1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 電子申告での書類の提出方法まとめ。その違いと注意点

電子申告での書類の提出方法まとめ。その違いと注意点

電子申告では書類によって提出フォームや提出方法が異なります。この記事では、書類による提出方法の違いや、提出する際の注意点を詳しく説明します。また、提出方法を間違えた場合の対処法も説明するので、しっかり確認しましょう。

この記事の目次

添付書類が省略できる?

電子申告の場合、e-tax上で必要事項を記入するだけで、1部の書類の提出が不要になります。ではどんな書類が省略できるのでしょうか。

省略できる書類

電子申告では1部の書類に関して、e-taxで記入、送信するだけで手続きを終わらせることができます。わざわざ税務署に提出しに行く必要がないので、確定申告が非常に楽になります。

提出を省略できる書類は、以下の書類があげられます。

  • 給与所得者の特定支出の控除の特例に係る支出の証明書
  • 個人の外国税額控除に係る証明書
  • 雑損控除の証明書
  • 医療費の領収書、セルフメディケーション税制の医薬品購入の領収書、一定の取組を明らかにする書類
  • 医療費に係る使用証明書等
  • 社会保険料控除の証明書
  • 小規模企業共済等掛金控除の証明書
  • 生命保険料控除の証明書
  • 地震保険料控除の証明書
  • 寄附金控除の証明書
  • 勤労学生控除の証明書
  • 住宅借入金等特別控除に係る借入金年末残高証明書
  • 特定増改築等住宅借入金等特別控除(バリアフリー改修工事)に係る借入金年末残高証明書
  • 特定増改築等住宅借入金等特別控除(省エネ改修工事等)に係る借入金年末残高証明書
  • 特定増改築等住宅借入金等特別控除(多世帯同居改修工事)に係る借入金年末残高証明書
  • 政党等寄附金特別控除の証明書
  • 認定NPO法人寄附金特別控除の証明書
  • 公益社団法人等寄附金特別控除の証明書
  • 特定震災指定寄附金特別控除の証明書

出典:e-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合

省略できない書類

上記で説明した書類以外の書類に関しては、改めて税務署に提出しなければならないので注意してください。その場合の提出方法は次の項目で説明します。

書類によって提出方法が違う

電子申告では、いくつかの提出方法があります。ここでは、それぞれの提出方法の内容を詳しくみていきましょう。

イメージデータによる提出

平成28年3月22日から、提出を省略できない1部の書類に関して、PDF形式で送信できるようになりました。所得税や法人税の申告手続きや、納税関係の申請がPDFで送信できます。

出典:添付書類のイメージデータによる提出の受付を開始します。|e-Tax

PDFを作成する2つの方法を覚えておきましょう。

ソフトウェアで変換する

パソコンで作成した書類は、その作成に使用したソフトウェアで簡単にPDF化できます。

例えば、Excelの場合は、以下の手順でPDFを作成できます。

  1. ファイルをクリック
  2. 「名前をつけて保存」を選択
  3. ファイル形式でPDFを選択
  4. 「最適化」は「標準」に指定
  5. オプションをクリックし、「PDFのオプション」のチェックを外す
  6. 保存する

出典:(参考) office製品によるPDF形式イメージデータの作成方法|e-Tax - 国税庁

書類をスキャナに取り込む

作成した書類をPDFに変換する時は、わざわざソフトウェアに転記してPDF化するのは面倒なので、スキャナで取り込む方法が便利です。

書類または電子データで

提出を省略できず、PDFでも送信できない書類は、以下の2つのどちらかの方式で提出できます。

  • 書面による提出
  • XBRL形式またはXML形式

XBRL形式とは、決算書を作成する際のデータ形式なので、青色申告決算書や収支内訳表はXBRL形式で提出します。

書類に関する注意事項

書類に関する注意事項として、いくつかの点に気を付けなくてはいけません。以下の3つの注意点を覚えておきましょう。

保存期間は5年間

提出を省略できる書類でも、申告後5年間は提出または提示を求められる可能性があります。印刷やダウンロードをして保存しておきましょう。

平成30年4月以降に提出した書類に関しては、保存する必要はありません。

提出方法を間違えたら?

提出方法を間違えてしまった場合、イメージデータの再送信もしくは書面による提出が求められます。

提出が完了したかどうかは、メッセージボックスで確認できます。提出方法を間違えた場合、改めて正しい提出仕様を確認し、再提出しましょう。

出典:イメージデータによる提出の対象外のものをイメージデータで提出した場合 ...

提出内容を間違えたら?

提出した書類に不備が見つかることもあるでしょう。その場合、確定申告の期限内なら、再度提出できます。

訂正したことを税務署に報告する義務もないので、書類を訂正し、e-taxでオンライン提出をしてください。

確定申告の期限を過ぎてしまっている場合は、税務署で手続きを行いましょう。

出典:当初、提出した申告データに誤りがあり、訂正したいのですがどうすればいいですか? 

まとめ

電子申告でおこなう場合には、省略できる書類とできない書類があることだけでなく、提出の仕方も色々あります。提出方法はイメージデータ、XBRL形式、書面の3つがあるのでしっかり確認しておきましょう。

また、提出省略になった書類でも、確定申告後5年間は提出できるように保存しておかなければいけません。提出方法を間違えた場合は、再度提出する必要があるので注意しましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 累進課税について詳しく知りたいです

    累進課税についてくわしく知りたいです。消費税が10パーセントになる商品と、8パーセントのまま維持される商品があると聞きました。それらの違いはどのように決め...

    30代 / 女性 / 東京都 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金