1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンとキャッシングの違いを解説。どちらを利用すべき?

カードローンとキャッシングの違いを解説。どちらを利用すべき?

本記事では、カードローンとキャッシングの違いをはじめ、借入にはカードローンとキャッシングのどちらを利用するとよいのか、詳しく解説します。さらに、おすすめのカードローンや、キャッシングができるクレジットカードを紹介します。

【2018年最新】 ▼ 当サイトの登録の多いキャッシング・カードローンサービス

この記事の目次

カードローンとキャッシングでできること

カードローンとキャッシングにおいて、それぞれできることを説明します。

どちらもお金を借りるサービス

カードローンとキャッシングは、どちらもお金を借りるサービスです。お金が必要になったときに、インターネット・ATMなどを利用して借入ができます。

本来キャッシングは、お金を借りるサービス全般を指す言葉ではありますが、クレジットカードを使ってお金を借りることを、『キャッシング』と呼ぶのが一般的となっています。

カードローンとは

カードローンとは、具体的にどのようなサービスなのでしょうか。

個人向けの無担保ローン

個人向けローンには、土地や家などを担保にしてお金を借りる有担保ローンと、担保なしでお金を借りられる無担保ローンがあります。

カードローンは『個人向け無担保ローン』です。無担保ローンは審査時に担保を確認する必要がなく、有担保ローンに比べ契約までがスピーディーに行われます。

ただし、担保がないことから、審査では個人の信用情報が重要視されます。加えて、返済が滞った場合には金融機関のリスクが大きくなるため、有担保ローンと比べると、金利が高めのものが多くなります。

限度枠内なら何度でも借りられる

カードローンは借入金を返済しながら、限度額の範囲内であれば何度でも借入が可能です。

たとえば、借入限度額が50万円のカードで、すでに20万円借りているとします。借りている20万円の返済中であっても、借入限度額内である残り30万円までは、新たな借入ができます。

そして、返済日に5万円返済したとすると、借りられる金額は5万円増えて35万円となります。

銀行系と消費者金融系

カードローンの中で、銀行が提供するものを『銀行系カードローン』、消費者金融会社が提供するものを『消費者金融系カードローン』といいます。それぞれ以下のような特徴があります。

種類 特徴
銀行系カードローン ・金利が低め
・審査基準が高め
・審査に時間がかかる場合が多い
消費者金融系カードローン ・金利が高め
・審査基準が比較的低め
・審査がスピーディー
・総量規制(※)の対象

(※総量規制とは、個人の借入総額が年収の1/3までに制限されている規制のことです。消費者金融・クレジット会社など、貸金業者からの借入が規制の対象となります)

総量規制とは | 貸金業法について

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、どのようなサービスなのでしょうか。

 クレジットカードの機能のひとつ

クレジットカードには、商品の購入代金や公共料金などを支払うショッピング機能以外に、ATMなどからお金を借りられるキャッシング機能もあります。

クレジットカードで借入するには、カードにキャッシング機能が付帯していることが条件となります。

初めてキャッシングを利用する場合は、事前にクレジットカードのキャッシング機能の有無を確認しておいたほうがよいでしょう。

もし、手持ちのカードにキャッシング機能がない場合は、カード会社に申し込み、審査を経たうえで、キャッシング機能がカードに付加されます。

ATMでいつでも借りられる

キャッシング機能があるクレジットカードを保有していれば、ATMから手軽にお金を借りられます。

カード会社はコンビニATMと提携をしている場合が多いため、いつでも簡単にお金を借りられ、急な出費にも対応できます。

カードローンとキャッシングの3つの違い

カードローンとキャッシングの違いについて、具体的にみていきます。

借入限度額の違い

キャッシングの場合、借入限度額が数万円から数十万円ほどであることが一般的です。一方、カードローンは、キャッシングに比べ借入限度額が高く、中には限度額が1,000万円以上のものもあります。

下表は、カードローンとクレジットカードをいくつかピックアップし、それぞれの借入限度額をまとめたものです。表の内容から、限度額の違いがわかります。

カードローン クレジットカード
 ・三井住友銀行カードローン
10万円~800万円
・三菱UFJ銀行バンクイック
10万円~500万円
・三井住友VISAクラシックカード
0~50万円
・Orico Card THE POINT
10万円~100万円

カードローン : 三井住友銀行<公式>
カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱UFJ銀行
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA|三井住友VISAカー
Orico Card THE POINT(高還元率のオリコカード ザ ポイント)|クレジットカードのオリコ

キャッシング枠はショッピング枠が影響

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があり、利用するうえでお互いが影響し合う関係にあります。

  • ショッピング枠は商品などの購入に利用できる限度額
  • キャッシング枠はお金を借りられる限度額
  • キャッシング枠は、ショッピング枠の一部となる

たとえば、ショッピング枠が50万円・キャッシング枠が20万円のクレジットカードの場合、カードで50万円の買い物をすると、キャッシング枠はしばらくの間0円となり利用できません。

支払日に10万円を支払うと、キャッシング枠は10万円まで再び利用可能となります。

カードローンは大口融資にも対応

カードローンは大口融資にも対応できます。ただし、消費者金融など貸金業者のカードローンの場合は、総量規制があるため注意が必要です。

銀行系カードローンには、限度額が大きいものが多くあり、総量規制の対象外なため、大口融資に向いています。

借入限度額が比較的大きい銀行系カードローンを表にまとめました。なお、借入限度額は審査結果によって、個人ごとに決められます。

 項目  みずほ銀行カードローン  イオン銀行カードローン  ソニー銀行カードローン
 借入限度額   10万円~800万円  10万円~800万円  10万円~800万円
金利(年) 2.0%~14.0% 3.8%~13.8% 2.5%~13.8%

カードローン商品詳細 | みずほ銀行
商品概要 |カードローン|カードローン・各種ローン|イオン銀行
カードローン商品詳細説明書|カードローン|MONEYKit - ソニー銀行

返済方法の違い

カードローンとキャッシングの返済方法の違いについてみていきましょう。

どちらも一括とリボ払いが可能

カードローンとキャッシングの返済方法は、どちらも一括払いとリボルビング払い(リボ払い)が可能です。

一括払いは、利用した金額を利息とあわせて一括で支払う返済方法です。一方、リボ払いは借りた金額に関係なく、毎月一定額を支払って返済していきます。

毎月の返済に関しては、以下のようになっている場合が一般的です。

  • カードローンは、リボ払いを基本とした返済
  • キャッシングは、翌月一括払いとリボ払いが選択できる返済

カードローンは追加で自由に返済が可能です。一括払いで返済したい場合は、決められた方法により、毎月の返済とは別に任意での返済となります。

繰り上げ返済の違い

繰り上げ返済とは、毎月の定期的な返済以外に借入金の一部、または全額を任意で返済することをいいます。

カードローンとキャッシングでは、繰り上げ返済をした場合、毎月の定期的な返済への対応に違いがあります。

  • キャッシングでは、毎月の返済がいつも通り必要である
  • カードローンは、毎月の返済への対応がカードにより異なる

カードローンはATMなどを利用して、自由に繰り上げ返済ができるものがほとんどです。一方、キャッシングは繰り上げ返済をする際に、事前に連絡・申込が必要な場合があります。

カードローン ご返済方法について : 三井住友銀行<公式>
ミスターカードローン - 随時返済|住信SBIネット銀行

利息の違い

カードローンとクレジットカードの利息の違いについて説明します。

カードローンのほうが金利が低い

カードローンとキャッシングの金利を比べると、カードローンのほうが一般的に金利が低い傾向にあります。

下表は、カードローン『三菱UFJ銀行バンクイック』と、クレジットカード『三菱UFJニコス一般カード』のキャッシングにおける、金利をまとめたものです。表の内容から、金利の違いがわかります。

 カード名 金利(年)
三菱UFJニコス一般カード 14.94%~17.94%
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%

利息は金利が低いほど、支払う額が少なくなります。たとえば、それぞれのカードで10万円を30日間借り、上限金利が適用された場合、利息は以下のようになります。(1円未満四捨五入)

三菱UFJニコス一般カード:10万円×0.1794÷365日×30日=1,475円
三菱UFJ銀行バンクイック:10万円×0.146÷365日×30日=1,200円

NICOSカード キャッシングご利用条件(貸付条件)|クレジットカードなら三菱UFJニコス
カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱UFJ銀行

どちらを使えばいいのか

カードローンとキャッシングは、どのような人におすすめなのでしょうか。

カードローンがおすすめの人

以下のような人には、カードローンの利用がおすすめです。

  • クレジットカードにキャッシング機能がない
  • 借りたい金額が大きい
  • 返済に数カ月以上かかる
  • 利息の支払いを抑えたい

借入元金・金利・借入日数が大きいほど、利息は増えます。利息を少しでも抑えたい場合は、キャッシングに比べて低金利であるカードローンを利用するほうがよいでしょう。

キャッシングがおすすめの人

キャッシングは、すでにキャッシング機能が付帯したクレジットカードを持っているのであれば、短期間で返済できる少額を借りる場合に利用するとよいでしょう。

たとえば、給料日前の生活費の不足分を補うケースなどです。給料が入り次第すぐに返済すれば、利息を抑えた返済が可能となります。カードローンの申込が面倒な人や、今すぐお金が必要な人などが、少額を借りる際に便利に利用できます。

初心者におすすめのカードローン

ここでは、初心者におすすめのカードローンをいくつか紹介します。

プロミス

プロミスはWebで契約が完結する『フリーキャッシング』を提供しています。Web契約はカード発行の有無が選択できるほか、条件がそろえば即日融資が可能です。

また、契約が初めての人を対象とした無利息期間が設けられています。メールアドレスの登録とWeb明細の利用で、初回利用日の翌日から30日間は無利息となります。

 項目  内容
申込条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある人(パート・アルバイトも申込可能)
融資額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%(新規契約の人が対象)
借入方法 ATM、振込(インターネット・電話)、チャージ(三井住友VISAプリペイド)、店頭

フリーキャッシング|商品・サービスのご紹介|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

アコム

アコムの『カードローン』は、インターネット上で契約までの手続きが完結します。審査結果は最短30分(※)で回答があり、即日融資が可能となっています。カードの受取方法は郵送・自動契約機・店頭のいずれかです。

また、初めての利用で、返済期日を『35日ごと』にした契約であれば、契約日の翌日から最大30日間の無利息期間が適用されます。

 項目  内容
申込条件  20歳以上で安定した収入があり、一定の基準を満たす人(パート・アルバイトも申込可能)
融資額 1万円~800万円
金利(年) 3.0%~18.0%
借入方法 ATM、振込(インターネット、電話)、店頭

(※申込方法や審査内容、申込の時間帯などにより異なります)

アコムのカードローン【公式サイト】

ミスターカードローン

住信SBIネット銀行の『ミスターカードローン』は、金利の低さが魅力のカードローンです。SBI証券口座保有登録済など、所定の条件を満たすと、金利が最大0.6%引き下げられます。

契約まではWebで完結でき、審査結果によりプレミアムコースとスタンダードコースの2つから、利用できるコースが決められます。

借入・返済に関しては、ローソン・セブン銀行などの提携ATMが、手数料無料で利用できます。

 項目 プレミアムコース スタンダードコース
融資額 10万円~1,200万円 10万円~300万円
 金利(年) 1.59%~7.99% 8.99%~14.79%
申込条件 満20歳以上65歳以下で安定継続した収入がある人
住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している人(同時申込が可能)
借入方法  提携ATM、振込(パソコン、スマートフォン、アプリ)

ミスターカードローン - 商品概要|住信SBIネット銀行

キャッシングにおすすめのクレジットカード

キャッシングにおすすめのクレジットカードを紹介します。

イオンカード

『イオンカード』は流通大手のイオンが出資する、イオン銀行のクレジットカードです。Webで契約までが完結し、カードは1~2週間程度(※)で自宅へ郵送されます。

借入・返済には、イオン銀行のATMが手数料無料で利用できます。返済については、リボ払いと1回払いから選択が可能です。リボ払いにした場合、ネットまたは電話での手続きにより、返済額の増額ができます。

 項目  内容
申込条件 18歳以上で電話連絡が可能な人(高校生は不可)。未成年者は親権者の同意が必要
融資額 300万円〜1,000円
金利(年) 7.8%~18.0%
年会費  無料
借入方法  ATM、CD、振込(インターネット、電話)

(※審査状況などによっては、1カ月ほどかかる場合があります)

イオンカード|暮らしのマネーサイト

三菱UFJ VISAカード

『三菱UFJ VISAカード』は、三菱UFJ銀行が発行するクレジットカードです。インターネット、または郵送による申込が可能です。カードは申し込み後、3週間程度で発行となり簡易書留にて届けられます。

会員専用のWebサービスを利用すると、ネットからいつでも借入ができ、最短の場合は数十秒で口座へ現金が振り込まれます。また、海外でキャッシングを利用することも可能です。

 項目  内容
申込条件  満20歳以上で安定した収入がある人、または学生
三菱UFJ銀行にスーパー普通預金、または普通預金の口座がある人
利用可能枠  10万円~100万円( 内キャッシング枠: 0~50万円)
金利(年)  14.5%
年会費  無料
借入方法 ATM・CD、振込(会員専用Webサービス)

ICクレジットカード「三菱UFJ-VISA」 | 三菱UFJ銀行

まとめ

カードローンもキャッシングもお金を借りられるサービスですが、金利や利用限度額は大きく異なります。

大きい金額の借入にはカードローンの中でも、銀行系カードローンの利用を検討してみるとよいでしょう。

キャッシング枠があるクレジットカードを保有している場合は、便利に利用できますが、金利が高めであることから、短期間で返済することが望ましいといえます。どちらを利用するにしても、計画的な借入・返済が大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン