1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. おまとめローン
  4. おまとめローンの返済。返済シミュレーションをして完済を目指す

おまとめローンの返済。返済シミュレーションをして完済を目指す

おまとめローンとは、どのようなローンなのでしょうか。おまとめローンで借入を一本化するメリット・デメリットや、シミュレーションなどについて解説します。おまとめローンを賢く利用するための返済方法や、注意点を知り完済を目指しましょう。

この記事の目次

複数の借入を一本化できるおまとめローン

複数の借入により、毎月の返済が厳しくなると、返済を続けるためにまた借入を重ね、その結果、多重債務に陥ってしまうケースがあります。複数の借入により返済が困難になる前に考えたいのが、『おまとめローン』の利用です。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借入を借換により、ひとつにまとめることができるローンです。

おまとめローンには、資金の利用目的を借入の完済のみに絞った『おまとめ専用ローン』を利用する場合と、カードローンやフリーローンのように、資金の利用目的が自由なローンを利用する場合の2つのケースがあります。

おまとめローンのメリット

おまとめローンにより複数の借入をまとめることには、次のメリットがあります。

  • 金利が低くなる場合が多く、総返済額を減らせる可能性が高い
  • 返済が毎月1回となり、返済管理が楽になる

銀行や貸金業者が融資を行う際の金利には『利息制限法』により、以下の条件が設けられています。

  • 元本の額が10万円未満の場合、金利は年20.0%まで
  • 元本の額が10万円以上100万円未満の場合、金利は年18.0%まで
  • 元本の額が100万円以上の場合、金利は年15.0% まで

たとえば、金利が18.0%や20.0%といった少額の借入が複数あり、借入合計額が100万円以上であれば、それらをひとつにまとめることにより、金利を15.0%以下に抑えられます。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンの利用はメリットばかりとは限りません。次のようなデメリットもあります。

  • 金利が低くなっても、支払う利息が増えることがある
  • おまとめローンにしても、再度借入を繰り返すことがある

現在より低金利のローンでまとめたとしても、毎月の返済額を少額にすると、完済までの返済期間が、まとめる前より長引く場合があります。返済期間が長引くほど、支払う利息は増加していくため注意が必要です。

おまとめローンのチェックポイント

おまとめローンのデメリットである総返済額の増加を防ぐには、どのような点に注意するとよいのでしょうか。

毎月の返済額と返済期間を確認

おまとめローンを検討する際は、毎月の返済額だけでなく、返済期間や総返済額を必ず確認することが重要です。たとえば、以下のようなケースをみてみましょう。

  • A社・B社・C社にそれぞれに50万円ずつ、合計150万円の借入がある
  • 金利は3社とも年18.0%
項目 借入元金 毎月返済額 返済期間 総返済額 総支払利息
1社につき 50万円 1万8,076円 3年 65万736円 15万736円
3社合計 150万円 5万4,228 円 3年 195万2,208円 45万2,208円

この3社からの借入を東京スター銀行『スターワン乗り換えローン(おまとめローン)』(金利:年12.5%・最高借入額:1,000万円)でひとつにまとめるとします。

返済期間 毎月返済額 総返済額 総支払利息
10年 2万1,956円 263万4,720円 113万4,720円
5年 3万3,746円 202万4,760円 52万4,760円
3年 5万180円 180万6,480円 30万6,480円

借入額150万円の場合は毎月返済額が2万1,956円です。この金額で返済を続けると返済期間は10年となり、金利が低いローンでまとめたにもかかわらず、全体の返済額が68万2,512円も増加することになります。

(あくまでもシミュレーションによる結果であるため、実際の返済とは異なる場合があります)

スターワン乗り換えローン(おまとめローン) | 東京スター銀行のスターワンバンクローン
【しっかり】借入返済額シミュレーション|知るぽると

金利が低い商品を探す

商品の金利を検討する際は、〇%~△%のように幅がある金利には注意が必要です。

このようなケースでは、金利の上限値が適用されると考えて、金利の比較をしていきましょう。金利年12.0%~15.0%とある場合は、金利は15.0%として考えます。

また、前述した利息制限法により、100万円以上の借入では、金利が15.0%を超えることはありません。

たとえば、アイフルの『おまとめMAX』は、金利年3.0%~17.5%ですが、100万円以上の借入では金利は年3.0%~15.0%の範囲となります。この点にも注意し、金利が低い商品を探しましょう。

貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[おまとめMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

借入の総額はいくらになるか

各ローンには、借りられる限度額があります。申込前にまとめる借入の総額がいくらになるのかを把握し、おまとめローンで借りられる金額であるかどうかを、チェックしておくことが必要です。

借入可能額は審査によって個人ごとに決められるため、必ずしも限度額の最高額が借りられるわけではありません。申し込む前に、できるだけ現在の借入を返済して、まとめる金額や借入件数を減らしておくことも大切です。

賢く返済して損をしないようにする

おまとめローンを賢く利用するために、返済方法や返済手段についてみていきましょう。

おまとめローンの返済方法

おまとめローンの返済方法には、毎月の返済のほかに繰上返済ができる場合があります。毎月の返済は元金と利息の返済に充てられますが、繰上返済は返済額がすべて元金の返済に充てられるため、借入残高を減らすのに非常に有用です。

利息は『借入残高×金利(年)÷365日×利用日数』で計算されるので、借入残高を減らすことは、利息を減らすことにつながります。したがって、積極的に繰上返済をすることで効率的に利息を減らせます。

手数料も考慮すべき

おまとめローンの返済には、主に次のような返済手段があります。各ローンによって、利用可能な返済手段や手数料は異なります。

  • 銀行口座からの自動引落し
  • ATMを利用した返済
  • インターネットバンキングによる返済
  • 指定口座への振り込み

返済先の自社ATMを利用すると、手数料無料の場合が多くなります。

提携ATMによる返済は、108円~216円ほどの手数料がかかる場合や、『イオン銀行カードローン』や『オリックス銀行カードローン』などのように、手数料無料としている場合もあります。

インターネットバンキングでの返済は、時間を気にせず利用でき便利ですが、他行のネットバンキングからの振込など、振込手数料がかかる場合があります。指定口座への振込は、手数料が利用者の負担となることが多くなります。

おまとめローンで知っておきたい注意点

おまとめローンを利用する前に、知っておきたい注意点について説明します。

おまとめローンは基本的に返済のみ

おまとめ専用ローンは基本的に、借入金の返済に充てることを条件に資金が融資され、その後は追加の融資を受けられません。

つまり、現在の借入をまとめた後は返済に専念することになり、カードローンのように、繰り返し借入を利用することはできません。

また、金融機関によっては融資する資金を直接、借入先の金融機関の口座へ振り込むことが利用条件となっている場合があります。

返済のみで新たに借入ができないことは不便であるといえますが、借入金の完済を目指すためにはとても効果的です。

複数の債務を返済後、融資は受けられる?

複数の債務を返済すると、返済先から返済能力が認められ、以前より金利を下げるなどの好条件で、新たな借入を案内する電話がかかってくる場合があります。

また、カードローンの場合は完済しても解約の手続きをしなければ、再び自由に借入ができます。このように債務の返済後に融資は受けられますが、現在の借入金を確実に完済するためには、新たな借入は避けたほうがよいでしょう。

追加借り入れで再び多重債務に陥る危険も

金融機関からの勧誘の連絡や本人の精神的負担が軽くなることから、ローンをまとめた後に、再び借入を行ってしまうことも少なくありません。

追加の借入は最初は1回だけのつもりでも、2回、3回と借入回数を重ねてしまうと、多重債務に陥る恐れがあるので注意が必要です。

返済シュミレーションでイメージを描く

借入金をまとめる場合は、申込前にシミュレーションを必ず行い、毎月の返済額・返済期間・総返済額がどれくらいになるのかを確認し、具体的な返済のイメージをつかんでおきましょう。

シミュレーションは試算であるため、実際の返済とは異なる場合があります。あくまでも、目安として捉えるようにしましょう。

シミュレーションを利用してみる

シミュレーションは、次ような手順で行います。

  1. 現在の借入額や返済内容を確認する
  2. 現状のまま返済を続けたときのシミュレーションを行う
  3. おまとめローンを利用したときのシミュレーションを行う
  4. おまとめ前とおまとめ後を比較検討する

まず、現在の借入残高や毎月の返済額を把握します。次に現状のまま返済を続けた場合と、おまとめローンを利用した場合のシミュレーションを行い、それぞれの毎月返済額・返済期間・総返済額を具体化します。

銀行や貸金業者などの公式サイトにあるシミュレーションを利用すると、希望の毎月返済額、または返済期間を入力するだけで、今後の返済内容が自動で計算されます。

シミュレーション後は、おまとめ後に総返済額は増加しないか、毎月返済額は支払っていける金額であるかなどを検討し、返済計画を立てましょう。

無理をしない返済で完済を目指す

おまとめローンを利用する目的は、借入金を完済することです。完済を急ぎ過ぎると毎月の返済が厳しくなり、返済のために借入を重ねてしまうことになりかねません。

また、毎月の返済額が少ないと返済期間が長引き、総返済額の増加を招きます。自身の経済状況や今後の生活などを考慮しつつ、毎月の返済額はどの程度支払えるのかを、シュミレーションをして考えてみることが大切です。

毎月の返済額が少ない場合は、なるべく繰上返済するように努め、全体の返済額を増やさないようにしていきましょう。

 おまとめローンの返済シミュレーション。完済のイメージ作りが大切

まとめ

おまとめローンを利用する際には、金利・借入限度額・返済方法の比較検討、そして事前にシミュレーションを行い、毎月の返済額・返済期間・総返済額について確認しておくことが重要です。

現在の借入状況と毎月の返済に充てられる金額をきちんと確認して、おまとめローンを利用することで、借入金の完済を目指すことができます。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

おまとめローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の対策期限まで、残り 14日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり