1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. みずほ銀行カードローンの特徴。メガバンクならではの魅力

みずほ銀行カードローンの特徴。メガバンクならではの魅力

みずほ銀行カードローンは、ほかの銀行系カードローンと比べて低めの金利設定が特徴です。さらに、全国のコンビニATMで借入・返済ができるなど、メガバンクならではの強みもあります。審査を受ける前に、限度額や融資条件についても確認しておきましょう。

この記事の目次

みずほ銀行カードローンとは?

カードローンとは、個人向けの無担保融資(ローン)のことです。住宅ローンや自動車ローンと違い使い道は自由で、数千円の借入も可能です。

みずほ銀行カードローンは、3大メガバンクのひとつ『株式会社みずほ銀行』が提供するカードローンサービスです。みずほ銀行は日本屈指の大企業『みずほフィナンシャルグループ』の完全子会社で、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行と並ぶ都市銀行です。

みずほ銀行カードローンは、ほかの銀行系カードローンと比べて金利が低く、長期的に借入をする人に向いています。

スペック表

みずほ銀行カードローンのスペックを、一覧にしてまとめました。

項目 内容
金利 年2.0〜14.0%
限度額 10〜800万円
審査時間 最短翌営業日
即日融資 不可
在籍確認 あり / 電話
融資条件 年齢:契約時に満20歳以上66歳未満
在籍:国内に居住する個人(永住許可を受けている外国人)
収入:原則安定した収入があり、保証会社((株)オリエントコーポレーション)の保証を受けられる
必要書類 本人確認書類(運転免許証等)/ 収入確認書類
申込方法 インターネット /  窓口 / 電話 / 郵送
借入方法 ATM / みずほダイレクト / 自動貸越機能
無利息期間 なし
返済方法 自動引き落とし/ ATM / みずほダイレクト
返済期日 毎月10日
増額 可能 / 審査あり

金利

金利は年率2.0〜14.0%と、ほかの銀行系カードローンよりも低めに設定されています。金利に幅があるのは、利用限度額によって異なるためです。

利用限度額 利率
800万円 2.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
500万円以上600万円未満 5.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
10万円以上100万円未満 14.0%

みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合は、上記の金利から0.5%引き下げがあります。つまり、利用限度額800万円でさらに住宅ローンを利用している人は、年利1.5%で融資を受けることができます。

みずほ銀行 : カードローン金利・ご利用限度額

限度額

限度額とは『借入できる金額の上限』のことで、審査によって決められます。しかし、限度額は自分で決められるものではなく、特に初めて借入をする人は、10万円以上100万円未満に設定されることがほとんどです。

参考までに、ほかのカードローンと上限限度額を比較すると、以下の通りになります。

カードローン 上限限度額
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友カードローン 800万円
アコム 800万円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
りそなクイックカードローン 200万円

審査

銀行系カードローンのほとんどは、消費者金融や信販会社を『保証会社』としています。保証会社とは、審査や債権保全の役割を持つ会社のことです。

みずほ銀行と保証会社による審査

みずほ銀行カードローンの審査は、当行ではなく保証会社として業務委託している株式会社オリエントコーポレーションが行います。みずほ銀行以外の銀行も、消費者金融や信販会社を保証会社としています。

ここで重要なポイントは、審査基準は『委託元の基準で決まる』ということです。例えば、みずほ銀行カードローンの場合、審査をするのはオリエントコーポレーションですが、審査基準はみずほ銀行が定めた基準で審査が行われます。

保証会社の役割

保証会社の主な役割は、利用者の審査をすることと、債権を保全することです。『債権』とは、お金を貸している権利のことです。

債権保全は、貸したお金を確実に回収するための方法です。保証会社が債権を保全していることで、銀行などの委託元が貸したお金を回収できなかった場合、保証会社がそのお金を銀行に対して弁済(返済のこと)します。

保証会社が債権を保全しても、カードローン利用者の借金がなくなるわけではありません。債権が銀行から保証会社に移り、今度は保証会社に対してお金を返さなければいけないということです。

審査時間

みずほ銀行カードローンの審査時間は、申込方法にもよりますが、およそ2〜3日となっています。申込方法ごとの審査時間の目安は以下の通りです。

申込方法 審査時間
インターネット 翌営業日以降
店頭 翌々営業日以降
郵送 申込書到着後、翌々営業日以降
電話 申込受付後、翌々営業日以降

表を見てもわかるように、インターネットでの申込が最も早く融資を受けられる方法です。スマートフォンでも申込はできるので、パソコンがない人にもおすすめの申込方法です。

即日融資

みずほ銀行カードローンでは、即日融資を受けることができません。銀行系カードローン全体の融資額急増と、多重債務者や自己破産者の増加により、全国銀行協会が即日融資の廃止を発表しました。

さらに、審査項目の中に『警察庁のデータベースでの個人情報の照会』が追加され、これに時間がかかることから実質的にも、即日融資はできなくなっています。

融資条件

 

  • 年齢:満20歳以上66歳未満
  • 在籍:国内に居住する個人(永住許可を受けている外国人)
  • 収入:原則安定した収入があり、保証会社((株)オリエントコーポレーション)の保証を受けられる

上記条件を満たしていれば、みずほ銀行カードローンを利用することができます。

カードローンの借入は『無担保ローン』であることから、利用者が返済ができなかったときは『保証会社』に保証をしてもらう必要があります。

つまり、『保証会社の保証を受けられる』とは、保証会社の審査に通過するという意味でもあります。

在籍確認

みずほ銀行カードローンでは、審査の際に勤務先への在籍確認が必ず行われます。ただし、個人名でかけてもらうことも可能なので、職場の人に知られてしまう可能性はほとんどありません。

在籍確認は申込時に申請した勤務先に、本人が在籍しているかどうかの確認だけで、それ以上のことを踏み込んで聞かれることはありません。

必要書類

ここでは、みずほ銀行カードローンに申し込む際に必要となる書類について確認します。

申込借入額50万円以下の場合

申込借入額が50万円以下の場合、『本人確認書類』の提出が必要です。以下のいずれか1点のコピーを用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)
  • 住民票(発行後3カ月以内のもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

もっとも明快なのは運転免許証ですが、氏名・住所・生年月日が書かれてあれば、ほかの書類でも問題ありません。

結婚で姓が変わったり、引っ越しで住所が変わったりした場合は、変更点が記載されているページも忘れずにコピーを取っておきましょう。

申込50万円超の場合

借入希望額が50万円を超える場合、本人確認書類のほかに『収入確認書類』が必要です。以下のいずれか1点のコピーを用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

個人事業主や会社経営者の場合は、源泉徴収票以外のどちらかが必要です。

申込方法

みずほ銀行カードローンには、多様な申込方法があります。

パソコンからの申込

数ある申込方法の中でもっとも簡単な方法は、パソコンからの申込です。みずほ銀行公式サイト申込ページの『お申し込みボタン』から申し込めます。

  • 重要事項の確認
  • 希望限度額を入力
  • 本人様情報の登録
  • 登録情報の確認

以上の入力が終われば申込みは完了です。入力した情報を元に審査が開始されるので、メール連絡を待ちましょう。すでにみずほ銀行の口座を持っている人は、利用限度額が50万円以下であれば、審査通過後すぐに融資を受けられます。

みずほ銀行 : パソコンからのカードローンお申し込み

スマートフォンからの申込

スマートフォンから申し込めるのは、みずほ銀行カードローンの強みです。みずほ銀行カードローンの公式サイトから、QRコードの読み取るとスマホ専用サイトにアクセスできます。

申込方法はインターネットと同じで、『お申し込みボタン』から必要情報を入力していき、登録情報を確認して完了です。本人確認書類はスマートフォン内臓のカメラで撮影し、そのまま登録用URLに画像をアップロードするだけで登録が完了します。

みずほ銀行 : スマートフォンからのカードローンお申し込み

郵送での申込

郵送でも申込はできますが、みずほ銀行の口座をすでに持っている人に限ります。口座を持っていない人は、口座の開設をしてから申し込むか、別の申込方法を選びましょう。

郵送で申し込む場合は、みずほ銀行に備え付けのメールオーダー(カードローン申込書等)に必要事項を記入して郵送します。本人確認書類など、必要書類のコピーの同封を忘れずに送付しましょう。

キャッシュカード兼用型を選んだ人は、郵送で審査の結果が送られてくるので、審査通過後、すぐにキャッシュカードでカードローンの利用が可能です。カードローン専用型を選んだ人は、1~2週間で審査の結果とカードが送られてきます。

みずほ銀行 : 郵送(メールオーダー)でのカードローンお申し込み

電話での申込

みずほ銀行カードローンには、カードローンの申込専用ダイヤルが用意されています。携帯電話やスマートフォンからも申込が可能です。

電話番号 受付時間
 0120–324–555  月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
(12月31日〜1月3日 祝日・振替休日は除く)

上記番号に電話をかけると音声案内が流れるので、案内に従って『1』を押します。その後オペレーターにつながったら、質問に答えていけば申込が完了します。

みずほ銀行 : 電話でのカードローンお申し込み

窓口での申込

みずほ銀行の窓口でも、カードローンの申込ができます。本人確認書類と印鑑を持参し、自宅から近い店舗窓口で手続きをしましょう。希望借入額が50万円以上の場合は、収入証明書も必要です。

みずほ銀行 : 窓口でのカードローンお申し込み

借入方法

みずほ銀行カードローンの借入方法は、ATMでの借入・みずほダイレクトでの借入・自動貸越機能での借入の3種類です。それぞれの特徴を知って、自分に合った借入方法を選びましょう。

ATMでの借入

もっとも利用しやすい借入方法はATMでの借入です。ATMが設置されている場所はみずほ銀行のほかに、セブン銀行・ローソン・ファミリーマート・サンクス・セーブオン・ポプラ・デイリーヤマザキなどがあります。

ATM利用手数料は基本的に無料ですが、時間帯によっては手数料がかかってしまうこともあります。

みずほ銀行 : カードローンのご利用可能なATMについて

みずほダイレクトでの借入

パソコンやスマートフォンから、あらかじめみずほダイレクトに登録をしておけば、インターネットや電話で振込依頼ができるようになります。

自分のみずほ銀行口座に振り込まれるので、引落残高が足りない場合や、デビットカードを利用する際に便利です。

みずほ銀行 : みずほダイレクトでのカードローンお取り引き

自動貸越機能

自動貸越機能は、キャッシュカード兼用型限定の機能です。キャッシュカードで自分の口座からお金を引き出した際に残高が足りなかった場合、不足分を自動的にカードローンから借入ができるシステムです。

例えば、口座残高5,000円から8,000円を引き出そうとすると、不足分の3,000円を自動的にカードローンから借り入れしてくれます。

無利息期間

みずほ銀行カードローンに無利息期間はありません。主に消費者金融系のカードローン会社では無利息期間を設けているので、短期間で返済をする場合は、そちらを利用したほうがお得になることがあります。

みずほ銀行カードローンは金利が低いので、長期的な借入に向いています。

返済

カードローンを利用するには、借入方法も大事ですが、返済についてもしっかり考えておく必要があります。無計画な返済では生活が苦しくなってしまうので、月々の返済額や自分にあった返済方法を決めておきましょう。

月々の返済額

みずほ銀行カードローンの返済額は、前月10日のカードローン残高で決まります。限度額が200万円未満の場合と200万円円以上の場合で異なるので、それぞれ確認しておきましょう。

利用限度額200万円未満

前月10日の利用残高 毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 利用残高が50万円増すごとに1万円追加

利用限度額200万円以上

前月10日の利用残高 毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超 利用残高が100万円増すごとに1万円を追加

返済方法

みずほ銀行カードローンでは、3種類の返済方法があります。基本は自動引落しですが、利息を少しでも抑えるためには任意返済も必要です。

自動引落し

毎月10日の利用残高に応じて、翌月の引落し額が決定します。引落し日は10日ですが、夜間(0時以降)に行われるので、前日には口座にお金を入れておかなければなりません。引落し額決定日と引落し日は、銀行の休業日であれば翌営業日になります。

ATMでの任意返済

銀行やコンビニに設置されているATMで、任意返済が可能です。任意返済とは、自動引落しとは別に、自分が都合のよいときに返済をするというシステムです。

返済金額は自由に決められ、みずほ銀行ATMなら1円単位から、コンビニATMでは1,000円単位で返済できます。ただし、任意返済をしても自動引落しは行われるので、残高に注意しましょう。

みずほダイレクトでの任意返済

ATMでの任意返済と同じように、みずほダイレクトでも任意返済が可能です。月曜日~金曜日の0時00分~15時00分の受付は当日扱いですが、それ以外の時間帯の受付は翌営業日扱いとなります。

ATMでの任意返済と同じように、みずほダイレクトで任意返済をしても自動引落しは行われます。

増額

みずほ銀行カードローンでは、限度額の増額(増枠)が可能です。増額には審査が必要で、新規契約の審査よりも審査基準は厳しくなります。

増額審査の主な基準は以下の通りです。

  • 収入が十分あるか
  • 今まで返済の遅延がなかったか
  • ほかの銀行や消費者金融からの借入はないか

これらの基準が満たされていれば、限度額の増額が認められます。

まとめ

みずほ銀行カードローンは無利息期間はないものの、金利が低いため長期的な借入に向いています。さらに借入方法や返済方法が多様で、利便性も高いです。銀行系カードローンなので審査は厳しめですが、収入が十分にある人は検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり