安心の情報セキュリティについて

Fincyでは、
金融機関レベルの情報セキュリティインフラを構築しています

256bitSSL暗号化通信

Fincyのウェブサイト上で入力し送信されるあらゆるデータは、暗号化技術として事実上の世界標準である128bit(最大256bit)SSLにより通信データを暗号化し、 お客さまの大切な情報の漏洩・盗聴・改ざんを防止しています。 また、第三者が診断する結果でも、安全性診断として最高の評価を得られています。

グローバルサイン公式サイト

※SSL暗号化通信とは
SSLはインターネット上で交わされるデータを暗号化することで、内容を他人に知られないようにする規格です。ネットワーク上を流れるお客さまの情報は、暗号化技術としては事実上の世界標準であるSSLにより暗号化し、保護されます。使用のブラウザーによって異なりますが、壊れていないカギやロックが表示されると、SSLが動作していることを示しています。 ブラウザーに表示されるURLを見ることで、さらに安全が確認できます。安全なサーバーにアクセスすると、表示されるURLの最初の文字が「http」から「https」に変わるはずです。

データの保護

送信され保存されたお客さまの情報は、すべて不可逆的に暗号化されており、情報共有におけるグローバルスタンダードの安全性を提供しています。

ファイアーウォール

お客さまの情報管理に使用するサーバーは、ファイアウォールによって外部からの侵入を防止しております。

サーバーシステムの管理体制

当社のサーバは、各サーバーの二重化、データのバックアップを行うことで万一サーバーに障害が発生した場合でも、的確に対応し復旧する体制を整えております。

無料で試してみる