1. Fincyトップ
  2. 税金
  3. YouTubeの税金。動画配信の収入の税金とその節税法

YouTubeの税金。動画配信の収入の税金とその節税法

今話題のYouTubeは「動画配信サービス」です。Youtubeは色々な動画の閲覧もできますし、自宅で撮影しYouTubeに投稿するだけで収入が得られてしまうというものです。この記事では、気になるYouTubeで得た収入も税金がかかるのか?税率はどのくらいなのか?などの疑問を徹底的に解説します。

この記事の目次

今話題のYouTube

YouTubeが創立されたのは2005年と最近のようなイメージがありますが、スマートフォンの普及と共に小学生から大人まで利用される大人気の動画配信サービスに成長しました。Youtubeで動画撮影をして、動画配信をすることで企業からお金をえる「Youtuber」と呼ばれる人たちも現れ始めました。

そんなYouTubeで収入を得る方法は大きく分けて2種類あります。

広告収入

広告収入とはYouTubeで動画を視聴する前や間に流れる広告で得る収入のことで、テレビでいうコマーシャルのようなものです。

広告の長さにもよりますが、1回およそ0.1円の収入になるといわれています。とても少ないようにも感じますが、10,000再生されると約1,000円の収入になります。閲覧時間が長く良い動画を撮影している人だとこの0.1円という金額が変わってくるとも言われています。

また、商品紹介の動画内で取り上げた商品のリンクを概要欄に掲載し、そこから購入などを行われた場合「アフィリエイト広告」という形で収入をえるパターンもあります。

企業による案件

企業による案件とは企業が宣伝したい商品をYouTuberにお願いし、動画の中でYouTuberが商品の宣伝をするというものです。視聴率の高い人気のYouTuberに案件がくることが多いようです。

その他、テレビ出演やイベントの参加などで得る収入もありますが、動画配信によって得た収入はどのくらい税金を払うことになるのでしょうか?そんな難しい税金の事情をわかりやすく解説します。

わかりやすい所得税の解説

所得税とは一般に会社勤めされている場合、給与から健康保険料や年金などの必要経費や所得控除(一律で38万円マイナスすることができる)を差し引いたときに、残った個人の利益に対してかかる税金のことです。

一方、自営業などの場合は、事業にかかった金額を差し引いた事業利益に所得税がかかります。YouTubeで動画を配信している場合はほとんどの方がこちらに当てはまります。

所得金額の税率

所得税は人それぞれ納税する額が違いますが、その納税額には累進課税という制度で決まります。累進課税制度というのは、所得額が大きくなるにつれて納税額も増えていくという制度です。その税率は5%~45%の中で変わります。

所得税率早見表

所得額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
~330万円以下 10% 9万7500円
~695万円以下 20% 42万7500円
~900万円以下 23% 63万6000円
~1800万円以下 33% 153万6000円
~4000万円以下 40% 279万6000円
4000万円~ 45% 479万6000円

出典:No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

YouTube の確定申告

YouTubeを使い個人で動画を配信している人の場合、上記の所得税額を自分で計算して税務署に申告しなければなりません。このように、年に1度所得額を申告することを確定申告といいます。

もちろんこれは税理士の人に依頼すれば自分で一から確定申告書類を作る必要はありません。自分で確定申告を行う場合は、「自動会計ソフト freee(フリー)」「MFクラウド会計」といった会計ソフトを利用することをオススメします。仕訳を最初だけ入力していれば後から自動で仕訳をしてくれる優れものです。

freeeの使い方とは?確定申告や会社設立で役立つ機能を紹介

会計や確定申告をラクにする!マネーフォワードクラウドの使い方

MCNの事務所に所属している人の確定申告

YouTuberの中にはUUUM、ジェネシスワン、VAZなどのYoutuberのイベントや細かい調整をしてくれる事務所に所属している方も多いので、全てのYouTuberが自分で確定申告しているとは限りませんが、フリーで動画配信している方の場合は自分で確定申告を行います。

確定申告には2種類の申告方法があり、それぞれ収入額に合わせてどちらかを選択します。しかし、確定申告は専業の場合の所得が38万円以下、副業の場合は20万円以下の場合は申告する必要はありません。

青色申告

青色申告は複式簿記方式で毎日自分で帳簿をつけて申告する方法で、これにより基礎控除38万円に加えて最高で65万円の特別控除が受けられる申告方法です。かなり節税になりますが、計算が細かく難しいというデメリットもあります。

そんな方は簡易簿記という方法で申告すると控除額は少なくなりますが10万円を課税所得から引くことができます。

YouTubeの収入額がかなり増えてきた方や立派な事業として成り立っている場合は青色申告することでメリットが多いです。

白色申告

白色申告は青色申告に比べて所得計算は簡単な帳簿でよいのですが、そのかわり特別控除などが受けられません。一般的に収入が少ない方や事業を始めたての方が多く行う申告方法です。

YouTubeの経費節約法

総所得のうち必要経費には所得税がかからないので、経費が多ければ多いほど納める所得税は減ります。そう考えると、「経費として必要なものは高いものを選んだ方が節税になるかも?」と思いがちですが実は違うのです。

必要経費とは

YouTubeで考えてみると、動画を撮影するときに必要な道具などの費用を必要経費といいます。動画の中で高いお金を必要経費として使えば節税になると考えてしまいますが、結果としては必要経費は最低限に節約した方が賢いのです。

例えば動画で利用した飲食店で普段なら2,000円で済むところを経費になるからと10,000円使ったとします。しかし節税になるのは普段の食事との差額よりも少ない金額でしかありません。

節税を意識して高いものを選ぶより、必要でも抑えられる部分(用紙・ペン・ボードなど)ではコストを最小限に抑える方が利益が生まれやすい節約方法といえます。

経費と認められるもの

YouTubeの動画配信に必要なものが経費になります。例えば動画を配信するのに必要なカメラやパソコンなどの通信機器や動画で使われる飲食代、旅費などです。

  • 動画配信するときのカメラ・パソコン
  • Wifiなどの通信機器
  • 飲食店にいくときの飲食代
  • 旅系の動画のときの旅費
  • ゲーム実況などのゲーム機

さらにはYouTube特有なのがいわゆるゲーム実況動画で使われるゲーム機なども経費になります。

自宅撮影で家賃も経費に

YouTubeで収入を得ている人はほとんどが自宅での撮影になります。家賃全額ではありませんが一部が経費として認められています。その他光熱費など仕事に使っている割合に応じて何割かを経費とすることができるのです。

まとめ

YouTubeの税金の事情から必要経費まで解説しましたが、YouTubeの企画でよく行われますが、普通の人は経費としてつけることができない「ゲーム機まで経費になる」というのは驚いた方も多いのではないでしょうか。

Youtuberは最近できたばかりの職業でその実態を知らない方も多いと思いますが、インターネットが普及してきた現代を象徴する職業といえます。最近では小学生のなりたい職業ランキング上位になっています。

しかし、そのような夢のある職業でもYouTubeで得た収入に対しても税金はかかるため、一定以上の収入を得ている方は確定申告をするのを忘れないようにしましょう。

【2018年最新】当サイトの登録の多い、所得税などの節税対策のためサイト

  1. 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  2. 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)
  3. 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」 「税理士に相談できる 「税理士ドットコム
  4. 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 税理士ドットコム
  5. 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス Misoca(みそか)

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

消費税、住民税、所得税、相続税、固定資産税など税金は沢山あり、支出と含めて計算しなければ家計を 圧迫するものです。

税金を考慮した将来の家計を立てなければ、住宅の購入、保険の加入はしにくいものです。 ライフプラン・家計簿を作成して、長期的に管理しましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

税金の人気記事

カテゴリ

税金