1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの解約の手続き。完済との違いをわかりやすく解説

カードローンの解約の手続き。完済との違いをわかりやすく解説

カードローンを解約するときには、どのような手続きをすればよいのでしょうか。また、完済と解約にはどのような違いがあるのか、カードローンを解約したことによるメリットやデメリットは何なのかなど、カードローン解約の詳細を解説します。

この記事の目次

住宅ローン審査とカードローン解約

カードローンを解約しておかないと、住宅ローンの審査に影響が出る可能性があります。

カードローンの利用は審査に不利

カードローンの契約があると、住宅ローンの審査で不利に働くことがあります。なぜなら、住宅ローンの審査では、『総返済負担率』がチェックされるからです。

総返済負担率とは個人の年収のうち、キャッシングやローンなどの返済額が、どれぐらいの割合を占めているかを表すものです。総返済負担率は、年収額に合わせて以下のように基準が定められています。

  • 年収400万円未満:年収の30%以下
  • 年収400万円以上:年収の35%以下

住宅ローンを組むのであれば、住宅ローンとカードローンなどの借入の、全ての返済を合わせた金額が、上記の基準内に収まっていなければなりません。

住宅ローンは月々の返済額が高いので、カードローンの返済まで合わせると基準内に収まらず、住宅ローンの審査に通らなくなる可能性があります。

カードローン解約を迫られることがある

住宅ローンの申込のときに、カードローンの解約を迫られることがあります。現在カードローンで借入していなくても、カードローンの契約があるだけで、住宅ローンの審査に落ちる可能性があるためです。

その理由は、今はカードローンを利用していなくても、契約が残っていれば、いつでも借入することができるからです。

そのため、多くの住宅ローンの審査では、住宅ローンを組んだ後に、カードローンで借入する可能性を考慮して、カードローンの利用枠=借入額とみなして審査がおこなわれます。

たとえば、利用枠500万円のカードローンに契約したまま、住宅ローンに申し込むと、現在カードローンでの借入額が0円でも『500万円の借入がある』とみなされて、審査に落ちる可能性があります。

このように、カードローンの契約があることが、住宅ローンの審査に影響が出そうな場合に、カードローンの解約を迫られることがあるのです。

解約証明書の提出を求められることがある

住宅ローンの審査のために、カードローンを解約したときには、カードローンの『解約証明書』の提出を求められることがあります。

解約証明書とは、カードローンを契約していた銀行やローン会社から発行される、カードローンを解約したことを証明する書類のことです。

基本的に、銀行やローン会社に依頼すれば発行してもらえますが、解約証明書を発行していない銀行やローン会社も存在します。

また、解約証明書の発行に対応している場合でも、手続きは窓口のみだったり、書類を郵送してもらう必要があったりと、各社で手続きの方法が異なるほか、発行手数料がかかる場合もあるため、注意が必要です。

カードローンの解約証明書を発行してもらえますか | みずほ銀行:FAQ(よくあるご質問)
〔カードローン〕 完済証明書を書面で発行してもらえますか? |住信SBIネット銀行

カードローン解約と信用情報

カードローンを解約した場合、個人信用情報機関(※)にはどのように記録されるのでしょうか。

(※個人信用情報機関とは、クレジットカードやローンなどの利用者の、個人名、住所、勤務先、年収、どこの銀行やローン会社などと契約しているか、利用枠の金額と借入額、借入金の返済状況などの情報が記録されている機関のことです。)

解約と完済の記録は違う

カードローンの解約と完済では、個人信用情報機関の記録が異なります。カードローンの解約とは、ローン会社との契約そのものを解消することで、手続きが完了すれば、カードローンでの借入はできなくなります。

個人信用情報機関には、ローン会社との契約が解消されたことが記録され、最終的にはローン会社との契約があった情報も消されます。

対して、カードローンの完済は、今まで借入していたお金をすべて返し終わったというだけで、ローン会社との契約を解消するわけではありません。必要なときには、再度借入することも可能です。

そのため、個人信用情報機関には、カードローンを完済したという情報が追加されるだけで、ローン会社との契約の情報は残ったままになります。

解約情報が登録されるのは翌月

基本的に、個人信用情報機関にカードローンの解約情報が登録されるのは、解約した月の翌月です。

たとえば、2月15日にカードローンを解約した場合、その情報は3月に登録されます。ただし、ローン会社によって、3月に登録する情報の締め日が決まっており、それに間に合わなかった場合は、4月に入ってから登録される場合もあるので、注意が必要です。

