1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの利息計算の仕組み。返済額を減らすには?

カードローンの利息計算の仕組み。返済額を減らすには?

カードローンの利用には、利息の支払いが必要です。借りた日数分だけ利息が発生し、借入元金と合わせて返済しなければいけません。今回は、利息計算の仕組みについての解説と、返済額を減らすためのポイントを紹介します。

この記事の目次

金利と利息と実質年率の関係

カードローンでは、金利・利息・実質年率などの用語がよく使われます。意味は似ていますが、使い方は異なります。まずは、それぞれの違いを確認していきましょう。

利息とは?

利息とは、お金を貸し借りした際に発生する『利用料』のことで、借りた側が貸した側に対して支払います。利子も利息と同じ意味です。

カードローンや住宅ローンだけでなく、銀行預金など金銭の預け入れをする際にも発生します。カードローンと違い、銀行預金では利用者は銀行から利息を受け取ることになります。利息の額は金利によって計算されます。

金利とは?

金利とは、利息の額を計算するための割合のことで、%で表します。借入額に対して何%が利息となるか、その計算をするために金利が定められています。

たとえば、『借入額100万円で金利10%の場合、利息は10万円』などの使い方をします。

金利が高ければ高いほど利息は大きくなり、金利が低ければ借入したときの利息は小さくなります。カードローンを選ぶ際は、この金利の高さが非常に重要なポイントです。

実質年率とは?

年率とは1年間にかかる金利(利率)のことで、年利と呼ぶこともあります。対して月利は、1カ月の間にかかる金利のことです。カードローンでは、月利ではなく年利で表示されていることがほとんどです。

実質年率(実質年利)は、利息・事務手数料・保証料などをすべて含めた1年間にかかる金利のことです。カードローンで表示されている金利は、ほぼすべて実質年率で表示されています。

金利と実質年率の違いについて

実質年率と金利はは厳密には違う意味ですが、カードローンでは同じ意味で使われています。カードローンを利用する際は、その違いについて気にする必要はありません。

本来、金利は利息を計算するための割合なので、事務手数料や保証料の割合は含まれていません。これを一括で計算するために、実質年率が使われます。

カードローンでは事務手数料や保証料がすべて含まれた『実質年率』が表示されているので、その割合以上に手数料を取られたり、保証料がかかったりするということはありません。

金利の相場は?

カードローン利用者の多くは、金利を見て商品(カードローン)を選びます。金利は利用者の心理を考慮し、さらに、法律による制限やサービスとの兼ね合いなどで決められていきます。

金利はどうやって決まるのか

カードローンの金利は、カードローン会社が決めます。ただし、一般的には〇%~△%など、幅を持たせていることが通常です。この幅は、借入額によって金利が変わるということを意味しています。

借入額が少ない場合は、カードローン会社側からすると収益(利息)が少なくなってしまうので、その分金利を高く設定します。反対に、借入額が大きい場合は収益が多くなるので、低い金利で貸付できるということです。

カードローン側からすれば、10万円の貸付も100万円の貸付も、経費は同じだけかかります。しかし、利息による収益は10万円よりも100万円のほうが多く得られます。そこで、金利の高さを調節して収益を平均化させようとしています。

上限は年率20.0%

金利に幅があるといっても、いくらでも高くできるわけではありません。利息制限法という法律によって、金額ごとに上限利息が定められています。

利息制限法で定められている上限金利は以下の通りです。

借入金額(元本) 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

借入額が少なくても、20.0%を超える金利が設定されることはありません。それを超えた金利が設定された場合、超えた分の利息は無効となります。

銀行と消費者金融では大きく違う

金利の相場は、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンで大きく異なります。

消費者金融系カードローンは利用者を広く集めることで収益を計り、銀行系カードローンは、利用者を限定して確実に元金と利息を回収することで、収益を得ようとしています。

具体的な数字でいえば、銀行系カードローンは上限金利14.0%が平均相場、消費者金融系カードローンは上限金利18.0%が平均相場となっています。

利息の計算方法

利息の計算方法はとても簡単です。計算式を利用して一度シミュレートしてみましょう。

利息の計算式について

利息の計算方法は以下のとおりです。

  • 利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365日× 利用日数

利用残高と実質年率を掛けることで、1年間の利息が計算できます。その数字を365日(うるう年は366日)で割り、さらに利用日数で掛けることで、利用日数分の利息が計算できるということです。

シミュレートしてみる

現在借入をしている人は、計算式を使って実際にシミュレートしてみましょう。

たとえば、実質年率18.0%で30万円を借りた場合、1カ月(30日)にかかる利息は、30万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 4,438円となります。

また、カードローン会社によっては自動で計算してくれるシミュレーターを用意しているところもあります。返済計画を立てる際は、ぜひ利用してみてください。

返済額を少なくする方法

返済額を少なくするには、利息を少なくすることが大切です。

早く返済する

利息は日割りで計算されます。つまり、返済期間が長くなればなるほど高額になるということです。

1日でも早く返済すれば、その分利息は少なくなります。自分で決めた返済計画を守り、返済が長引かないように気をつけましょう。

無利息ローンで借りる

消費者金融系カードローンでは、無利息期間を設けていることがあります。初めて借りる人や、はじめの30日間などの条件はありますが、とてもお得に利用できるサービスです。

お金を借りて無利息期間内に返済ができれば、実質利息0円でカードローンを利用することも可能です。

銀行系カードローンよりも、消費者金融系カードローンのほうが金利相場は高いですが、消費者金融系カードローンを上手に利用すれば、総返済額を少なくすることができます。

【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

まとめ

カードローンを利用するときは、利息のこともしっかり考えなければいけません。できるだけ低金利のカードローンを選び、返済計画を立てて早めの返済を心がけましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン