1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローン申込時に在籍確認が不要?煩わしさ解消で時短契約

カードローン申込時に在籍確認が不要?煩わしさ解消で時短契約

カードローンの申込時の審査では、在籍確認があります。勤務先への在籍確認はできれば避けたいものですが、在籍確認なしでカードローンの契約ができる金融機関はあるのでしょうか?審査の流れや、在籍確認が不要となる条件などについて説明します。

この記事の目次

カードローン申込時の審査の流れ

カードローンの審査は通常、仮審査と本審査の2段階で行われます。申込時における審査の流れをみていきましょう。

申込条件確認などの仮審査

まず、カードローンの申込直後には、仮審査が行われます。審査の内容は金融機関により異なりますが、主に申込条件を満たしているか、また、融資が可能かどうかの判断を行います。

これらの判断は、勤務先や年収など本人が申告した情報のほか、信用情報機関(※)に登録されているクレジットカードやローンの契約内容、返済状況などといった信用情報をもとに行われます。

仮審査は一般的にコンピューターにより処理されることが多く、本審査に比べ短時間でスピーディーに行われます。

(※信用情報機関には消費者金融・クレジット会社などが加盟しており、各加盟会社が個人のローンやクレジットカードなどに関する、契約・借入・返済などの信用情報を登録・照会する機関です。また、登録される情報の管理も行っています。)

信用情報機関について |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

必要書類提示・在籍確認などの本審査

仮審査を通過すると本審査となります。本審査では主に、仮審査の内容に不備はないかの確認や、より細部にわたるチェックが行われます。

本審査になると、本人確認書類や限度額が大きい場合は収入証明書類など、必要書類の提出を求められます。これらの書類をもとに氏名・住所・年収などの最終チェックをし、申告内容に虚偽がないかを確認します。

そして多くの場合、勤務先への在籍確認が本審査で行われます。

契約前に在籍確認の連絡は必ずある?

金融機関による在籍確認について、具体的にみていきます。

原則契約前の在籍確認は必須

申込者が申告した勤務先に在籍し、実際にきちんと働いているという事実は、返済能力にかかわる重要な事項です。したがって、在籍確認はほとんどの金融機関で、原則必須となっています。

在籍確認により、申告した勤務先で働いていなかった場合は、審査に通らない可能性が高くなります。また、働いていても職場の規模が大きく部署が分かれている場合などは、電話応対した人物が申込者の在籍を知らないこともあります。

よって、申込時には正直に勤務先を申告することはもちろん、電話番号に関しては自分が所属する部署など、連絡がつきやすい電話番号を伝えるようにしましょう。

個人名での連絡といった配慮がなされている

在籍確認では、勤務先へカードローンの申込が知られてしまうのではないか、あるいは何を聞かれるのだろう、と不安になるケースがあります。

在籍確認は基本的に担当者は金融機関名を名乗らず、個人名で勤務先へ電話をかけ、申込者以外にカードの申込を知られないよう、細心の注意を払って行ってくれます。

その際に確認される内容は主に、名前・住所・生年月日などの基本的事項となります。

在籍確認不要のカードローンはある?

個人名で連絡があるとしても、やはり在籍確認は煩わしいものです。では、在籍確認なしで利用可能なカードローンはあるのでしょうか。

SMBCモビット

『SMBCモビット』は、三井住友ファイナンシャルグループの傘下にある銀行系消費者金融会社です。テレビCMでおなじみの、カードローン『モビットカード』を提供しています。

項目 内容
申込条件  満20歳以上69歳以下の安定した収入があり、一定の基準を満たす人(アルバイト・パート・自営業の人も可)
金利 年3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
借入  振込・ATM
返済 毎月1回 / ATM・振込・口座振替
ATM手数料 ・借入・返済共に、1万円以下108円 / 1万円超216円
・三井住友銀行のATMは手数料無料

貸付条件等:キャッシング、カードローンはSMBCモビット

条件付きでWEB完結申込可

モビットカードは勤務先への在籍確認は原則必要ですが、以下の条件を満たせば在籍確認の必要がなくなり、WEB上の手続きのみで審査を完了させることができます。

なお、この場合はインターネットによる書面の交付について承諾し、交付した電子書面ファイルを保存できる環境が必要です。

  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行(2018年4月1より三菱UFJ銀行に社名変更)・ゆうちょ銀行のいずれかに本人名義の口座があり、振込貸付・口座振替による返済に利用することを承諾する
  • 以下の書類の写しの提出を承諾する
    ・本人確認書類:運転免許証、パスポートのいずれか
    ・現在の収入を証明できる書類:源泉徴収票、税額通知書、給与明細書(※1)などのうちいずれか
    ・勤務先を確認できる書類として2つ:健康保険証(全国健康保険協会発行の保険証、もしくは組合保険証)、給与明細書(※2)

必要書類はパソコン、スマートフォン、携帯電話からの提出となります。

(※1.直近2カ月分が必要。用意できる場合は、あわせて直近1年分の賞与明細書も提出)
(※2.直近1カ月分が必要。現在の収入を証明できる書類として、給与明細書以外を提出した場合は必須)

カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCモビット

アコム、アイフル

『アコム』・『アイフル』もそれぞれ、テレビCMなどでおなじみの消費者金融会社です。

アコムは三菱UFJファイナンシャル・グループの子会社です。一方アイフルは、大手銀行の傘下に属さない独立系消費者金融です。両社ともに、以下のカードローンを取り扱っています。

項目 アコムのカードローン アイフルのキャッシングローン
申込み条件 20歳以上で安定した収入があり、一定の基準を満たす人  満20歳以上69歳までの定期的な収入があり、一定の基準を満たす人
金利 年3.0%~18.0%  年4.5%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円  500万円以内
借入 振込・ATM・店頭  振込・ATM・店頭
返済 口座引落・ATM・店頭・インターネット・振込 口座引落・ATM・振込・店頭

カードローン(キャッシング専用アコムカード)【アコム公式サイト】
キャッシングのはじめてのお申し込み | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

審査前に要相談

アコム・アイフルもやはり審査では、勤務先への在籍確認が原則必要です。

ただし、どちらも個別の事情により不安な点がある場合は、担当者への相談が可能です。必ずしも在籍確認が免除になるとは限りませんが、相談することで何らかの対応を考えてくれます。

まとめ

在籍確認は申込時に申告した勤務先で、申込者がきちんと働いていることを確認するために行われます。金融機関は個人名で連絡するため、第3者に申込を知られる可能性は低いといえます。

在籍確認なしでカードローンが契約できるのは、主に消費者金融会社です。しかし、消費者金融系のカードローンは比較的金利が高めとなる場合が多いので、よく検討し申し込むようにしましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン