1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 確定申告
  4. 会計や確定申告をラクにする!マネーフォワードクラウドの使い方

会計や確定申告をラクにする!マネーフォワードクラウドの使い方

会計や確定申告の手間を省く、「会計ソフト」の人気は高まっています。そこで今回は、会計ソフトの中でも多くの会計事務所が使っており、顧問先に1番進めたいと言っている、「マネーフォワードクラウド会計」と「マネーフォワードクラウド確定申告」について紹介します。

【2019年最新】 ▼当サイトで利用者の多い、確定申告時におすすめのサービス!

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日 です。

この記事の目次

マネーフォワードクラウド会計」とは?


マネーフォワードクラウド会計」は、資産管理・家計管理ツール「マネーフォワード ME」で有名な「マネーフォワード」が提供する会計ソフトです。

まずは「マネーフォワードクラウド会計」とは、どのようなサービスなのかについて知りましょう。

仕訳の自動化を実現

マネーフォワードクラウド会計」では利用者の口座やクレジットカードなどの情報を同期させることにより自動で仕訳を行う機能です。

一つ一つ手動で仕訳を行う必要がないため経理作業にかかる時間を大幅に削減することができます。

「仕訳ルール学習」という機能によって今までのデータに基づいて、仕訳を行わせることで精度を上げることも可能です。

仕訳の一括登録が可能

マネーフォワードクラウド会計」では仕訳を最大50件一括登録することが可能です。他の人気会計ソフトの「freee」、「やよいの青色申告」では仕訳の一括登録を行うことはできません。

マネーフォワードクラウド会計」だからこそできることです。まとめて経理作業を行いたい方などにとっては魅力的な機能でしょう。

どのプランでも招待人数が無制限

他の会計ソフトと異なり、「マネーフォワードクラウド会計」はどのプランでも招待人数が無制限です。

また、一般的には人数を追加する上で追加料金を払わなければいけません。しかし、「マネーフォワードクラウド会計」では無料で追加することができます。

複数の人が使うことが想定される法人向けの会計ソフトにおいて招待人数が無制限かつ無料であることは大きなメリットでしょう。

マネーフォワードクラウド会計の詳細へ

マネーフォワードクラウド確定申告」とは?

クラウドソージングや広告収入で稼ぐ個人事業主の方におすすめしたいのが「マネーフォワードクラウド確定申告」です。このソフトでの確定申告の機能や、確定申告の方法、申告時の注意点について解説します。

個人事業主向けサービスとの連携が多い

マネーフォワードクラウド確定申告」は個人事業主を対象とした経理と確定申告のソフトです。個人事業主がこのソフトを使うべき理由の一つに連携サービスの多さがあります。

マネーフォワードクラウド」は、連携サービスの数が国内で最も多いという特徴があります。各クラウド会計ソフトの連携サービス数は以下の通りです。

クラウド会計ソフト 連携サービス数
マネーフォワードクラウド 88社
クラウド会計ソフトfreee 30社
やよいの青色申告 26社

税金の知識を付けたい副業サラリーマン必見。確定申告について解説

freee」と「やよいの青色申告」にはない連携サービスの一例がクラウドワークス、ランサーズ、A8.net です。どれも、フリーランスとして活躍する個人事業主がよく利用しているサービスでしょう。

マネーフォワードクラウド」では個人事業主を対象とするこれらのサービスの取引データの自動読み込みができます。今まで経理作業に使っていた時間を私生活や新たな仕事に費やすことも可能でしょう。

マネーフォワードクラウド」はフリーランスとして活躍する方におすすめです。

マネーフォワードクラウド確定申告の詳細へ

マネーフォワードクラウド確定申告」での申告の方法

マネーフォワードクラウド」で申告を行うには5つのステップが必要になります。

1つ目が必要な資料の収集、2つ目が基本設定の確認、3つ目が収入と収支の入力、4つ目が受領漏れなどがないかの最終確認、5つ目が申告書の作成です。

ここでは最初の3つのステップについて具体的に説明します。

必要な資料の収集

確定申告に必要な資料は大きく分けて2種類です。1つ目が決算書作成のための資料、2つ目が確定申告書作成のための資料です。

決算書作成のために必要な資料とは、収入と支出に関する資料を指しています。具体的には支払調書や請求書または不動産所得などの売上関連の書類、領収書や通帳の明細といった経費に関する書類です。

これらの書類は申告後も保存が義務付けられており、取り扱いに気を付けなければいけません。

白色申告では、法定帳簿と言われる収入金額や必要経費を記載した帳簿は7年間、領収書や請求書は5年間保存することが義務化されています。

対して、青色申告では仕訳帳、決算関係書類、領収書や請求書などの関係書類を7年間保存することが義務付けられています。

基本設定の確認

申告特に、青色申告の場合はいくつかの準備が必要になります。「マネーフォワードクラウド確定申告」で申告を行う場合、事前に設定を行う必要があるのが、開始残高の登録です。

開始残高とは、年度の開始時点での資産や負債を記入する箇所です。ちなみにその年に開業した場合は開業した日付での資産と負債を入力します。

青色申告の65万円の控除を受けるためには、開始残高の入力を必ずしなければなりません。

収入と収支の入力

既に連携口座・サービスを登録していれば、それぞれの口座・サービスの取引の仕訳は自動的に終わっているでしょう。

そのため、残りの仕訳に関しては手動で仕訳登録を行うことになります。入力方法は大きく分けて3つです。

1つ目が簡単入力、2つ目が仕訳帳入力、3つ目が振替票入力となります。家計簿のように仕訳を行いたいのであれば簡単入力、エクセルを使うような感覚で行うのであれば仕訳帳入力、どう入力するのか迷うのであれば、振替伝票入力がいいでしょう。

マネーフォワードクラウド確定申告」では請求書の作成ができない。

マネーフォワードクラウド確定申告」のデメリットをあげるとすれば、請求書の作成ができないため、別途で「マネーフォワードクラウド請求書」というサービスを使う必要があることです。

解説した通り、まず申告を行うには、決算書と確定申告書を作成するための資料を収集しなければいけません。

ここで必要になる資料の1つが、請求書です。申告後、これらの資料はできる限り紙でこれらの書類を保存することが求めらています。そのため、紙での請求書を作成する機能やソフトが必要です。

マネーフォワードクラウド確定申告」には、この機能がないため、マネーフォワードクラウド請求書を別途購入する必要があるでしょう。

マネーフォワードクラウド請求書の詳細へ

マネーフォワードクラウド」の特徴・メリット


マネーフォワードクラウド」は個人事業主や法人などに対して経理や確定申告のサービスを提供してます。

では競合企業と比べて、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。その特徴がどうして重要になるのかも合わせて解説します。

連携口座・サービスの数が一番に多く、精度も高い

2019年1月時点では、連携口座・サービスの数が多い会計サービスが「マネーフォワードクラウド」です。法人用口座については国内金融機関の95%、個人用口座に至っては100%の対応率を誇っています。

アフェリエイトなどの広告収入やPaypalのような電子決済にも対応しています。 また、連携口座・サービスの同期に関する精度も高いといわれています。ネット上でのレビューの中で精度の高さをあげる方も多いです。

また、同じくらいの連携口座・サービス数の「freee」と比べても同期エラーに伴うメンテナンスの少なさからも、実際に「マネーフォワードクラウド」の精度の高さが伺えるでしょう。

freeeの使い方とは?確定申告や会社設立で役立つ機能を紹介

どうして、連携サービスが重要なのか?

連携サービスが多いこと、同期の精度が高いことは重要です。

例えば、同期の精度が悪い場合同期エラーが起こります。同期エラーが起これば、web上で閲覧することができない、クレジットカードで行ったはずの支払いが反映されてないなどといった問題が起こります。

エラーが起きてしまうと、手動で取引の確認をせざるおえなくなり、利用者にとって大きな負担になります。フリーランスや副業などの多様な働き方が実現されている現在、そのようなサービスにも対応した会計ソフトが必要になります。

連携している口座やサービスがどのようなものであるか、その精度は高いのかはどのソフトを使うか決める上で重要になります。

3つの自動化で手間を削減

マネーフォワードクラウドは会計業務の手間を削減するために3つの自動化を実現しております。

1つ目が明細データの自動取得、2つ目が明細データの自動仕訳、3つ目がレポートの自動作成です。

1つ目の明細データの自動取得とは、提携している口座・サービスでの取引のデータの取得のことを指しています。

2つ目の自動仕訳ルールは、登録した仕訳の内容を記憶させることで、2回目以降は1回目の情報をもとに仕訳を行う機能です。この自動仕訳は自分で設定することもできます。

3つ目のレポートの作成は取引データの情報のグラフ化のことを指します。レポートの自動作成を使えば、経営状態を日々把握することが可能になるでしょう。

人事から経理まで幅広いサービスを提供

マネーフォワードは確定申告や経理のみにとどまらず、人事労務のサービスや、会社設立に関するサービス、家計簿アプリなど幅広いサービスを提供しています。

仕事から私生活までカバーしており、それぞれのサービスは連携させることが可能です。多岐にわたるサービスの提供はマネーフォワードの特徴の1つでしょう。

マネーフォワードクラウドの詳細へ

マネーフォワードクラウド」の評判は?

連携サービスの数の多さや制度の高さ、経理の手間を大幅に削減する自動化など多くの特徴やメリットが「マネーフォワードクラウド」にはあります。

これらの機能は実際にどのようなな評価を受けているのでしょうか。具体的なデータを交えて紹介します。

会計事務所が勧めるNo,1 の会計ソフト

2017年6月に行われた株式会社実務経営サービスの調査によれば「マネーフォワードクラウド」は会計事務所が勧めたいクラウド会計ソフトの部門においてNo,1 でした。

具体的にはアンケートに回答した111社の事務所のうち60社つまり34%ほどが「マネーフォワードクラウド」を使っていると語っています。有効回答件数が少な目ですが、経理・確定申告の専門家である会計事務所からこのようなアンケートを取ることは少なく貴重なデータでしょう。

申告の時間を約5分の1に短縮

マネーフォワードが自社サービスを利用する150名にインターネット調査を行ったところ、確定申告にかかる時間を平均で7.4日から1.6日、約5分の1に短縮できていることが明らかになりました。

自社サービスの確定申告に関するサービスの満足度は92%とかなり高い数値になっております。「マネーフォワードクラウド」は経理や確定申告にかかる時間の短縮を実現し、ユーザーの満足度も高いです。

料金プランとサービスごとの機能

マネーフォワードクラウド」には、法人向け、個人事業主向けまたいくつかのサービスをまとめたプランがあります。グラフも交えながら、料金やサービスごとの機能について紹介します。

法人か、個人事業主かで大きく異なるプラン

マネーフォワードクラウド」のプランはサポート体制などが、法人か個人かで大きく異なります。

ただ、それぞれ共通するのが、請求書といった確定申告で必要になるサービスや人事労務にかかわるサービスを別途のサービスを利用することが求めらことです。

法人向けプランはすべて電話サポート付き

マネーフォワードクラウド」では個人事業主向けプランの場合、あんしん電話サポート付きベーシックプランのみ電話でのサポートを、法人向けプランの場合、すべてのプランで電話でのサポートを実施しています。

確定申告が初めての方は、電話で手厚いサポートを受けられる個人事業主向けプランを活用するのも良いかもしれません。

またチャットサポートに関しては平日の10時30分から17時までご利用可能で、返答に対して2~3分程度で解答してくれるためとても役立つとの声も目立ちます。

5つのサービスを利用できるバリューパックがおすすめ

マネーフォワードクラウド」には個人事業主と法人両方を対象にしたバリューパックがあります。このバリューパックは会計ソフトに加えて、クラウド請求書、クラウド経費、クラウド給与、クラウドマイナンバーを利用することができるサービスです。

それぞれ個別に契約するよりも最大で67%お得になることや、クラウド請求書などの確定申告でも必要なサービスを利用することができるのでおすすめです。

ただ、バリューパックは利用人数によって料金が大きく異なります。あなたの企業の場合いくらになるのか、確認した上で契約しましょう。

マネーフォワードクラウド会計(法人向け)

フリープラン ライトプラン ベーシッププラン バリューパック
料金 (円/年) 年額プランはありません 21,780円 32,780円 年額プランはありません
料金 (円/月) 0円 1,980円 2,980円 3,900円
主な機能 取引登録
口座・サービス連携自動取得
決算書作成
各種仕訳入力
各種会計帳簿作成
2部門が登録可能
フリープランの全機能
仕訳データのエクスポート
ライトプランの全機能
入力済み仕訳の振り直し
登録可能な部門数が無制限
ベーシックプランの全機能
クラウド給与の利用
クラウドマイナンバーの利用
クラウド請求書の利用
クラウド経費の利用
サポート 電話 + チャット + メール
招待可能人数 無制限

マネーフォワードクラウド確定申告(個人事業主向け)

フリープラン ベーシックプラン あんしん電話サポート付きベーシックプラン
料金 (円/年) 0円 8,800円 17,200円
料金  (円/月) 0円 800円 年額払いのみ
主な機能 年間50件の仕訳 無制限の仕訳、仕訳データのエクスポート ベーシックプラン、電話でのサポート
サポート チャット(30日間のみ) + メール チャット + メール チャット+メール+電話

マネーフォワードクラウド」のデメリット

これまで解説した通り「マネーフォワードクラウド」は魅力的なサービスを提供しています。しかし、利用者によっては不便を感じる点もあるでしょう。

ここでは、マネーフォワードのデメリットについて3つ紹介します。

自動でログアウトをすることができない

マネーフォワードクラウド」は連携サービス口座が多いです。そのため、ユーザーの仕事にかかわる金銭的なやり取りや口座番号などの個人的な情報がマネーフォワードクラウドに集まるでしょう。

極めて重要な情報を取り扱う「マネーフォワードクラウド」ですが、自動でログアウトをすることができません。「freee」などの会計ソフトでは、セキュリティー対策のために、自動ログアウトをするようになっております。

ただ、公式サイトによれば定期的に外部のセキュリティ評価会社の第三者評価を受け、セキュリティー対策の改善を行っています。そのため、今後セキュリティー面での強化も期待できるでしょう。

経理未経験者には使いにくい操作画面

マネーフォワードクラウド」の会計ソフトは操作する中で「借方」や「貸方」などといった専門知識が出てきます。経理経験者にとっては、スムーズに操作できるような画面です。

しかし、経理未経験者にとって、専門用語の意味を調べながら進める必要のある「マネーフォワードクラウド」は使いづらいかもしれません。

freeeは会計の専門知識がなくても利用しやすいです。freeeに関しても知りたい方はこの記事を読むことをおススメします。

freeeの使い方とは?確定申告や会社設立で役立つ機能を紹介

仕訳などの経理業務ができないスマホアプリ

マネーフォワードクラウド」にはスマホアプリもあります。スマホアプリでは、口座残高、損益グラフ、キャッシュフローグラフの閲覧が可能です。

しかしスマホアプリを通じて仕訳登録などといった経理作業を進めることはできません。スマホアプリでできることがある程度限られてしまっているため、少し空いた時間に経理を効率よく進めることは難しいでしょう。

まとめ

法人向け、個人事業主向けの会計ソフトを提供する「マネーフォワードクラウド」は、経理や確定申告で役立ち、それぞれの業務にかかる時間の大幅な短縮を実現するでしょう。

連携口座やサービスの多さ、同期の精度が高いため、快適に利用できクラウドソージングを使って働く方などにもおすすめです。

是非これらのサービスを利用して確定申告を効率的に行い、本業に集中しましょう!

マネーフォワードクラウドの詳細へ

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 市役所に提出しなければいけない書類について

    法人をやっていく上で、市役所に税金などで必要な書類をたくさん用意しなくてはいけないと思うんですが、どんな書類が必要なのかがよく分かりません。またひとつの県...

    20代 / 男性 / 島根県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 税率について教えてください

    法人税は法人が儲けたもので所得に対して増える税金のことだと現代社会の授業で習いました。税といっても住民税や事業税などたくさんのものがあります。私たちは消費...

    20代 / 女性 / 長崎県 / 年収 300万円以下 / 独身

確定申告の人気記事

カテゴリ

税金

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり