1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローン借換のすべて。借り換えのメリットや注意点の詳細を解説

カードローン借換のすべて。借り換えのメリットや注意点の詳細を解説

カードローンの借り換えには、どのようなメリットがあるのでしょうか。金利・返済における借り換えのメリットや、審査などにおけるデメリットについてわかりやすく説明し、借り換えを成功させるポイントや、借り換えに利用したいローンを紹介していきます。

この記事の目次

借り換えのメリットとデメリット

カードローンの借り換えとは、現在より金利が低いローンで借入し直して、その資金で返済中のローンを完済することをいいます。カードローンの借り換えにはどのようなメリット・デメリットがあるのかについて説明していきます。

カードローン借り換えのメリット

まず、カードローンの借り換えによるメリットについて、見てみましょう。

金利が下がる

カードローンの借り換えの目的は、現在より金利を下げることにあります。カードローンは限度額が大きくなるほど金利が低くなる仕組みのため、現在より限度額が大きいローンへ借り換えることで、金利を下げることができる場合があります。

カードローンで適用される金利は、法律によって以下のように制限されています。

  • 元本10万円未満  金利:年20.0%まで
  • 元本100万円未満 金利:年18.0%まで
  • 元本100万円以上 金利:年15.0%まで

この制限から100万円未満の複数の少額借入では、100万円以上にまとめて借り換えたほうが金利が低くなることがわかります。

貸金業法のキホン:金融庁
利息制限法でお困りなら 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

毎月の返済金額が下がる

複数の借入を借り換えによりひとつにまとめると、返済が1件に減るため、毎月の返済金額を少なくすることが可能です。

毎月の返済額は、すべてが元本の返済に充てられるわけではありません。毎月の返済額=元本+利息ですので、低い金利のローンに借り換えることで利息が減少し、その結果として毎月の返済金額が少なくなります。

返済期日が分かりやすくなる

複数のカードローンを利用していると、返済期日や返済手段などが各金融機関で異なるため手間がかかります。また、『返済を忘れてしまった』『口座の残高不足』といったトラブルが起こりやすくなります。

このようなトラブルは今後、金融機関で審査を受ける場合に、好ましくない影響を与えてしまいます。複数のカードローンをひとつにまとめると毎月の返済が1度になるため、返済期日の管理が簡単にできるようになり、返済に関するトラブルを防ぐことができます。

カードローン借り換えのデメリット

カードローンの借り換えは、メリットばかりとは限りません。借り換えに関するデメリットについて紹介していきます。

審査は厳しい

借り換えの場合も、申込後に審査が行われます。カードローンをまとめるには、ある程度大きい金額の借入が必要です。借入金額が大きくなると毎月の返済額が大きくなり、高い返済能力が求められるため審査基準は厳しくなります。

『これまでに延滞があった』『借入件数が多すぎる』などといったことは審査の通過を難しくします。借り換えを申込む前にできるだけ借入を返済して、件数や残高を減らしておきましょう。

また、短期間に借り換えを複数の金融機関に申し込むことは、審査によい影響を与えません。もし、審査に通らなかった場合は、ある程度の期間をおいてから申し込んだほうがよいでしょう。

総支払利息が多くなることがある

借入金の完済までに支払う利息の総額は、金利だけで決まるわけではありません。たとえば以下のA社での借入を毎月3万円ずつ返済すると、完済までの総返済額は32万7,483円です。

A社:金利年18.0%・借入残高30万円・月々返済額3万円

借入先 返済回数 利息 総返済額
A社 11回 2万7,483円 32万7,483円

この借入を金利年15.0%で借り換えた場合に、毎月の返済額を変えて総返済額をシミュレーションすると次のような結果になります。

月々返済額 返済回数 利息 総返済額
1万円 38回 7万8,331円 37万8,331円
2万円 17回 3万4,311円 33万4,311円
3万円 11回 2万2,503円 32万2,503円

この表を見るとわかるように、金利が低くなっても毎月の返済を減らし過ぎると、借り換え前より支払う利息は増加します。借り換えを行う際には金利だけでなく毎月の返済額にも注目して、総返済額を借り換え前より増加させないことが重要です。

返済シミュレーション案内画面

カードローン借り換えの流れ

カードローンの借り換えの流れについて説明します。

審査の流れは通常のカードローンと同じ

カードローンの借り換えの流れは、『申込→審査→契約→借入→元借入先への一括返済→借り換えた金融機関への返済開始』という流れになります。

元借入先への一括返済が加わりますが、一般的なカードローンの新規契約と流れはほとんど変わりません。気になる審査ですがこちらも通常のカードローンの場合と同様で、申告内容・信用情報などについて審査されます。勤務先への在籍確認も、原則行われます。

審査に通ればすぐに借入先に返済する

審査に通ったら融資を受け、元借入先へ返済します。借入金を手元へしばらく置くと、返済以外に利用してしまうことも考えられます。速やかに元借入先へ返済しましょう。

一部の金融機関では本人にかわり借入先への返済を行っていますが、ほとんどの場合は自分で行うことになります。事前に返済方法や振込先などを確認しておくとスムーズに返済できます。

借り換え先を選ぶ際のポイント

数ある金融機関の中から借り換え先を選ぶには、どのようなポイントに注目するとよいのでしょうか。

本当に金利は下がるのか

借り換え先を選ぶ際にはまず金利を比較検討することになりますが、複数のローンがあると金利がそれぞれ異なるため、比較が難しくなります。このような場合は『加重平均金利』を使用して、借り換えに利用するローンと金利を比較しましょう。加重平均金利は次の計算で求めることができます。

  • 加重平均金利=年間利息の合計÷借入残高の合計

計算例/次の借入がある場合
A社:借入残高10万円金利10.0% B社:借入残高20万円金利18.0%
C社:借入残高30万円金利14.5%

加重平均金利=(10万円×10.0%+20万円×18.0%+30万円×14.5%)÷(10万円+20万円+30万円)=8万9,500円÷60万円=14.9%(端数四捨五入)

そして、金利は限度額ごとに設定された金利の上限値を、適用される金利としましょう。たとえば8.0%~10.0%という表示があれば、金利は10.0%として考えます。

ローンの新規契約では利用実績が過去のデータ上でしか判断できず、現在の返済能力は不確かなため、契約直後に下限値の金利が適用されるケースは多くありません。借り換え前にシミュレーションをする際は、金利は上限値を利用しましょう。

(※加重平均金利とは、複数のローンを利用している場合の金利の平均値をいいます)

返済の利便性は高いか

カードローンの返済には、口座引落・インターネット・ATM・振込などの返済方法があります。返済に手間や時間がかかると、後回しになりがちです。気持ちよく返済ができるよう返済手段の利用時間帯や、ATMが生活圏内にあるかなどの条件を確認しておきましょう。

24時間利用可能なインターネットやコンビニATMで返済ができると、とても便利です。さらに、手数料が無料であれば余分な出費を抑えることができます。

他にも給料日近くに返済日の設定が可能であるかなど、確認しておくとよいでしょう。

消費者金融系借り換えローンを利用する

消費者金融・信販会社・クレジット会社などの金融機関は、法律上では『貸金業者』とされます。貸金業者は『総量規制』と呼ばれる以下の規制により、個人への貸付が制限されます。

  • 総量規制とは、貸金業者からの借入残高が年収の1/3を超える場合は、新たな借入ができなくなる規制

ただし、総量規制には『例外』と呼ばれる総量規制の対象外となる借入があります。例外の借入となる場合は年収の1/3を超えても借入ができますが、借入残高には算入されます。

消費者金融が提供する『借り換え専用ローン』はこの例外にあたるので、総量規制を気にせず利用できます。ただし、消費者金融の借り換え専用ローンでは、借り換え後の借入はできず返済のみとなります。借入を重ねることを防ぐには効果的な商品です。

参考までに消費者金融の借り換え専用ローンをご紹介します。

貸金業法のキホン:金融庁
総量規制とは | 貸金業法について

アイフルおまとめMAX

アイフルの『おまとめMAX』は、一般的に金利が高めである消費者金融系のローンにおいて金利年12.0%~15.0%と、上限金利が銀行のカードローンと変わらない借り換え専用ローンです。

  • 限度額1万円~500万円
  • 金利年12.0%~15.0%
  • アイフルを利用中または利用経験がある方が対象
  • 総量規制の対象外
項目 内容
申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有し、一定の基準を満たす方
申込方法 インターネット・電話・店舗
利用使途 アイフル及び他社借入金の借り換え
返済方法 口座引落
返済金額 毎月決められた固定金額

貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[おまとめMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

アコム貸金業法に基づく借換え専用ローン

アコムの『借換え専用ローン』は、貸金業者からの借入の一括返済にのみ利用できる商品です。銀行のカードローンの借り換えには利用できません。

  • 限度額1万円~300万円
  • 金利年7.7%~18.0%(貸付金額100万円以上の場合は年7.7%~15.0%)
  • 融資金は原則、アコムが本人名で元借入先へ振込
  • 総量規制の対象外
項目 内容
申込条件 満20歳以上の安定した収入と返済能力を有し、一定の基準を満たす方
申込方法 電話にて申込(契約には店頭窓口・自動契約機または郵送を利用)
利用使途 貸金業者債務の借り換え
返済方法 原則口座振替
返済金額 貸付金額の1.0%以上

貸金業法に基づく借換え専用ローン【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

銀行系借り換えローンを利用する

銀行にも借り換えを目的とする、借り換えローン商品があります。参考までに、いくつかご紹介します。

東京スター銀行スターワンバンクローン

『東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)』は、借り換えによりローンを一本化して完済を目指す商品です。

  • 限度額30万円以上1,000万円以下(借換対象ローン残高の範囲内)
  • 金利年5.8%~14.8%
  • 借り換え当初は返済のみ。返済が進むと借入可能となる場合あり(審査・条件あり)
項目 内容
申込条件 年齢:満20歳以上65歳未満
年収:200万円以上・給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員の方)
申込方法 インターネット・電話・店舗(取扱がない店舗あり)
利用使途 事業資金を除く無担保個人向けローンの借り換え及びまとめ
返済方法 約定返済:口座引落/繰上返済:インターネットバンキング
返済金額 ローン残高・利用限度額のいずれか高い額の1/120と利息の合計額

商品説明書 | おまとめローン | 東京スター銀行のスターワンバンクローン

じぶん銀行au限定割借り換えコース

『じぶん銀行カードローン(じぶんローン)』には、auユーザーが新規で申し込む場合を対象とする『カードローンau限定借り換えコース』があります。他社からの借入の返済を条件に、金利が通常より年0.5%優遇されるコースです。

  • 限度額100万円以上800万円以内
  • 金利年1.7%~12.5%
  • コンビニATMが手数料無料で利用可能
項目 内容
申込方法 インターネット
申込条件 年齢:満20歳以上70歳未満
収入:安定継続した収入(自営・パート・アルバイトも可)
※借り換えコースの利用にはau IDの登録・設定などが必要
金利適用条件 ・借入金を他社への返済にあてること
・じぶん銀行でau ID登録が有効である
・審査の結果、借入限度額が100万円以上となること
返済方法 約定返済:ATM・口座引落/繰上返済:ATM

(※約定返済とは金融機関との契約により、決められた日に一定の金額を返済することをいいます。カードローンでは「毎月の返済」のことです)
(※auIDについては以下のサイトにくわしい説明が掲載されています)

au IDとはなんですか? | よくあるご質問 | サポート | au
じぶん銀行カードローンau限定割 | じぶん銀行

銀行系カードローンを利用する

銀行系カードローンは、比較的低金利でありながら限度額は高額なため、借り換えにむいている商品です。銀行系カードローンの中でも、低金利で限度額の高いカードローンを、ご紹介します。

楽天銀行スーパーローン

『楽天銀行スーパーローン』は低金利で、申込に口座開設の必要がない便利なカードローンです。

  • 限度額最大800万円(専業主婦の方は50万円)
  • 金利年1.9%~14.5%
  • コンビニATMが手数料無料で利用可能
項目 内容
申込方法 インターネット
年齢 満20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下)
収入 お勤めの方で安定した収入がある方、または専業主婦
利用使途 原則自由(事業資金を除く)
返済方法 約定返済:口座引落/繰上返済:ATM・インターネット・振込

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

住信SBIネット銀行MRカードローン

『住信SBIネット銀行MR.カードローン』のプレミアムコースは限度額・金利とともに銀行系カードローンの中でもトップクラスの好条件です。借入・繰上返済では、ATMが手数料無料で利用できます。

  • プレミアムコース
    限度額10万円~1,200万円/金利年1.59%~7.99%
  • スタンダードコース
    限度額10万円~300万円/金利年8.99%~14.79%
  • コースは審査結果により決定
コース名 プレミアムコース スタンダードコース
申込方法 インターネット(口座開設の同時申込可能)
年齢 満20歳以上65歳以下
収入 安定継続した収入
利用使途 原則自由(事業資金を除く)
返済方法 約定返済:口座引落/繰上返済:ATM・WEBまたはモバイルサイト

ミスターカードローン - 商品概要説明書|住信SBIネット銀行

みずほ銀行カードローン

『みずほ銀行カードローン』は大手都市銀行である『みずほ銀行』が提供する、低金利のカードローンです。

  • 限度額10万円以上800万円以下
  • 金利年2.0%~14.0%
  • コンビニATMが利用可能
項目 内容
申込方法 インターネット・電話・郵送・窓口
年齢 満20歳以上66歳未満
収入 安定継続した収入
利用使途 原則自由(事業資金を除く)
返済 約定返済:口座引落/繰上返済:ATM

カードローン:みずほ銀行

借り換えた後の注意点

カードローンの借り換え以降も返済は続きます。重要となる借り換え後の返済では、どのようなことに注意するとよいのでしょうか。

返済計画を守る

返済計画を守るためには、無理のない返済計画を立てる必要があります。各金融機関のホームページにあるシミュレーションを利用することで、毎月の返済額・返済回数・利息の目安がわかり、具体的な計画が立てられます。

毎月の返済額を無理に多くする必要はありません。返済が始まり経済的に余裕があれば、どんどん繰上返済をしていけばよいのです。

できるだけ短期での返済が好ましくはありますが、上手に繰上返済を利用しながら計画通りに返済を続けていくことが大事です。

追加借入をしない

カードローンの借り換えにより返済額が減少することで気が緩んだり、または借り換え後の返済が難しいなどの理由から、再び借入を始めてしまうケースがあります。

借り換え後も返済が難しい場合は、返済のための借入はやめて公共の機関などへの相談を検討した方がよいでしょう。

できる限り繰上返済をする

下の表は、楽天銀行スーパーローンの毎月の約定返済額です。

利用残高 毎月返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 1万円

※50万円を超える場合については省略しています。

こちらのローンは新規の契約では返済方式が、『残高スライドリボルビング方式』となっており、返済が進み利用残高が減少すると、返済額も減少する返済方式です。

メリットとしては毎月の返済が楽なことや、返済金額の変動が少なく管理しやすいことが挙げられます。しかしその反面、返済を長引かせ総返済額の増加を招きます。

楽天銀行スーパーローンを利用して限度額50万円(金利年14.5%)で50万円を借り入れ、毎月、約定返済額のみで返済を続けた場合をシミュレーションすると、完済までに16年以上かかることになります。(楽天銀行ホームページの返済シミュレーションにて計算)

借入金額 返済回数 総返済額
50万円(金利年14.5%) 197回(16年5カ月) 96万7,205円

約定返済にプラスして繰上返済を行い毎月次の金額で返済を続けると、それぞれ完済までは下の表のような返済結果となります。

毎月の返済額 返済回数 総返済額
1万円 78回(6年6カ月) 77万1,542円
1万5,000円 43回(3年7カ月) 64万3,730円
2万円 30回(2年6カ月) 59万8,870円

約定返済額のみで返済を続けると完済まで時間がかかり、利息が膨らむ場合があります。繰上返済を利用して毎月の返済額を確保し、総返済額を増加させないことが重要です。

(※シミュレーションは実際の返済内容とは異なる場合があります。あくまでも目安としてご覧ください)

楽天銀行スーパーローン 返済シミュレーション

まとめ

カードローンの借り換えは、低金利のローンへの借り換えが基本となります。毎月の返済を軽減したい場合は、月々の返済額と総返済額のバランスを見ながら返済額を決めましょう。

総返済額を増加させないためには、ある程度の返済額を確保する必要があります。毎月の返済を抑えたい場合は繰上返済を上手に利用して、自分のペースにあった返済をしていきましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン