のスマホが対応しているのならスマホから電子申告をおこなってみるのもおすすめです。

【2020年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 消費税が安くなるケースはあり得ますか?

    消費税が年々高くなるという話題を聞いた事があります。ですが、実際に7年後、8年後と予想が上がって行きますが、消費税が高くなるのは分かるのですが、逆に消費税...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 法人税の計算方法について教えて下さい

    私の勤める株式会社では社員は確定申告を個人でやっています。源泉徴収などを発行してもらったことがありません 株式会社では法人税を支払いしますが計算方法はどの...

    50代 / 男性 / 沖縄県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供3人以上

  • 納税証明書を取得するには?

    本題の前に質問です。法人税を20%に下げるとか下げないとか、国会で議論されていましたが、法人税が下がると国民の生活は豊かになりますか。 そして納税証明書を...

    20代 / 女性 / 香川県 / 年収 300万円以下 / 独身

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金