1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 電子申告の対応に困ってる人必見。電子申告を始める際の注意点を紹介

電子申告の対応に困ってる人必見。電子申告を始める際の注意点を紹介

電子申告をおこなえば、わざわざ税務署に足を運ぶことなく、確定申告手続きが可能です。一方で、電子申告を始めるためには、事前準備が欠かせません。この記事では、電子申告のメリットや、知っておきたい注意点について解説します。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

電子申告ってそもそも何?

まずは、電子申告について解説します。電子申告の対応に困ってる方もまずはこちらを確認して、正しい理解をすすめましょう。

『e-Tax』と『eLTAX』

インターネットを利用した税金申告システムには、『e-Tax』と『eLTAX』の2種類があります。両者の違いは、申告できる税金です。まずは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

『e-Tax』は、国税庁が実施している「申告や納税をオンラインで行うためのシステム」です。確定申告はこちらを利用します。

一方、『eLTAX』は、「地方税を扱うためのシステム」です。法人都道府県民税や法人住民税は、こちらを利用して申告をおこないます。

大法人は電子申告が義務化に

電子申告は、非常に便利なシステムです。手続きのスムーズ化はもちろんのこと、窓口混雑解消なども期待されており、2020年(令和2年)から、主に大企業などを対象に電子申告義務化が行われます。

電子申告のメリット

電子申告には、印刷費軽減によるコスト削減だけでなく、押印郵送の手間を省けるといったメリットもあります。それでは次に、電子申告を利用する際のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

添付書類が省略できる

申告をおこなう側には、「添付書類を省略できる」というメリットがあります。窓口や郵送での申告では、控除証明書をはじめとする様々な添付書類が必要です。しかしながら、電子申告をおこなうことで、添付書類を省略でき、提出しなくても済むのです。

青色申告すればお得になる

また、「青色申告の控除を引き続き受けられる」こともメリットです。2020年分の確定申告から、青色申告特別控除額が変更されることになり、控除額が3種類に変更されました。

最も大きい65万円控除を受けるためには、要件を満たさなければならないのですが、電子申告の場合は、引き続き65万円控除を受けることが可能です。

電子申告で注意しなければいけないこと

電子申告を利用すれば、自宅に居ながら確定申告を行うことが可能です。しかし、そのためにはさまざまな注意点があります。

事前準備が大変

まず、「電子申告を行うための準備が大変」という点です。当然ですが、パソコンやインターネット環境を整えておく必要があります。

既にパソコンを持っているという人なら問題ではありませんが、これから揃えるとなると一苦労です。

また、パソコンを既に所持している人でもスペックやディスクの空き容量は確認しておく必要があります。

マイナンバーカードがないと不便

電子申告にはマイナンバーカードが必要なので、こちらも準備しなければいけません。マイナンバーカードには「署名用電子証明書」が組み込まれており、これを本人確認と改ざん防止に利用しています。

マイナンバーカード作成の手続きは、パソコンでも可能です。しかし、発行されるまでには時間がかかるので、余裕を持って準備しましょう。

さらに、マイナンバーカードから電子証明書を読み取るために、ICカードリーダライタを用意する必要があります。三千円程度で購入可能なので、あらかじめ手に入れておきましょう。

マイナンバーカードを使わずにIDとパスワードで手続きを行うことも可能です。ただし、こちらの方法を使うときには税務署で職員と対面して本人確認を行う必要があります。

「税務署に行くことなく申告ができる」ことが電子申告の最大のメリットでした。結局税務署に行かなければならないこの方法は、不便といえるでしょう。

e-Taxの始め方

電子申告の事前準備を正しく行うことで、申告時の負担を減らせます。それでは最後に、実際のe-Taxの事前準備と始め方について解説します。

必要なもの

まずは、電子申告に必要なものを用意しましょう。e-Taxを始める為には、下記のものが必要です。

  • 電子証明書入りのマイナンバーカード
  • ICカードリーダライタ
  • インターネット環境が整ったパソコン
  • 電子証明書を使うためのソフトウェア

事前準備セットアップツールを使ってみよう

準備が整ったら、作業を進めていきましょう。まずは、e-Taxを利用するためのソフトウェアをパソコンにインストールします。

Windowsの場合は、これらのソフトを同時にインストールできる「事前準備セットアップ」ツールが用意されているので、こちらを利用するのが便利です。

Macの場合は、ルート証明書や公的個人認証サービス利用者クライアントソフトなど、必要なものをパソコンに入れていきましょう。

初めてマイナンバーカードを取得した場合は、e-Taxソフトに電子証明書を登録しておきます。

開始届出書の提出

e-Taxを利用するには、開始届出書を提出しなければなりません。これはオンラインで提出可能です。

この手順を踏むことで利用者識別番号をオンラインで取得できます。利用者識別番号を取得したら、これに電子証明書の登録を行うという流れです。

後は実際に確定申告を行う手順となります。必要な計算が終わったら、国税庁e-Taxサイトにある「確定申告書作成コーナー」に入り、案内に従って必要な入力をおこなっていきましょう。

「確定申告書作成コーナー」の利用には、JavaScriptのオン、ポップアップブロック解除などをおこなう必要があります。使用しているインターネットブラウザで設定を行いましょう。

まとめ

e-Taxは便利なシステムですが、いざこれから始めるとなると準備が面倒だと感じてしまう部分も多くあります。しかし一度設定をしてしまえば、今後の申告の負担を軽減できるのです。

好きな時間に確定申告ができる上、添付書類不要、税務署に行く必要がないなどのメリットがあります。面倒なのは最初だけなので、ぜひ電子申告に挑戦してみましょう。

【2020年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金