住宅ローンの審査では、個人信用情報機関の記録を照会して、カードローンの契約の有無を調査します。

そのため、住宅ローンに申し込む前に、解約手続きを済ませていたとしても、個人信用情報機関に解約情報が登録されていないと、カードローンの契約があるとみなされ、審査に影響が出る可能性があります。

もし、住宅ローンなどに申し込むために、カードローンを解約するのであれば、解約情報の登録が翌々月になる可能性も考慮して、申込の2カ月以上前に、解約手続きを済ませておいたほうがよいでしょう。

解約情報は一定の期間で消える

カードローンを解約した情報は、一定の期間で個人信用情報機関から消えるようになっています。

個人信用情報機関に登録してある情報は、保有期間が決まっています。カードローンの解約情報の保有期間は、契約終了後5年以内となっているので、その期間を過ぎると、自動的に消されます。

個人情報の取扱い - 全国銀行協会
CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

カードローン解約のメリット

カードローンの解約には、以下のようなメリットがあります。

別のローンの契約にプラスに働く

カードローンを解約しておくと、住宅ローンや自動車ローンなど、別のローンを契約したいときにプラスに働く可能性があります。

ローンを組むときには必ず審査があり、個人信用情報機関の記録が照会されます。このとき、カードローンの契約があることがわかると、審査に落ちてしまうことがあるのです。

前述したように、多くの住宅ローンの審査では、今カードローンを利用していなくても、契約したままであれば、いつでも利用枠分の借入ができるため、カードローンの利用枠=借入額とみなして、審査がおこなわれます。

しかし、カードローンを解約しておけば、カードローンの利用枠が借入額に含まれてしまうことがないため、審査に通りやすくなるといえます。

借金が増える心配がなくなる

カードローンを解約すると、借金が増える心配がなくなります。カードローンは、キャッシュカードで自分の口座からお金を引き出すような感覚で、手軽にお金を借りることができます。

そのため、気軽に借入してしまいやすく、常に借入枠分の借金が増える可能性がつきまといます。しかし、解約してしまえば借入ができなくなるので、借金が増える心配がなくなります。

使わなくなったカードの悪用を防ぐ

カードローンを解約することには、使わなくなったカードの悪用を防ぐという、防犯面でのメリットもあります。

使っていないローン用のカードを解約せずに放置しておき、万が一盗まれてしまった場合、知らないうちに第三者に借入されてしまうかもしれません。

放置しているカードは、盗まれたことに気づきにくいので、被害額が大きくなる可能性も高くなります。必要のないカードローンを解約しておけば、このような事態に巻き込まれる恐れがなくなります。

カードローン解約のデメリット

カードローンを解約する場合、以下のようなデメリットがあります。

解約手続きは少し面倒

カードローンの解約手続きは、少し面倒な場合があります。消費者金融系のカードローンの場合は、解約手続きは電話などで連絡を入れるだけで済み、ローン用のカードの処分も利用者に任せられることが多いので、面倒なことは少ないでしょう。

しかし、銀行系のカードローンの場合は、銀行によって異なりますが、解約手続きのための書類を郵送してもらったり、店舗の窓口に出向いたり、本人確認書類や印鑑が必要になる場合があります。

また、ローン用のカードは、利用者側で処分をせず、銀行に返却するよう求められることもあります。銀行系のカードローンは、消費者金融系に比べ手続きが面倒なことが多いといえます。

必要になったときには再契約の必要がある

カードローンを解約してしまうと、再びカードローンでの借入が必要になったときには、ローン会社と再契約する必要があります。

新規契約と同じ扱いになるので、改めてカードローンに申込をおこない、本人確認書類や収入証明書などの必要書類を提出したうえで、審査を受けなくてはいけません。

また、前回解約してから、再度申し込むまでの期間が短いと、『お金に困っているのでは?』などと疑われ、審査に落ちる可能性があります。

はっきりとした期間は公表されていませんが、再契約を希望する場合は、解約後半年以上は期間を空けたほうがよいでしょう。

カードローンの解約方法

各社のカードローンの解約方法を紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンを解約するときは、店舗に出向いて手続きする必要があります。手続きの際には、以下のものが必要です。

  • ローン用のカード
  • 返済用に指定している口座の印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)

カードローンの契約をおこなった店舗以外で解約手続きをする場合、確認に時間がかかることがあるので、時間に余裕をもって来店するとよいでしょう。

解約証明書の発行は可能ですが、この場合も店舗に出向く必要があり、発行には1通あたり1,620円(税込)の手数料がかかります。

カードローンを解約したい | みずほ銀行:FAQ(よくあるご質問)

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンを解約するときは、『三井住友銀行カードローンプラザ』に問い合わせる必要があります。

三井住友銀行カードローンプラザに電話をかけて、解約したいことを伝え、担当者の指示に従って手続きを進めましょう。解約証明書が必要な場合は、その旨も伝えておきましょう。

カードローンに関するご相談 お問い合わせ : 三井住友銀行<公式>

アコム

アコムのカードローンを解約するときは、アコム総合カードローンデスクに電話をかけるか、自動契約機(むじんくん)や店頭窓口に出向き、手続きをする必要があります。解約証明書が必要な場合は、解約手続きの際に担当者に伝えておきましょう。

【アコム公式FAQ】カードを解約したいのですが?|カードローン・キャッシングならアコム

解約したカードローンの再契約

ここでは、解約したカードローンの再契約について解説します。

再契約のペナルティはない

解約したカードローンに再度申込をしても、ペナルティがつくことはありません。ただし、先述のとおり解約から再契約までの期間が短いと『金銭的に困っているのではないか?』などと疑われ、印象が悪くなる可能性があります。

そうなると、審査に通りにくくなってしまうので、カードローンの再契約は、解約から半年以上は時間を置いたほうがよいでしょう。

どうしても急ぎで借入する必要がある場合は、解約したカードローンの再契約ではなく、他社のカードローンに申し込むことも検討してみましょう。

審査と在籍確認はもう一度必要となる

再契約の場合でも、審査と在籍確認は再度必要となります。年収や勤務先、他社での借入額などの信用情報が、前回の契約時と異なる可能性があるためです。

新規の申込と同じ扱いになるので、初回の申込のときと同様に、申込書類の記入、本人確認書類や収入証明書などの提出、職場への在籍確認の対応などをおこなわなければなりません。

前回の契約時と同じ利用枠になるとは限らず、審査の結果次第では、前回よりも利用枠が低くなったり、逆に高くなったりする可能性があります。

カードローンを解約しない方がいい場合

以下のような場合は、カードローンを解約しないほうがよいでしょう。

毎月の生活費がギリギリである

毎月の生活費がギリギリである場合、カードローンは解約せずに残しておくのがおすすめです。なぜなら、結婚式などの予定が入ったとか、事故に遭ってしまったなど、急にまとまった額のお金が必要になることがあるからです。

一度カードローンを解約してしまうと、再度借入が必要になった場合に、改めて申込をおこなって、審査を受けなければならず、急ぎのときに間に合わない可能性があります。

また、前回の契約時と同様の利用枠になるとは限らず、審査の結果次第では、前回よりも低い利用枠が設定される可能性があります。場合によっては、カードローンの審査に落ちてしまうこともあります。

今は必要がなくても、解約さえしなければいつでも借入することができ、いざというときの助けになります。生活費に余裕が出るまでは、カードローンは解約しないほうがよいでしょう。

無利息での短期借入を賢く利用している

無利息での短期借入を賢く利用している場合も、カードローンを解約する必要はないでしょう。カードローンには、期間内に返済すれば、利息なしで借入できる『無利息期間』を設けているものがあります。

急な出費があったときだけ借入し、無利息期間内に完済していれば、住宅ローンなどの審査への影響も少ないといえます。

また、定期的にカードローンを利用して、延滞なく支払いを続けていると、優良な利用履歴(クレジットヒストリー)を積むことができます。

優良な利用履歴は、クレジットカードやローンの審査の際に有利に働くこともあるので、このような利用の仕方であれば、カードローンを解約する必要はないといえます。

ノーローン

ノーローンとは、新生銀行が取り扱っているカードローンで、何度でも1週間無利息で借入できるカードローンです。

借入から1週間以内に完済すれば、利息なしで借入することができ、さらに完済した翌月に再び1週間無利息で借入ができます。

通常無利息期間が設けられるのは、初回借入時の1回のみであることがほとんどなので、時々カードローンで少額借入するという人には、とてもお得なカードローンです。

なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

まとめ

カードローンの解約手続きは、銀行などの店舗に出向いたり、書類を郵送してもらう必要があったりと、少し手間がかかる場合があります。

また、カードローンの解約情報が個人信用情報機関に記録されるのは、解約した月の翌月、場合によっては翌々月になることがあります。もし住宅ローンの契約のために、カードローンを解約するのであれば、早めに手続きを済ませておきましょう。

少額の借入であれば、カードローンを解約しなくてもよい場合もあるので、自分の利用状況をよく考えて、適切な対応をとることが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 56日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり