1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 電子申告で確定申告。e-Taxを活用して効率よく作業するには?

電子申告で確定申告。e-Taxを活用して効率よく作業するには?

e-Taxを使うと税務署の窓口に行かずに確定申告ができ、申告時の負担も軽減できます。この記事では、電子申告の概要とその始め方、e-Taxを使って効率よく確定申告をおこなう方法を解説します。ぜひ電子申告を活用してみましょう。

この記事の目次

電子申告とは?

電子申告とは、オンライン上で確定申告することを指します。

対象手続きと対象書類は?

まずは、義務化対象手続きを紹介します。下記の書類を提出する必要があるので注意しましょう。

  • 確定申告書
  • 中間申告書
  • 仮決算の中間申告書
  • 修正申告書及び還付申告書

電子申告が義務化に

2018年度の税制改正により、「電子申告情報処理組織による申告の特例」が創設され、一部の法人にて電子申告が義務化されました。

いつから義務化?

電子申告の義務化は、2020年度の事業年度から開始されます。事業年度は4月1日からなので、対象企業は事業年度が始まってから1カ月以内に、開始届を提出を行いましょう。

対象者は誰?

電子申告義務化の対象は大法人です。対象法人が書面で申告しても、無効になります。そのため、対象法人は必ず電子申告しましょう。具体的な対象法人は下記の引用の通りです。

① 内国法人のうち、その事業年度開始の時において資本金の額又は出資金の額(以下「資本金の額等」といいます。)が1億円を超える法人
② 相互会社、投資法人及び特定目的会社

出典:大法人の電子申告の義務化の概要について

e-Taxで確定申告が簡単に

次に、e-Taxを利用する際のメリットを紹介します。

添付書類が省略できる

e-Taxで確定申告すると、第三者が作成した書類の添付が省略できます。第三者が作成した書類とは、源泉徴収票や医療費の領収書などです。

ただし、省略した添付書類の保管を忘れずにしてください。法定申告期限から5年間は、省略した書類の提示を求められることがあります。

24時間いつでも申告できる

従来の書面による確定申告では、確定申告期間中に窓口で並んで申告する必要があります。ところが、e-Taxを使うと確定申告期間にかかわらず、いつでも申告可能です。

電子申告できる時間帯は以下の表の通りです。

平日 土日祝日
確定申告期間内 24時間 24時間
確定申告期間外 24時間 8:30~24:00

e-Taxの使い方

e-Taxを使うことで、申告時の負担を減らせます。そのため、e-Taxによる申告がおすすめです。そこで、e-Taxの実際の始め方を紹介します。

始めるために必要なもの

e-Taxを始めるために必要なものは、インターネットに接続できるパソコンです。どのパソコンからでもe-Taxを利用できるわけでないので、注意しましょう。e-Taxを利用できるパソコンの環境は下記の通りです。

Windowsの場合

OS ブラウザ PDF閲覧
  • 7
  • 8.1
  • 10
Internet Explore 11 Adobe Acrobat reader DC

Macの場合

OS ブラウザ PDF閲覧
  • 10.10
  • 10.11
  • 10.12
Safari 10.1 Adobe Acrobat reader DC

出典:e-Taxをご利用になる場合の事前準備

e-Taxの始め方

e-Taxの始め方を見てみましょう。e-Taxを始めるためには、下記の2つの方法があります。

  • マイナンバーカード方式
  • ID・パスワード方式

マイナンバーカード方式

マイナンバーカード方式を利用する場合は、マイナンバーカードとICカードリーダーを用意する必要があります。マイナンバーカードは申請から発行までに、1カ月程かかります。そのため、マイナンバーカードを利用する際は、早めに準備しましょう。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式を始める場合は、税務署で本人確認し、IDとパスワードを発行してもらわなければいけません。マイナンバーカードがなくても、基本的な機能を利用できることが特徴です。

ただし、ID・パスワード方式の場合でも、メッセージボックスを開くためにはマイナンバーカードとカードリーダーが必要になります。

登録の仕方

また、e-Taxを利用するには、最初に、「事前準備セットアップ」ツールをインストールしなけれないけません。インストールが完了したら、指示にしたがってe-Taxの設定をしていきましょう。e-Taxのセットアップでは、以下のことを行います。

  • 信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトの登録
  • 帳票表示モジュールのインストール
  • ルート証明書のインストール
  • 署名モジュールのインストール
  • JPKI 利用者ソフトのインストール

出典:事前準備セットアップ

セットアップの完了後、利用者情報の登録し、申告できるようになります。

スマホから確定申告

e-Taxはパソコンだけでなく、スマホからも利用可能です。スマホ版e-Taxについて解説します。

スマホで確定申告するときの条件

まずは、スマホで確定申告をする際の、利用環境から見てみましょう。

バージョン ブラウザ
Android Android 6.0~8.1 Google Chrome
iPhone iOS 10.3
iOS 11.4
iOS Safari

また、ICカードリーダーが搭載されたスマートフォンを利用すると、e-Taxアプリをダウンロードして使用できます。

申告までの流れ

パソコンのWeb版e-Taxと同じように、ID・パスワード方式、またはマイナンバーカード方式で利用者登録をします。

利用者登録完了後、スマホでe-Taxのホームページの「確定申告書等作成コーナー」にアクセスしましょう。作成開始をタップして、質問に答えるだけで、申請できます。

まとめ

電子申告には、申告時の負担が少ないといったメリットがありました。2019年からスマホでも電子申告できるようになったため、手軽に確定申告できておすすめです。

マイナンバーカードの発行が必要ですが、一度準備してしまえば、翌年からも面倒な手続きなしでスムーズに申告できるので、ぜひ電子申告を活用してみましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金