1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの基本。キャッシングとの違いからおまとめローンまで

カードローンの基本。キャッシングとの違いからおまとめローンまで

現在では銀行のほうがメインとなったカードローンですが、消費者金融や信販会社などでも同様のサービスを提供しています

ここではカードローンとはそもそもどういったサービスなのかという事から、提供する企業の紹介、関係するおまとめローンについて解説していきます。

この記事の目次

カードローンとは

カードローンとは「ローンカードを利用して小口融資を行うサービス」のことです。

そもそも一般的な住宅ローンなどの融資は「〇〇万円を融資するので利息と合わせた△△万円を××回で分割して返済すること」という契約方式をとります。

それに対してカードローンはキャッシュカードに似ているローンカードを使う事で「最初に決められた限度額内で自由に借入をする」ことを可能としています。

実際の利用としてはまず申込み後に行われる審査によって限度額が設定されます。そして審査通過後発行されるローンカードを使い、ATMなどを使い限度額内で自由に融資を受ける形になります。

返済方法としては借入額が一定にならないので「決められた最低支払額を払えば未納にならないので余裕があるときに追加で返済する」というリボ払いを用いることが多いです。

キャッシングとフリーローンの違いについて

カードローンと同じような扱いを受ける物に「キャッシング」と「フリーローン」があります。

キャッシングとは「小口融資」全般を指す言葉で、カードローンも含みますがローンカードを発行しない場合やクレジットカードの融資サービスなどでも使われます。

フリーローンとは「利用目的に制限がないローン」のことです。住宅ローンや自動車ローンなどは融資された金銭を一定の目的でしか使えませんが、フリーローンは原則自由なので生活費から遊興費まで幅広い目的でつかえます。

ちなみにフリーローンのように利用目的に制限がない融資は「無目的ローン」、住宅ローンのように目的に制限がある融資は「目的別ローン」とも言います。

カードローンはフリーターでも申込可能。おすすめのネット銀行4社

カードローンの解約の手続き。完済との違いをわかりやすく解説

違いについてはそこまで気にする必要はない

キャッシングとカードローン、そしてフリーローンは一応の定義はありますが法律などで明確に決まっている言葉ではありません。ですから企業によって使い方が異なりますし、被る部分も多いです。

例えば一般的なカードローンは目的に制限がないフリーローンが多いですし、キャッシングという名称でカードローンを提供する企業もあります。

事業者向けのビジネスローンなどをカードローン方式提供することがあるほか「一括で大金を融資する場合はフリーローン」としている会社もあるので同じというわけではありませんが。個人利用に限ればそこまで気にする必要はありません。

それよりも個々に契約内容や条件などをしっかりと確認するようにしましょう。

カードローンとキャッシングの違いを解説。どちらを利用すべき?

提供する企業ごとの特長と比較

カードローンやキャッシングを提供する企業は大きく分けて「銀行」「消費者金融」「信販会社」の三つです。特にメインとなるのが銀行と消費者金融の二社ですが、この二つだけ見ても大きく特徴が異なっています。

ここでは三社を比較しながらそれぞれの特徴や金利などについて解説していきます。

比較的低金利な銀行

消費者金融に総量規制が登場して以降、伸びてきているのが銀行が提供する銀行カードローンです。特徴としてはカードローンの中では低金利の契約が多いという事があげられます。

以前は融資方法や融資までの速さで消費者金融に差をつけられている部分がありましたが、最近では即日融資に対応するのは当たり前となり都市銀行などでは無人契約機を設置する会社もあります。

また会社によっては住宅ローン利用者に対してカードローンの金利割引など、利用者に対する特典を用意することもあります。このように銀行側にとっても非常に力を入れている分野であると言えるでしょう。

銀行カードローンの規制強化の流れ

詳しくは次に解説しますが、グレーゾーン金利の廃止と同時に多重債務者対策として貸付額の制限を行う「総量規制」と呼ばれる規制が貸金業に対して行われました。

この総量規制は法律の関係で銀行は対象外となっていました。その結果「消費者金融よりも借りやすい。信頼感がある」と言った流れを生み銀行カードローンの貸付額が消費者金融の貸付額を超える結果になりました。

この「消費者金融よりも高い額をかりられる」と言った「抜け道」的な扱われ方が問題視され、2017年現在、銀行は自主的な規制強化に動いています。

銀行カードローン:残高急増、過剰融資を懸念 - 毎日新聞

総量規制について

次の解説に入る前に銀行と以下の二つを分ける大きな要素である「総量規制」について少し解説します。

総量規制は「特定の条件を満たさないローンでは貸付額を年収の三分の一までに制限する」を中心に審査の際に収入を確認するなどの付則を定めた貸金業法にある法律の一つです。

この法律があるため借入額に上限がありますし、一定の条件以上の借入の場合収入を確認するために収入証明書類を提出する必要があります。総量規制は貸金業を統制する貸金業法に書かれている決まりであり、貸金業者ではない銀行には規制がありません。

次にあげる二つの企業は貸金業なので総量規制の対象となります。

独自のサービスで対抗する消費者金融

かつては1万以上の企業が存在した消費者金融も、グレーゾーン金利の廃止やそれに伴う過払い金請求によって年々減少傾向にあり、現在登録が行われている貸金業は2000店舗程度となっています。

貸金業関係資料集の掲載について:金融庁 

また銀行に比べると金利が高くなってしまう点や、ATMなどのインフラで負けてしまう部分があるため各社とも独自のサービスを打ち出すことで銀行に対抗しているのが現状となっています。

金利のデメリットをカバーするサービス

銀行と比べて消費者金融は金利が高いので、それをカバーするために融資までの速さや無利息ローンのサービスを打ち出しています。

融資までの速さという事では、即日融資は当たり前でネット銀行と提携することで融資のネット申込みから1分以内に口座に振り込むービスを提供する会社などが出てきています。

金利の高さという意味では無利息ローンを提供する会社が増えています。無利息ローンとは「条件を満たすことで一定期間の間利息0円」という物です。

実際に多いサービスとしては「初回利用者に対して30日間の利息を0円とする」ものです。この場合30日以内に返済するのであれば利息を払う必要がなく、31日目から「1日」と計算して利息を払っていくことになります。

銀行のグループとなっている大手消費者金融

総量規制以降の業界再編で大手消費者金融はほとんど銀行の子会社やグループ会社化しています。

現在大手三社と言われる「アコム・アイフル・プロミス」では、アコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社ですし、プロミスは三井住友銀行のグループ会社となっており、独立を保っているのはアイフルのみです。

その中でも変わった例としてはレイクがあげられます。

レイクは元々GEコンシューマー・ファイナンス株式会社という会社が提供していたのですが、「レイクというブランド」を新生銀行に買われ「新生銀行のカードローンレイク」となった経緯があります。

ちなみに以前レイクを提供していた会社自体も新生銀行の子会社となっています。

銀行と消費者金融の間のカード会社

銀行と消費者金融に比べてあまり注目を集めることがありませんが、信販会社やカード会社の中にはキャッシングカードのカードローンを提供している会社があります。

これはクレジットカードのキャッシングサービス専用カードともいえる物で金利は消費者金融より低めに設定されていることが多いです。ただしカード会社なども「貸金業者」なので総量規制の影響を受けます。

ですから銀行と消費者金融の中間にあるサービスだと言えるでしょう。

カードローンの比較の基準は?選ぶべきポイントを簡単解説

最近増えている「借り換え」について

カードローンの利用者が増えると同時に「借り換え」や「おまとめローン」などにも注目が集まるようになりました。

借り換えとは「低い金利のローンを借りて高い金利のローンを返済する」ことです。例えば金利18%のローンで50万円を借りていたとして、他社から15%で50万を借りることができるようになったとします。

そこで「年利15%で借りて18%のローンを返済する」という事を行うと3%分の支払利息が減るという事になるわけです。

これはカードローンだけではなく住宅ローンなどでも行われていることですが、総量規制の登場によって消費者金融が借り換え専用ローンを提供するようになり、注目を集めるようになりました。

返済先を一本化できるメリットも

おまとめローンというのは「借り換えを目的としたローン」なので一社の借金で利用しても問題ないのですが、複数の会社から借りているローンを一本にまとめる事にも使われます。

一本化することで利息の軽減の他に、返済先や返済日を一日にまとめる事が可能になり返済に対する負担を減らすことができます。

おまとめローンと銀行カードローンの違いについて

おまとめローンは借り換え専用の目的別ローンですが、目的に制限がないカードローンで借り換えをしても問題はありません。ただ借り換えを行うとなると「元の借金+借り換え用の借金」となる瞬間が出てくるので総量規制の問題がでてきます。

しかし借り換えについては「利用者が一方的に得する」というメリットがあるので、総量規制では特例として三分の一以上の借入が許されています。ですから、消費者金融ではこの特例に対応した「おまとめローン」として提供していることが多いです。

一方で銀行は総量規制がないのでおまとめローンを提供する会社が少なく「カードローンの使い方の一つとしてのおまとめや借り換え」を押していることが多いです。

カードローンは一括返済がお得なの?メリットとその方法を徹底解説

もちろん審査はある

おまとめローンや借り換え目的であってもお金を借りる点では変わりがないので当然ながら融資の際に審査があり、審査に落ちてしまうと融資を受けることができません。

おまとめローンや借り換え目的なら借りやすい、と言ったこともないので申し込むのであればその点はしっかりと理解した上で申し込みましょう。

カードローン審査について。正しく理解しておくことが大切

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン