ローン

弁護士に自己破産か死ぬかを選択しなさいと言われました

50代 / 男性 / 兵庫県 / 年収 300万円以下 / 独身

現在、住宅ローンの残債が1400万円あり、医師から鬱病と統合失調症で仕事はできないといわれていますので実質収入は0円です。
そのために昨年4月に建てた野立ての太陽光設備と土地とを売却し且つ司法書士と相談しサービスサーからの決済を待っているところです。
また、それ以外にも車のローンや自宅の屋根と倉庫の屋根に太陽光を設置しており毎月のローンの返済は住宅ローンを加えると25万円くらいになります。
弁護士に相談すると自己破産か死ぬかどちらかを選択しなさいといわれました。
自己破産せずに死なずに行きぬく方法はないものでしょうか....よろしくお願いします。

専門家からの回答

中々鬼畜な弁護士さんですね。
住宅の売却は難しいのでしょうか? 残債以上の値段で売却できる見込みがあれば、 現金が無くても売却できる可能性があります。

2017年5月31日 4時10分

この投稿は、2017/5/30時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「ローンに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。

関連度の高いカテゴリーから探す

注目の相談

住宅ローンの人気相談