1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンは一括返済がお得なの?メリットとその方法を徹底解説

カードローンは一括返済がお得なの?メリットとその方法を徹底解説

カードローンは一括返済がお得なのでしょうか。本記事では、カードローンを一括返済した場合のメリットや、どの程度の利息が減額できるかなどをわかりやすく解説します。また、実際に一括返済する場合の具体的な方法や、注意点なども知っておきましょう。

この記事の目次

カードローンの返済方法とは

カードローンは返済方法と返済方式(※)により、返済期間や総返済額が大きく変わります。まず、返済方式についてみていきます。

(※月々の返済額を決めるための計算方式をいいます)

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式は、カードローンの代表的な返済方式です。借入残高に応じて毎月の返済額が決まるもので、借入残高が減るにつれて毎月の返済額も減り、借入残高が増えると毎月の返済額も増えます。

下表は、『イオン銀行カードローン』の毎月の返済額を示したものです。借入残高20万円の場合、毎月の返済額は5,000円です。

返済により借入残高が10万円以下になると、毎月の返済額は3,000円に減ります。以降も借入残高の減少に伴い返済額が減っていきます。追加の借入により残高が増加すると、毎月の返済額も増えます。

 前月末日の借入残高  毎月返済額
 3万円以下  1,000円
 3万円超 5万円以下  2,000円
 5万円超 10万円以下  3,000円
 10万円超 20万円以下  5,000円

(※借入限度額20万円超800万円以下については、省略しています)

ご返済方法 |カードローン|カードローン・各種ローン|イオン銀行

元金がなかなか減らない

残高スライドリボルビング方式では、返済を続けると毎月の返済額も減少するため、なかなか返済が進みません。さらに、毎月の返済額に利息を含めているカードローンが多く、なかなか借入残高が減りません。

たとえば、借入残高10万円以下の毎月返済額が3,000円であるカードローン(金利年15.0%)で、10万円を借りるとします。3回目までの返済を、シミュレーションツールを使い計算すると以下の結果となります。

返済回 毎月返済額
(元金返済分+利息)
元金返済分 支払利息(※) 当月残高
1回目 3,000円 1,750円 1,250円 9万8,250円
2回目 3,000円 1,772円 1,228円 9万6,478円
3回目 3,000円 1.795円 1,205円 9万4,683円

(※利息は返済日を30日毎として計算し、1円未満を四捨五入しています)

毎月の返済額3,000円のうち1,000円以上が利息の支払となり、元金は合わせて5,317円しか返済できません。

返済シミュレーション案内画面

一括返済もできる

多くのカードローンは、定期的な返済のほかに一括返済が可能です。一括返済とは、借りている元金のすべてと利息をあわせた金額を、一括で返済することをいいます。

一括返済のメリットとは

一括返済した場合のメリットについて説明します。

支払う利息を大幅に削減できる

一括返済の最大のメリットは、利息を大幅に削減できることです。カードローンの利息は、借りた日数分だけ計算する日割り計算で算出します。したがって、借入日数が長いほど利息が増えます。

たとえば、金利年18.0%で10万円を借りたとします。30日後に一括返済する場合と、毎月1回の返済で6カ月後(1カ月を30日とする)に完済する場合をそれぞれ計算すると、以下の結果となります。(1円未満は四捨五入)

30日後に返済:総返済額10万1,479円、うち利息分1,479円
6カ月後に返済:総返済額10万5,312円、うち利息分5,312円(毎月返済額1万7,552円)

30日後に一括返済すると、3,833円の利息を削減できます。

返済シミュレーション案内画面

返済期間が短くなる

一括返済後は返済を続ける必要がなくなります。返済期間の短縮には利息の削減以外に、返済時のATM手数料などの節約や返済の手間、精神的負担がなくなるといったメリットもあります。

今後の審査が有利になる

一括返済により、今後の審査が有利になります。ローンやクレジットカードなどの審査では、信用情報をもとに個人の返済能力を判断します。

信用情報とは、ローンなどの契約内容や返済状況といった、信用取引に関する事実を示す情報で、借入残高の情報も含まれています。一括返済により借入件数、および借入残高が減ることは、審査にプラスの影響を与えます。

加えて、完済実績があることは、返済管理がきちんとできると評価され、審査に通る可能性が高まります。

信用情報とは |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

一括返済の利息を計算してみよう

一括返済した場合の利息を計算してみましょう。

一括返済しないケース

まず比較のために以下の借入条件で、一括返済しないケースをみていきます。
借入金額:30万円、金利:年18.0%、借入残高30万円以下:毎月返済額1万円

完済までをシミュレーションツールを使い計算すると、返済回数41回、総返済額40万1,523円、うち利息が10万1,523円となります。

ご返済シミュレーション|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

半年後に一括返済するケース

上記の借入を5回目までは毎月1万円を返済し、半年後に一括返済するケースを下表にまとめました。返済5回目までは、シミュレーションツールにより計算しています。5回目の返済から30日後に一括返済を行う場合の利息を計算します。

