1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. じぶん銀行カードローン。じぶんローンau限定割の実力を検証

じぶん銀行カードローン。じぶんローンau限定割の実力を検証

じぶん銀行カードローンは、申込から返済まですべてインターネット上で完結するカードローンです。自分で選べる返済日やauユーザーが利用できるお得なサービスなど、ほかにはない魅力が豊富です。気になる金利やコースの種類などを詳しくみていきましょう。

この記事の目次

じぶん銀行カードローンじぶんローンau限定割とは?

株式会社じぶん銀行は、KDDI株式会社と株式会社三菱東京UFJ銀行が共同出資するネット銀行です。KDDIは携帯キャリアである『au』を提供している会社で、じぶん銀行カードローンと共同で強力なサービスを展開しています。

誰でもコース

じぶん銀行カードローンの誰でもコースは、auユーザーなら誰でも利用できるサービスです。au IDを登録していればサービスを受けられ、じぶん銀行カードローンの金利が0.1%優遇されます。

スマートフォンのauキャリアだけでなく、auひかり・auひかりちゅら・au one netなどインターネットの光回線サービスも対象です。

借り換えコース

じぶん銀行カードローンの借り換えコースは、他社カードローンからじぶん銀行カードローンに借り換えることで受けられるサービスです。じぶん銀行カードローンで借入をして、他社で借りている分を返済することが条件となります。

こちらもauユーザー限定のサービスなので、au IDへの登録が必要です。限度額100万円以上など少し条件は厳しめですが、0.5%の金利優遇はとても大きいです。

スペック表

じぶん銀行カードローンの金利や、限度額などのスペックを一覧にまとめました。

項目 内容
金利 2.2%~17.5%
限度額 10万円~800万円
審査時間 最短翌営業日
即日融資 不可
融資条件 年齢:契約時に満20歳以上70歳未満
収入:安定継続した収入がある(自営 / パート / アルバイトを含む)
在住:国内に在住し、保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる
在籍確認 あり / 電話(主婦 / 年金受給者は除く)
必要書類 本人確認書類(運転免許証等)/ 収入確認書類(借入額が50万円超の場合)
申込方法 インターネット(スマートフォン / パソコン)
借入方法 ATM / 振込サービス
無利息期間 なし
返済方法 ATM / 自動支払
返済期日 35日ごと返済 / 期日指定返済
増額 可能 / 審査あり

金利

まずはカードローンを選ぶうえで、一番重要な金利から確認していきましょう。じぶん銀行カードローンau限定割引には『誰でもコース』と『借り換えコース』の2種類があるので、通常コースとあわせて3つのコースの金利をご紹介します。

3つのコースの金利比較

限度額 通常コース 誰でもコース 借り換えコース
710万円~800万円 2.2%~3.5% 2.1%~3.4% 1.7%~3.0%
610万円~700万円 3.5%~4.5% 3.4%~4.4% 3.0%~4.0%
510万円~600万円 4.5%~5.0% 4.4%~4.9% 4.0%~4.5%
410万円~500万円 5.0%~6.0% 4.9%~5.9% 4.5%~5.5%
310万円~400万円 6.0%~7.0% 5.9%~6.9% 5.5%~6.5%
210万円~300万円 7.0%~9.0% 6.9%~8.9% 6.5%~8.5%
110万円~200万円 9.0%~13.0% 8.9%~12.9% 8.5%~12.5%
10万円~100万円 13.0%~17.5% 12.9%~17.4% 12.5%

auユーザー以外の利用者は通常コースになり、金利は2.2%~17.5%です。さらに誰でもコース適用であれば0.1%優遇、借り換えコース適用であれば0.5%優遇となります。

※借り換えコースは限度額100万円以上が条件です。

じぶん銀行カードローンau限定割 | じぶん銀行

他行との比較

限度額 バンクイック 三井住友カードローン
700万円超 800万円以下 - 4.0%~4.5%
600万円超 700万円以下 - 4.5%~5.0%
500万円超 600万円以下 - 5.0%~6.0%
400万円超 500万円以下 1.8%〜6.1% 6.0%~7.0%
300万円超 400万円以下 6.1%〜7.6% 7.0%~8.0%
200万円超 300万円以下 7.6%〜10.6% 8.0%~10.0%
100万円超 200万円以下 10.6%〜13.6% 10.0%~12.0%
100万円以下 13.6%〜14.6% 12.0%~14.5%

銀行系カードローンの上限金利の平均は14.0%前後です。14.0%より高ければ割高、低ければ割安と判断してよいでしょう。

じぶん銀行カードローン通常コースの場合、上限金利は17.5%なので、銀行系カードローンの中では高めの金利設定です。しかし借り換えコース適用であれば、限度額100万円で12.5%の金利なのでとても割安です。

カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行カードローン : 三井住友銀行

限度額

限度額とは、いくらまで借りられるかという金額のことです。限度額は審査によって決定しますが、その限度額にも上限が決まっています。

じぶん銀行カードローンの限度額は10万円~800万円で、上限限度額は800万円です。参考までに、ほかのカードローン会社の上限限度額を比較すると以下のとおりになります。

カードローン 上限限度額
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友カードローン 800万円
アコム 800万円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
りそなクイックカードローン 200万円

審査

じぶん銀行カードローンを利用するためには、所定の審査を通過する必要があります。職業や収入などを調査し、返済能力があると認められれば、カードローンの利用が可能となります。

反対に、収入がない場合や勤務年数が短い場合など、返済能力がないと認められた場合は、カードローンを利用することができません。

じぶん銀行カードローンは、アコムが保証会社となっています。つまり、審査はじぶん銀行ではなくアコムが行うということです。

ただし、審査基準はじぶん銀行カードローンが規定する基準に従うので、利用者が審査の段階で気にすることはありません。

カードローンを利用して返済ができなくなった場合は、アコムがじぶん銀行カードローンに対して代わりに返済をします。そのあと利用者は、アコムに対して借金を返済していくことになります。

即日融資

じぶん銀行カードローンでは、即日融資はできません。借入できるのは最短でも翌日となります。これまで多くのカードローン会社が『即日融資』『最短30分』などのうたい文句で利用者を増やしてきました。

しかし、返済能力のない利用者が簡単な審査でカードローンを利用してしまい、多重債務や自己破産になってしまうという案件が増えてしまいました。

そこで、消費者保護の観点から、銀行系カードローンの即日融資は、2018年1月から全面廃止されることになりました。今ではどの銀行系カードローンも即日融資不可となっています。

融資条件

  • 年齢:契約時に満20歳以上70歳未満
  • 収入:安定継続した収入がある(自営 / パート / アルバイトを含む)
  • 在住:国内に在住し、保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる

じぶん銀行カードローンでは、上記が融資条件となります。『アコムの保証が受けられる』というのは、『アコムの審査に通過する』ということです。

誰でもコース

  • 申込時にau IDを登録すること
  • 登録するau IDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービスを設定していること
  • 判定日時点でじぶん銀行のau ID登録が有効となっていること

基本的な融資条件のほかに、上記条件を満たすことで、誰でもコースを利用することができます。auユーザーであれば確実に利用できるコースなので、積極的に利用するようにしましょう。

借り換えコース

  • 増額審査に通過し、限度額が100万円以上であること
  • じぶん銀行カードローンからの借入金で他社の借入金を返済すること

誰でもコース適用条件に加えて、上記条件を満たすことで借り換えコースが適用となります。限度額100万円以上なので少し厳しめの条件ですが、金利優遇は0.5%と非常に大きいです。

ただし、主婦や収入が年金のみの人は借り換えコースを受けることができません。さらに、審査の結果によっては、返済した他社カードローン会社の解約を依頼されることもあるので注意が必要です。

在籍確認

じぶん銀行カードローンでは、審査の際に電話での在籍確認が行われます。専業主婦や収入が年金のみの場合など、確認する勤め先がない場合はこの限りではありません。

その場合、配偶者(夫)の収入証明書(給与明細など)や、年金受給証明書などが必要となります。配偶者への連絡や、自宅に郵送物が送られてくるようなことはありません。

必要書類

じぶん銀行カードローンの申込は、すべてインターネット上で完結します。本人確認書類や収入確認書類が必要で、詳細は限度額によって異なります。

50万円以下の申込

限度額が50万円の希望であれば、必要書類は本人確認書類だけです。インターネットで申込をする際、スマートフォンなどで撮影した本人確認書類をアップロードするだけで本人確認が完了します。

本人確認ができる書類は以下のとおりで、いずれか1点が必要です。

  • 運転免許証(運転経歴証明書も可)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

郵送やFAXの場合はコピーで対応可能です。審査の内容によっては、2種類必要になることもあります。

50万円超の申込

限度額が50万円を超える場合、本人確認書類のほかに『収入が証明できる書類』が必要です。収入証明ができる書類は以下のとおりです。(いずれか1点)

  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 住民税決定通知書(前年度分)
  • 地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)

上記書類が用意できない場合、給与証明書でも対応してもらえる可能性があります。また、個人事業主の場合は確定申告書控えのコピーが必要なので、用意しておきましょう。

商品詳細 | カードローン(じぶんローン) | じぶん銀行

申込方法

じぶん銀行の口座とau IDを持っていれば、最短で申込が可能です。

パソコンやスマホでの申込が基本

じぶん銀行カードローンの申込は、パソコンやスマートフォンなどのインターネットによる申込が基本です。申込の際にau IDを持っていれば、必要事項の入力を簡略化することができます。

郵送での提出

インターネットによる画像のアップロードができない場合や、その方法を避けたい場合は、郵送での書類提出も可能です。送付した書類は返送されないので、必ずコピーを送るようにしましょう。

郵送で送付する場合、送り先は以下の通りです。

書類送付先 郵便番号 住所
じぶん銀行ローンセンター 〒104-0033 東京都中央区新川1-28-38
東京ダイヤビルディング1号館6階

じぶんローン返信用封筒(PDF)

FAXでの提出

郵送だけでなく、FAXでも必要書類の送付が可能です。ただし、運転免許証などの顔写真が濃くなりすぎて読み取れないこともあるので、倍率200%で色を薄めにするなどの対策が必要です。

FAX送付先 FAX番号
じぶん銀行ローンセンター 0120-926-977

借入方法

じぶん銀行カードローンは、2種類の借入方法を利用できます。ひとつはインターネットでの振込依頼による方法、もうひとつは、ローンカードを使ってコンビニなどのATMで借入する方法です。

振込での借入

項目 内容
利用手数料 無料
最小借入金額 10,000円
借入単位 10,000円
利用可能時間 原則24時間365日(ローンセンターでの申込は平日9:00~20:00、土日祝9:00~17:00)
メンテナンス時間 毎週月曜日 1:00~5:00
毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

振込依頼による借入は、じぶん銀行以外の銀行口座でも利用可能です。振込依頼の利用手数料は無料で、原則365日いつでも借入ができて大変便利です。

ATMでの借入

項目 内容
利用手数料 無料(提携ATM・利用時間・利用回数にかかわらず)
最小借入金額 1,000円
借入単位 1,000円
利用可能時間 24時間365日(提携ATMの営業時間のみ)
メンテナンス時間 毎週月曜日 1:00~5:00
毎月第2土曜日 21:00~翌7:00
ATM借入上限額 設定可能

三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・ローソン(一部)・セブン銀行と、イーネットATM対応のATM機器が設置されているスーパーやコンビニで借入が可能です。

原則24時間365日対応可能ですが、銀行やスーパーなど設置元の営業時間に左右されてしまうのがデメリットです。

無利息期間

じぶん銀行カードローンに無利息期間はありません。消費者金融系で多い無利息期間サービスは、短期間で返済する場合に大変お得です。

30日以内に返済できる場合は無利息期間のあるカードローンを選び、返済にそれ以上かかる場合は、じぶん銀行カードローンなどの金利が低いカードローンを選びましょう。

返済

返済を遅滞なく行うためにも、返済方法は重要なポイントです。じぶん銀行カードローンでは、ATMによる返済と登録口座からの自動引き落としを選ぶことができます。

ATMでの返済

項目 内容
返済日 任意(35日ごと返済 / 期日指定返済)
利用手数料 無料
最小返済金額 1,000円
返済単位 1,000円(硬貨対応しているATMの場合は1円)
利用可能時間 24時間365日(提携ATMの営業時間のみ)
メンテナンス時間 毎週月曜日 1:00~5:00
毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

借入と同じように、三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・ローソン(一部)・セブン銀行と、イーネットATM対応のATM機器が設置されているスーパーやコンビニで返済が可能です。あらかじめ指定しておけば、35日ごとに返済することもできます。

自動支払い

項目 内容
支払手数料 無料
最小返済金額 約定返済額以上
返済単位 1円
返済日 任意(期日指定返済のみ)

引き落とし口座を登録しておけば、毎月の指定日に自動支払いが行われます。35日周期の支払いはできませんが、自分が指定した任意の期日を設定できるため、給与日などに合わせて返済ができます。

借入・返済 | カードローン(じぶんローン) | じぶん銀行

増額

カードローンの金利は、限度額によって大きく左右されます。限度額を増額することができれば、金利が低くなるので大変お得です。

増額を希望する場合は、じぶん銀行ローンセンターに電話で申し込み、その後審査が行われます。増額審査で重要になるポイントは以下のとおりです。

  • 過去半年間遅滞なく返済したか
  • 収入が安定しているか
  • 他社からの借入はないか

特に過去の返済で遅滞があれば、返済能力を疑われるため増額審査に通りにくくなります。さらに、複数社から借入があると『返済が困難になる可能性がある』と判断され、審査は不利になるでしょう。

まとめ

じぶん銀行カードローンは、ほかの銀行系カードローンよりも金利は高めですが、au限定割をうまく利用できれば、大変お得なカードローンです。さらに、返済日の任意指定や35日周期での返済など、使い方によってはとても便利に利用できます。

auユーザーであればお得なサービスが受けられるので、ぜひカードローン選びの参考にしてみてください。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン