1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. おまとめローン
  4. おまとめローンの選び方。金利も融資額も銀行のほうがお得

おまとめローンの選び方。金利も融資額も銀行のほうがお得

おまとめローンを利用して複数のローンをまとめるには、金利が重要となります。金利が低く限度額が高額なローンが多い銀行は、まとめ先として最初に検討したい金融機関のひとつです。おまとめローンの選び方や、注意点をわかりやすく説明していきます。

この記事の目次

おまとめローンの選び方の基本

『おまとめローン』とは複数ある借入金を、ひとつにまとめることを目的として借り換えができるローンのことをいいます。おまとめローンを利用するメリットについてみてみましょう。

おまとめローンにするメリット

返済中の複数のローンをひとつにまとめると、次のようなメリットが期待できます。

  • 総返済額を少なくできる
  • 借入金利が低くなる
  • 返済が毎月1度になり、返済計画がたてやすい

一般的にカードローンは、限度額が大きくなるほど金利は低くなります。特に少額のローンが複数ある場合は、限度額の大きいローンにまとめることで、金利を抑えられる可能性が高くなります。

消費者金融よりも銀行のローンのほうがよい

おまとめローンのメリットを生かすには、現在より金利が低いローンを利用してまとめることが重要です。

ローン金利は一般的に、消費者金融より銀行のほうが低いことから、おまとめローンとして選ぶ場合は、銀行系ローンのほうが向いている商品となります。

消費者金融などの貸金業者は顧客に融資する資金を、銀行からの借入金や証券の発行などにより得ています。したがって、銀行に比べ資金の調達にコストがかかり、利益を出すために金利が高めになっています。

さらに、審査基準が比較的低いことから、貸倒れなどのリスクを招きやすいことも、消費者金融の金利が高めとなる要因です。

おまとめローンの注意点

おまとめローンを利用する場合の注意点について、説明していきます。

審査が厳しい

1件あたりのローンは少額であっても、すべてをまとめると借りる金額は大きくなります。審査では借入金額が大きくなるほど、しっかりとした返済能力が求められ、審査の基準は厳しくなります。

契約には融資額に見合うだけの安定した収入や仕事、勤続年数などが必要であり、もちろん過去の延滞や多大な借入件数なども好ましくありません。

ローンをまとめるためには、普段から信用情報を良好な状態に保ち、できるだけ借入件数が増える前の早い段階で、おまとめローンの利用を検討・決定することが望ましいといえます。

借金を繰り返す可能性がある

おまとめローンの利用で毎月の返済が1件となることは、利用者の経済的・精神的負担を軽くします。

しかし一方では、これくらいなら大丈夫といった気の緩みから、再び借入を始める原因にもなります。特に、カードローンをおまとめローンとした場合は、返済しながら借入ができるので、借金を繰り返しやすくなります。

まとめたローンを完済するまでは気を緩めずに、少しでも早く返済を終わらせることを優先させましょう。

何を重視した選び方をするか明確に

ローンをまとめる目的としては、毎月の返済額の軽減や返済期間を短縮することなどが挙げられます。これらの目的でおまとめローンを選ぶ場合に重視するとよい要素として、金利と限度額があります。

金利重視で選ぶ

おまとめローンを金利で選ぶ場合には、次のようなことに注意しましょう。

  • 金利は上限値が適用されると考える
  • シミュレーションを利用して、まとめたあとの利息・返済額を把握する
  • 低金利でまとめても、毎月の返済額を減額しすぎると利息が増加する

ローンの契約直後は利用実績がなく、返済能力の把握が難しくなります。したがって、金利は限度額ごとに設定された上限値が適用されると考えましょう。たとえば、10.0%~12.0%というように表示がある場合は、金利は12.0%とします。

そして、事前にシミュレーションなどを利用して返済の目安を把握し、無理のない範囲で早く返済が終わるように計画を立てましょう。参考までに、比較的金利の低いカードローンをみてみましょう。

イオン銀行カードローン

『イオン銀行カードローン』は金利年3.8%~13.8%と、銀行のカードローンの中でも低金利の商品です。

項目 内容
金利 年3.8%~13.8%
申込方法 インターネット
年齢 満20歳以上65歳未満
収入 本人または配偶者に安定継続した収入がある(パート・アルバイト・自営業者・専業主婦は可、学生は不可)
利用限度額 10万円~800万円

返済方式にはカードローンでよく見られる『残高スライド方式』を採用しており、借入残高の減少とともに、毎月の返済額も減少します。月々の返済は楽ですが、完済に時間がかかり利息が増加するため、任意返済を利用して早期の完済を目指しましょう。

※任意返済とは毎月の定期的な返済とは別に、自分の任意のタイミングでローンの一部を返済することです。

カードローン |イオン銀行なら低金利で安心

楽天銀行スーパーローン

『楽天銀行スーパーローン』は金利年1.9%~14.5%と非常に低金利で、金利を重視する場合には見逃せないカードローンです。

項目 内容
金利 年1.9%~14.5%
申込方法 インターネット
年齢 満20歳以上62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
収入 お勤めの方で安定した収入がある方、または専業主婦
利用限度額 最高800万円(専業主婦の方は50万円)

カードローン商品概要 | カードローン・ローン|楽天銀行スーパーローン

融資金額の大きさで選ぶ

複数のローンをまとめるためには、ある程度高額の利用限度額が必要です。参考までに、利用限度額が比較的高額なカードローンを紹介します。

東京スター銀行おまとめローン

『東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)』は、借り換えに利用できる金額は1,000万円です。借入当初は返済専用ですが返済が進むと、審査・条件つきで300万円以下の借入が可能になる場合があります。

まとめたローンの完済を目的とした商品であるため、融資金は本人の口座ではなく、直接元借入先へ振り込まれます。

項目 内容
年齢 満20歳以上65歳未満
収入 給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)
年収200万円以上
利用使途 無担保個人向けローンの借り換えおよびまとめ(事業資金を除く)
金利 5.8%~14.8%
貸付金額 30万円以上1,000万円以下(借換対象ローン残高の範囲内)

商品説明書 | おまとめローン | 東京スター銀行のスターワンバンクローン

住信SBIネット銀行カードローン

『住信SBIネット銀行カードローン』は審査結果により、プレミアムコースとスタンダードコースに分けられます。2つのコースでは金利・利用限度額が大きく異なり、プレミアムコースは利用限度額が最高1,200万円と非常に高額です。

項目 プレミアムコース スタンダードコース
年齢 満20歳以上65歳以下
収入 安定継続した収入がある
利用使途 原則自由(事業資金を除く)
金利 1.59%~7.99% 8.99%~14.79%
利用限度額 10万円~1,200万円 10万円~300万円

ミスターカードローン - 商品概要|住信SBIネット銀行

まとめ

おまとめローンを選ぶ場合に重要となるのが金利です。ただし、現在より低金利のローンでまとめても毎月の返済額を抑えすぎると、総返済額は増加してしまいます。

毎月の返済額を抑えたい場合は、事前にシミュレーションを行い、今後の返済について具体的に確認しておきましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

おまとめローンの人気記事

カテゴリ

ローン