1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. 相続税
  4. 相続税を節税して子供に資産を残そう。税制の仕組みと知識

相続税を節税して子供に資産を残そう。税制の仕組みと知識

相続税を節税するには、相続税の仕組みについて知らなければいけません。そこで、相続税とその節税方法について解説します。子供により多くの資産を残すためにも、できるだけ早いうちから節税を意識した資産管理を始めましょう。

【2019年最新】 ▼ 当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

この記事の目次

相続税とは?

『相続税』は、遺産相続したときに課税される税金です。相続税は遺産がいくら以上になったときに、どのくらい課税されるのでしょうか?相続税の課税基準と税率について解説します。

いくら以上の資産にかかるの?

相続税の課税基準としていわれるのが、『遺産総額3600万円』です。3600万円より遺産総額が多ければ、相続税が課せられる可能性があります。

相続税の基礎控除額の計算式は『3000万円+600万円×相続人数』です。相続人が1人の場合、基礎控除額は3600万円になります。そのため、遺産総額3600万円が1つの基準と考えられるのです。

相続税がどのくらい課税されるか詳しく知りたいなら、上記の計算式に相続人数を当てはめて計算してみましょう。

また、生命保険金や死亡退職金には、別途非課税限度額が設けられています。こちらは『500万円×法定相続人数』で計算可能です。

税率は課税対象金額による

相続税の税率は、課税対象金額によって変わります。基礎控除額を差し引いた遺産総額によって税率が決まるのです。

  • 1000万円以下:10%
  • 3000万円以下:15%
  • 5000万円以下:20%
  • 1億円以下:30%
  • 2億円以下:40%
  • 3億円以下:45%
  • 6億円以下:50%
  • 6億円超:55%

相続税は、遺産総額が多くなるほど税率が高くなるのが分かるでしょう。

現金を持っている場合の節税対策

財産の多くを現金で持っている場合、その金額がそのまま財産の価値として計算されます。そのため、相続税額が膨れ上がる可能性があるのです。より多くの資産を子供に残したいなら、できるだけ早い段階で節税対策をしましょう。

計画的に暦年贈与をしよう

『暦年贈与』は、1月1日~12月31日の1年間の贈与額が110万円以下なら贈与税がかからない制度です。

贈与額は、贈与を受ける側を基準に考えます。例えば子供が贈与を受ける場合、父から70万円・母から40万円贈与されると、暦年贈与の上限額に達することになるのです。

暦年贈与を行うときには、客観的に取り決めしたことが分かるように、契約書を作成します。自署・実印での押印・確定日付の取得があると確実です。

契約書作成後は、通帳に記録が残るように贈与を行います。このとき注意したいのは、『連年贈与』とみなされないように、贈与の時期や金額を毎回変えることです。

子供が成人なら結婚・子育て資金を贈与

子供が成人しているなら、結婚・子育て資金の一括贈与を行うことでも相続税の節税ができます。子供が20歳以上50歳未満の場合に限り、1000万円までの贈与が非課税になるのです。

結婚・子育て資金の一括贈与をするためには、まず専用の口座を開設し、金融機関を通じて『結婚・子育て資金非課税申告書』を提出します。そして、結婚・子育て資金として使ったことが分かる領収書などを、金融機関に提出しなければいけません。

現金が多い場合は相続時精算課税制度を

『相続時精算課税制度』を利用すると、親から子供への贈与が2500万円まで非課税になります。注意しなければいけないのは、相続時に贈与された金額を含めて相続税が計算されることです。

この制度が効果的なのは、下記のようなケースです。

  • 値上がりが予想される株式など有価証券を贈与する
  • 賃貸収入があるアパートやマンションを贈与する

贈与時よりも相続時に値上がりしていたとしても、相続税の計算に用いられるのは贈与時の価格になります。また、賃貸収入は贈与された人のものになるので、親の持つ現金が増え続けるのを防ぐことが可能です。

土地を持っている場合の節税対策

土地の相続税が支払えないと、せっかく相続しても土地を手放さなければいけません。そこで、土地の相続税を節税するのに役立つ方法を紹介します。

土地を分割すると節税になるケースがある

土地の相続税を節税する方法として、1つの土地を2つに分ける方法があります。土地の評価方法である路線価を利用して、土地の評価額が低くなるようにするのです。

路線価とは、道路に面する宅地1平方mあたりの評価額のことで、この価格に土地の面積をかけると土地の評価額が求められます。路線価方式による土地の評価額を下げる主な方法は、下記の通りです。

  • 道路に面する間口の狭い旗竿地になるように分割する
  • 角地と角地でない土地になるように分割する

このように土地を分割することで、相続税の節税につながります。またこの方法は、相続が開始してから行うことも可能です。

小規模宅地等の特例が適用になるかチェック

『小規模宅地等の特例』を使うと、土地の評価額を80%か50%に下げられます。ただし、この特例は非常に要件が複雑なので注意しなければいけません。

特例が適用される土地の種類は、大きく3つです。

  • 特定居住用宅地等(住宅として使用していた宅地)
  • 特定事業用宅地等(事業用に使っていた宅地)
  • 貸付事業用宅地等(賃貸していた宅地)

それぞれの土地で特例を使える人や減額される割合、限度面積が決められています。例えば特定居住用宅地で80%減額の特例が認められるのは、配偶者・同居親族・その他条件を満たす親族(配偶者も同居親族もいない場合)で330平方m以下の場合です。

アパートやマンションを経営する

土地を持っている場合には、アパートやマンションの経営が相続税の節税につながります。その理由は主に3つです。

  • アパートやマンションの評価額は購入時よりも安く判断される
  • アパートやマンションの建つ土地は評価額が安くなる
  • ローンを組むことで遺産総額を減らせる

土地や不動産の評価額の計算方法、相続税の計算方法を知ることで、効果的に相続税の節税ができます。

まとめ

財産を多く持っているなら、相続税対策を早めに行いましょう。何も対策しないでいると、膨大な相続税の支払いで子供に思うように財産を残せません。

贈与が一定額まで非課税になる『暦年贈与』や『結婚・子育て資金の一括贈与』、土地を持っているなら、『分割』『賃貸経営』『小規模宅地等の特例』などで節税可能です。時間のかかる対策が多いので、生前から計画的に行動しましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 繰越欠損金について教えてください

    平成30年4月1日以降、繰越できる欠損金は10年になりました。例えば1年目に100万円の赤字を出してしまい、その後2年目から10年目まで毎年1万円ずつ利益...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

  • 正社員の辞めた時の税金について

    まず、私は精神病にかかってしまい、休職の診断書を提出しました。 そうしたら、会社からクビではなく、自主退職しろと言われてしまい、 休職することができません...

    30代 / 男性 / 千葉県 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 個人事業主から法人になるタイミング

    個人事業主から法人に変更するタイミングはいつが良いのか教えてください。 個人事業主の利益(個人事業主の所得)がいくら以上なら法人に成った方がいいのかを具...

    30代 / 男性 / 愛知県 / 年収 1001万円以上 / 独身

相続税の人気記事

カテゴリ

税金