1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 電子申告対応の会計ソフトを比較。おすすめのソフトは何?

電子申告対応の会計ソフトを比較。おすすめのソフトは何?

自分で申告書や決算書を作成するのは大変ですよね。しかし、会計ソフトを利用すると、これらの書類を簡単に作成できます。この記事では、電子申告対応のおすすめ会計ソフトを紹介します。あなたに最適な会計ソフトを見つけ、賢く電子申告を行いましょう。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

電子申告対応の会計ソフトとは

まず、電子申告対応の会計ソフトが、どのようなものなのか確認しましょう。

会計ソフトのデータをe-taxと連動可能

会計ソフトは、日々の記帳を入力することで、確定申告に必要な申告書や決算書などの申告書類一式を作成できるソフトです。

電子申告対応している会計ソフトでは、e-taxと連動させることで、会計ソフトで作成した申告書や決算書を、直接国税庁に送信できます。

e-taxでも、専用のe-taxソフトで申告書や決算書は作成できます。しかし、その場合は、あらかじめ手書きや、会計ソフトで集計した収支の内訳や記録を、再度e-taxソフトに入力しなくてはなりません。

e-taxと連動可能な会計ソフトで、日々の収支の記帳を行えば、会計ソフトのデータを利用しましょう。すぐに決算書類を作れるだけでなく、申告まで一貫して手続きできるので、非常に効率的です。

会計ソフトのメリット

会計ソフトのメリットは、会計に詳しくなくても、スムーズに申告書や決算書や必要な帳簿を作成できることにあります。

通常、自分で決算書や帳簿を作成するには、簿記や会計の専門的な知識が必要になります。

しかし、会計ソフトを利用すると、収入や支出の金額を、当てはまる勘定科目を選択して入力していくだけで、日々の記帳を作成できるのです。

また、銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどと連携させることで、自動的にデータを取り込み記帳できる会計ソフトもあります。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです! クラウド会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

会計ソフトの比較ポイント

会計ソフトを比較するポイントは、以下の2つが挙げられます。

  • インストール型かクラウド型
  • 事業形態に合ったソフト

ここでは、この2つのポイントを詳しく解説していきます。

インストール型とクラウド型

インストール型 クラウド型
ダウンロード 必要 不要
アップデート 有料 無料
使用端末 パソコンのみ スマホ、タブレットも可
購入方法 パッケージ購入 月額定額制
利用環境 オフラインも可 オンラインのみ
バックアップ 必要 不要

インストール型のメリットとデメリット

インストール型のメリットは以下の2点が挙げられます。

  • オンラインでも利用できる
  • 使える機能が多い

パソコンにインストールしているので、インターネット環境がなくても利用できます。また、インストール型の方がクラウド型より歴史が長く、多機能であることが多いです。

デメリットは以下の2点です。

  • アップデートが有料
  • バックアップが必要

1度購入したあとは自動的にバージョンアップされず、アップデート版を再度購入しなければなりません。

また、対応しているパソコンにしかインストールできないので、パソコンが故障するとデータが失われる危険があります。なので、バックアップをこまめに取っておく必要があります。

クラウド型のメリットとデメリット

クラウド型のメリットは以下の点が挙げられます。

  • アップデートが無料
  • バックアップが不要

クラウド型では、会計ソフト会社が、ソフトを自動的に最新版にアップデートしてくれるので、アップデートにお金がかかりません。

また、データがクラウド上に保管されます。なので、パソコンが壊れたり、買い替えたりしても、自分のデータにログインできれば問題なく使い続けることがでます。ですので、データのバックアップは不要です。

デメリットは以下の2点です。

  • 複雑な処理ができない
  • オンライン環境でしか使えない

クラウド型の会計ソフトでは、使いやすい反面、複雑な処理がむずかしくなっています。また、インターネット回線に問題が生じた場合は使用できなくなるので注意する必要があります。

クラウド型がシェア拡大

従来の会計ソフトはソフトを購入してパソコンにインストールして使用するタイプでしたが、年々クラウド型の会計ソフトのシェアが拡大しています。

アップデートが無料で自動的に行われる点と、データの管理がしやすい点で、シェアが拡大していると考えられます。

出典:クラウド会計ソフトの利用状況調査(2019年3月末)

個人事業主か法人か

会計ソフトを選ぶ際には、自身の事業形態も大切なポイントです。個人事業主か法人かによって、必要な会計処理が異なるためです。

個人事業主の確定申告は白色申告と青色申告があり、どちらを選択しているかによって、対応している会計ソフトを選ぶ必要があります。

法人向けは、従業員がいる場合には給与計算に対応しているソフトが便利ですし、請求書を発行することが多い業種の場合には請求書作成も簡単にできるソフトもあります。

事業内容に合わせた機能をそなえた会計ソフトを選ぶことが重要です。

電子申告対応のおすすめ会計ソフト3選

最後に、電子申告に対応しているおすすめの会計ソフトを3つご紹介します。

クラウド会計ソフトfreee

freeeは経理が初めての人におすすめです。仕訳など経理の知識がなくても、質問に答えて入力していくだけで必要な仕訳が自動的に完了していきます。なので、難しい勘定科目で迷うことがありません。

またパソコンで入力するだけでなく、スマホアプリからレシートを撮影するだけで自動的に仕訳入力されるシステムや、簡単な申告がスマホでできる専用アプリもあります。

また、銀行口座やクレジットカードの連携もできるので、手入力の手間が省けるなど、利便性はかなり高いと言えます。

クラウド会計freeeの詳細へ

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計は、経理経験者に評判が良く、経理の経験や知識がある方や法人におすすめです。

仕訳登録の一括登録や、振替伝票入力など、経理を知っていると便利だと感じるシステムが揃っています。

スマホアプリとの連携はそれほど充実してはいませんが、銀行やクレジットカードとの連携のほか、ECサービス、クラウドソーシングとの連携もされているのが特徴です。

税理士や会計事務所での導入が多く、やはり経理経験者に特に利用されている会計ソフトとなっています。

マネーフォワードクラウド会計の詳細へ

弥生会計オンライン

インストール型の会計ソフトとして高いシェアのある弥生会計は、クラウド型の登場としては他社より少し遅かったのですが、会計ソフトの信頼度としては抜群です。

銀行やクレジットカードなどの自動取り込みも対応しています。

初心者でもわかりやすい画面である一方で、経理に慣れた人にとっては、仕訳形式での入力を選択できたり、まとめ仕訳や仕訳帳から直接取引が入力できたりなど、作業効率の良い入力ができるのがおすすめです。

また、メールやチャット、電話でのサポート体制が充実していることも特長です。

弥生会計の詳細へ

まとめ

国税庁の電子申告に対応しているおすすめの会計ソフトをご紹介してきました。電子申告は今後ますます利用度が高まっていくと考えられますので、会計ソフトを選ぶなら、電子申告対応を選ぶのがおすすめです。

業務の形態によって必要な機能が変わるので、クラウド型やインストール型の特徴を理解した上で会計ソフトを導入しましょう。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです! クラウド会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

【2020年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金