1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 電子申告はいつから義務化?国税庁が運営するe-Taxの使い方まとめ

電子申告はいつから義務化?国税庁が運営するe-Taxの使い方まとめ

電子申告の義務化に伴い、電子申告についての理解が大切です。まずは電子申告する際に必要な、e-Taxの使い方を知っておきましょう。この記事では、電子申告とe-Taxの使い方などを解説していきます。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

電子申告が義務化に

まずは、電子申告の義務化について解説します。

義務化はいつから?

電子申告の義務化は2020年から始まり、4月以降の事業年度が対象になります。それまでは任意ですが、すぐに電子申告に移行できないことを考えると準備期間は必要です。準備期間に電子申告ができるように会社の体制を整えておきましょう。

対象になるのは誰?

対象になるのは事業年度開始時において、資本金または出資金が1億円を超える法人です。他には相互会社、投資会社、特定目的会社が対象になっています。

ただし、人格のない社団や外国法人などは対象にはなっていません。また、青色申告者は対象者ではありませんが、電子申告をしないと65万円の控除が55万円に引き下げられます。

電子申告すると書面に比べて10万円多く控除が受けられます。義務化は法人を対象としていますが、実質的に青色申告者にも影響を与えるでしょう。このような義務化しない対象者も、しっかりと電子申告の情報をチェックする必要があります。

対象になる手続きは?

対象になる手続きには、以下のようなものがあります。

  • 確定申告書
  • 中間申告書
  • 仮決算の中間申告書
  • 修正申告書
  • 還付申告書

特に確定申告書は年末調整などで利用する人は多くいます。確定申告書が対象になっているため、青色申告者が実質的な対象者になる可能性があります。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです! クラウド会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

e-Taxを始めるために

電子申告は準備さえ完了すれば、青色申告の際に10万円多く控除されるなどメリットがあります。そこで、e-Taxの準備について確認していきましょう。

登録に必要なものは

登録には、電子証明書があると良いでしょう。個人で利用する場合の電子証明書はマイナンバーカードです。そのマイナンバーカードを取得するには、マイナンバー通知カードが必要になります。

他に必要となるのはICカードリーダライタです。これによってマイナンバーカードの電子証明書を読み取れます。さらにカードリーダライタにはドライバーが必要ですので、合わせて取得しておくと登録が可能です。

カードリーダーが不要になる方式も

カードリーダーが不要になるのはID・パスワード方式です。この方式では電子証明をマイナンバーではなく、ID・パスワードで行います。マイナンバーは必要ありませんが、所轄の税務署でID・パスワードの発行の手続きが必要になってきます。

この場合、基本的な機能は電子証明書やカードリーダーがなくても利用できます。ただし、メッセージボックスの利用には電子証明書が必要なので注意してください。

Web版とソフト版の違い

e-Taxソフトの基本機能を、Webで利用できるようにしたのがWeb版です。そのため、作成可能な手続きの種類、法定調書のデータ作成方法、納税証明書の交付請求方法などに違いがあります。また、Web版はインターネット環境がないと利用できません。

スマホから確定申告

2019年1月からスマホ専用の確定申告書作成コーナーができました。それによりカードリーダー方式とID・パスワード方式の両方で作成可能になっています。

電子申告を実際にやってみよう

e-Taxの利用に必要なもの揃えたら、電子申告してみましょう。ここでは、医療費控除と雑所得を例にe-Tax電子申告の仕方を紹介します。

医療費控除を申告する

医療費控除をするためには先に医療費集計フォームをダウンロードしておきましょう。領収書が多い人は先に集計しておくと申告が容易になります。

必要なもの

医療費の領収書が必要になりますが、税務署への提出は不要です。医療費を集計するときに利用します。ただし、提出しなくても5年間は保管義務があるので無くさないように注意しましょう。

申告の手順

医療費控除を受けるためには確定申告等作成コーナーで、所得税の確定申告書作成コーナーに進みましょう。さらに医療費控除入力画面に進み、各種項目に入力していきます。

医療費集計フォームに入力しているのであれば、ここで医療費集計フォームを読み込みましょう。ファイルが開かれると、記入されている医療費が作成コーナーに反映されます。間違いがなければ、確定申告をそのまま進めて終了です。

雑所得を申告する

雑所得は給与所得、事業所得、不動産所得などに入らない所得のことです。また、副業などで稼いだ所得は雑所得になります。

必要なもの

雑所得の申告には支払い元の会社の名称と住所が必要です。どこからお金を受け取ったかをしっかりと把握しておく必要があります。また、その領収書なども必要になるで、用意しておきましょう。

申告の手順

申告の手順は確定申告書等作成コーナーで、申告書・決算書収支内訳書等作成開始をクリックしてください。e-Taxを選び、後は流れに沿って進めます。所得税コーナーで雑所得を記入していきましょう。各種項目に記入をしたら確定申告をそのまま進めて終了です。

まとめ

e-Taxは、出資金または資本金が1億円を超える法人を対象に義務化されます。e-Taxの機能を完全に利用する場合は、マイナンバーカードなどの電子証明書が用意する必要があります。対象の法人は余裕を持って電子申告の準備しましょう。

また、医療費控除や雑所得をe-Taxで申告するときには、確定申告等作成コーナーで作成可能ですので利用してみましょう。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです! クラウド会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

【2020年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 法人税を支払う団体について教えてください

    知人がNPOを立ち上げようとしているのですが、NPO団体でも法人税は支払うものなのでしょうか?法人税とは一円でも売上がある法人団体であれば、必ず課せられる...

    20代 / 女性 / 岡山県 / 年収 401-500万円 / 既婚

  • 法人地方税について教えてください

    法人税を納付する際に、法人地方税というものを納付する様になったと思います。 その法人地方税ですが、市役所や都税事務所等に納める均等割や事業税等とは違うもの...

    30代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 300万円以下 / 既婚

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金