27万1,660円×0.18÷365日×30日=4,019円(1円未満は四捨五入)

完済までの支払利息が2万5,679円となり、一括返済しないケースと比べて7万5,844円の利息を削減できます。

 支払回  返済額  元金返済分 支払利息  借入残高
 初回 1万円  5,500円  4,500円  29万4,500円
 2回目 1万円  5,583円  4,417円  28万8,917円
 3回目 1万円  5,667円  4,333円  28万3,250円
 4回目 1万円  5,752円  4,248円  27万7,498円
 5回目 1万円  5,838円  4,162円  27万1,660円
 一括返済 27万5,679円  27万1,660円  4,019円  0円
合計 32万5,679円  30万円 2万5,679円  0円

ご返済シミュレーション|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

1年後に一括返済するケース

下表は上記の借入を、1年後に一括返済するケースをまとめたものです。11回目までの返済は、シミュレーションツールにより計算しています。一括返済を11回目の返済から30日後に行うとして利息を計算します。

23万4,746円×0.18÷365日×30日=3,473円

完済までの支払利息が4万8,219円となり、一括返済しないケースと比べて5万3,304円の利息を削減できます。

支払回 返済額 元金返済分 支払利息 借入残高
5回目まで 5万円 2万8,340円 2万1,660円 27万1,660円
6回目 1万円 5,926円 4,074円 26万5,734円
7回目 1万円 6,014円 3,986円 25万9,720円
8回目 1万円 6,105円 3,895円 25万3,615円
9回目 1万円 6,196円 3,804円 24万7,419円
10回目 1万円 6,289円 3,711円 24万1,130円
11回目 1万円 6,384円 3,616円 23万4,746円
一括返済 23万8,219円 23万4,746円 3,473円 0円
合計 34万8,219 30万円 4万8,219円 0円

ご返済シミュレーション|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

一括返済にデメリットはないのか

一括返済にはメリットばかりで、デメリットはないのでしょうか。

生活費を圧迫しないように注意が必要

一括返済により、生活費を圧迫しないように注意しましょう。普段の生活がギリギリの状況で一括返済をすると、生活費の不足から再びカードローンを利用する可能性があります。

家計にゆとりと、ある程度の貯金ができてから一括返済を考えましょう。

カードローン会社は一括返済を好まない

カードローン会社は、一括返済を好まない傾向にあります。なぜなら、利用者が支払う利息や手数料を収益としているからです。一括返済をすると次回の借入までは、カードローン会社との取引がない状態となります。

また、完済をきっかけにカードローンの解約をする人もいます。どちらにしても、カードローン会社は、これまで定期的に得ていた収益を失います。

よって、利用者が長い期間をかけて返済するほうが、カードローン会社にはメリットがあるということです。

一括返済する前に確認するべきこと

一括返済をする前に、確認するべきことをみていきます。

返済後に冠婚葬祭がないか確認する

一括返済後に、冠婚葬祭の予定がないか確認しておきましょう。結婚式や祝い事などでは、まとまった出費が必要になります。一括返済をしても急な出費に対応できる、経済的余裕があるか確認しましょう。

利息が正しいか確認する

利息の計算が正しいかも確認しましょう。利息を計算する際の借入日数は、以下のような考え方が一般的です。

  • 借入日や前回返済日は、借入日数として含めない
  • 一括返済する当日は、借入日数に含める

たとえば、3月27日が前回返済日である借入を、4月10日に一括返済する場合は、3月27日は借入日数として加えず計算し14日間とします。一括返済の日程を変更すると、利息の支払額も変わるため注意が必要です。

返済額はシミュレーションツールや、自分で計算することも可能ですが、カードローン会社に問い合わせて、正確な金額を確認するほうがよいでしょう。

一括ご返済|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

一括返済の方法とは

ここでは、一括返済の方法についてみていきます。

指定された口座への銀行振込が一般的

一括返済の方法は、指定された銀行口座への振込が一般的です。まず一括返済の日程を決め、問い合わせ先へ電話、または会員ページなどから一括返済に必要な金額や振込先、振込方法などを確認します。

また、振込手数料についても忘れずに確認し、金額に不足がないようにしましょう。

一括で返すときは | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

ATMでは完済できない?

ATMで一括返済が可能なカードローンもありますが、硬貨入金に対応していないATMでは、1,000円未満の返済ができません。

そのため、店頭窓口や銀行振込などにより後日、端数を支払うか多めに返済し返金してもらうなどの対応が必要です。ATMでの返済を希望する場合は、当日迷うことがないように、事前に金融機関に問い合わせておきましょう。

銀行系カードローンの返済方法

一部の商品ではありますが、銀行系カードローンの一括返済の方法を紹介します。

みずほ銀行カードローン

『みずほ銀行カードローン』の一括返済は取引店、またはみずほ銀行の店舗で受け付けています。インターネット支店を利用している場合は、以下の電話番号へ連絡が必要です。

  • フリーダイヤル:0120 -3242-99
  • 月~金曜日9:00~21:00(当日扱いの清算手続きの受付は9:00~14:00)
  • 土・日曜日・祝日・振替休日9:00~17:00(清算手続きの受付は不可)

カードローンを全額完済するにはどうすればいいですか | みずほ銀行:FAQ

三井住友銀行カードローン

『三井住友銀行カードローン』の一括返済は、ATM・振込・SMBCダイレクト(インターネットバンキングやモバイルバンキングなど)により行えます。金額は以下のいずれかの方法で確認します。

  • 三井住友銀行カードローンプラザ:0120-9923-923への問い合わせ(受付時間:毎日9:00~21:00、1/1を除く)
  • 三井住友銀行本支店のATMでの照会
  • SMBCダイレクトでの照会

カードローン ご返済方法について : 三井住友銀行

楽天銀行スーパーローン

『楽天銀行スーパーローン』では、メンバーズデスクにログインして、インターネット返済による一括返済ができます。利用にはインターネット・モバイルバンキングに登録している必要があります。

このほかに、専用口座への振込による返済も可能です。返済額はメンバーズデスクから確認します。振込先については、楽天カードセンター(0120-730-115・月~金曜日9:00~21:00※)への問い合わせが必要です。

(※土日祝日・12/31~1/3を除きます)

よくあるご質問|楽天銀行

イオン銀行カードローン

『イオン銀行カードローン』の一括返済については、以下のコールセンターへの問合せが必要です。

  • イオン銀行コールセンターローン専用ダイヤル
    0570-000839(9:00~18:00 / 年中無休)

【イオン銀行カードローン】カードローンを一括返済できますか?|イオン銀行

消費者金融系カードローンの返済方法

一部の商品ではありますが、消費者金融系カードローンの一括返済の方法を紹介します。

アコム

『アコムのカードローン』の一括返済については以下のとおりです。

  • アコムおよび提携先ATM、インターネット、店頭、銀行振込による返済が可能
  • インターネット返済は、会員ページにログインして実施

ATMによる返済では1,000円未満の端数は、無利息残高(※)となります。清算を希望する場合は店頭や銀行振込、インターネット返済により支払えます。

(※無利息残高とは利息・手数料をつけず、支払期限の設定もない残高として取り扱う金額のことです)

【アコム公式FAQ】全額支払い(完済)したいのですがどうしたらいいですか?|カードローン・キャッシングならアコム

プロミス

『プロミスのカードローン』の一括返済額や振込口座に関しては、以下の窓口へ電話で確認ができます。

  • 問い合わせ窓口:プロミスコール 0120-24-0365
  • 返済方法:インターネット、ATM、銀行振込など

硬貨の取扱がないATMからの返済において、返金が必要な場合は、銀行振込・店頭・次回利用時の借入残高から相殺の、いずれかの方法で返金があります。

一括ご返済|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト
ご返済について|よくあるご質問・お問い合わせ|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

アイフル

『アイフルのカードローン』の一括返済は、店頭・アイフルATM・提携ATM・銀行振込により行えます。ATMによる返済で、1,000円未満の端数が返済できなかった場合は無利息残高となり、店頭窓口や銀行振込で支払えます。

必要以上の金額を返済した場合は店頭、銀行振込、郵送、次回の利用の際に相殺の、いずれかの方法で返金があります。なお、端数の支払と返金を希望する場合は、会員専用ダイヤル(0120-109-437)への連絡が必要です。

一括で返すときは | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

まとめ

残高スライドリボルビング方式は、カードローンで最も多い返済方式です。毎月の返済が楽な反面、設定された返済のみでは完済までに長い期間を要し、利息が大きく膨らみます。

利息を抑えるには、一括返済が最も効果的です。ただし、再度の借入を防ぐために、無理をせずしっかり検討してから行いましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 24日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり