1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンは低金利が一番。おすすめのカードローン5社を紹介

カードローンは低金利が一番。おすすめのカードローン5社を紹介

カードローンを利用するなら、低金利のカードローンで借り入れするのが一番です。本記事では、カードローンに申し込む前に知っておくとよい、カードローンの種類や金利、即日融資の条件、おすすめの低金利カードローンなどをご紹介します。

この記事の目次

カードローンとは

カードローンとは、担保や保証人を必要としない個人向けの融資のことです。

自動車ローンや住宅ローンなどの、目的が決まっているローンとは異なり、用途を限定しないフリーローンなので、生活費や引っ越し費用など、利用者の目的に応じて自由に使えます。

ただし、ほとんどの個人向けのカードローンは、事業資金には利用できません。事業目的での借入は、専用のローンに申し込む必要があります。

銀行系と消費者金融

カードローンには、『消費者金融系』と『銀行系』の2種類があります。消費者金融とは、法律に則って個人に金銭の貸付を行う業者のことです。

消費者金融系カードローンとは、消費者金融が提供しているカードローンのことで、比較的審査が緩く、審査結果が出るまでのスピードが早いのが特徴です。

銀行系カードローンは、銀行が提供しているカードローンです。消費者金融系カードローンに比べ、審査が厳しい傾向にあり、審査では個人信用情報機関のほかに、警察庁のデータの照会も行うため、結果が出るまでに時間がかかります。

総量規制で限度額に差

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンでは、利用限度額に差があります。なぜなら、貸金業者に課されている貸金業法の中に、『総量規制』という規制があるためです。

総量規制では、カードローンやキャッシングなどの、個人の借入総額を年収の1/3に制限するように定められています。

消費者金融はこの規制の対象に入っているため、カードローンの利用限度額を、最大でも年収の1/3までにしか設定できません。

一方、銀行系カードローンはこの規制の対象外であるため、審査の結果次第ですが、年収の1/3以上の利用限度額が設定される可能性もあります。

まとまった額の借入が必要な場合は、利用限度額に制限がある消費者金融系カードローンよりも、銀行系カードローンにしたほうがよいでしょう。

カードローンは低金利で選ぶ

カードローンで借入をするときは、できるだけ低金利のものを選びましょう。金利とは、お金を借りるためのレンタル料のようなもので、『利息』や『実質年率』などと記載されている場合もあります。

当然、低金利のカードローンで借入をしたほうが、返済総額が安くなります。借入金額が大きく、返済期間が長いほど支払う金利は多くなるので、各カードローンの金利をしっかり比較しておきましょう。

  • 『元金(借入金額)×金利(実質年率)÷365日×借入期間』

金利がいくらかかるのかは、上記の計算式により算出します。借り入れする前に、月々の返済額がいくらになるのかを計算しておくとよいでしょう。

最大金利をチェック

低金利のカードローンを探すときに大切なのが、最大金利をチェックすることです。多くのカードローンでは、金利が一律ではなく、利用限度額が高いほど金利が安く、利用限度額が低いほど金利が高くなります。

金利が一律でないカードローンでは、商品説明に『金利年4.0%~年14.5%』のように、最低金利と最大金利が記載されています。

初めての利用で高額な利用限度額が設定されることは少なく、最大金利になる可能性が高いので、カードローンの金利を見るときは、最大金利もチェックしておきましょう。

金利に差がある理由は、万が一返済が滞ったときのための対策として、貸付金の早期回収を図るという一面もあるからです。

利用限度額が低めに設定されている人は、年収が低い、または収入が不安定などの理由で、延滞のリスクが高いことから、リスク回避の手段として金利を上げて、貸付金の早期回収をしています。

しかし、利用限度額が高く設定される人は、年収や社会的地位が高く、過去に延滞などの金融事故も起こしていない優良顧客=信用度が高いと判断され、延滞のリスクが少ないので、金利を高くして早期回収する必要がないのです。

銀行系のほうが低金利

カードローンは、銀行系カードローンのほうが、消費者金融系カードローンよりも低金利です。消費者金融系は年4.5%〜18.0%程度、銀行系が年4.0〜14.0%程度となっています。

銀行系カードローンのほうが低金利である理由は、正社員などの安定した収入がある人をターゲットにしているからです。

正社員ではない人でも利用できる銀行系カードローンは存在しますが、審査の際に年収や勤務年数などを調査し、収入が安定しているかを確認されます。

収入が安定している人なら、延滞のリスクが低いので、金利を高くして貸付金を早期回収する必要がありません。

また、銀行は万が一返済が行われず損害が発生しても、その分を補てんできるぐらいの圧倒的な資金力があるので、低金利のカードローンを提供できるのです。

短期借入なら消費者金融系がお得

短期借入であれば、消費者金融系カードローンのほうが、お得に利用できることもあります。

無利息期間あり

消費者金融系カードローンには、『無利息期間』が設けられているものがあります。無利息期間とは、消費者金融が定めた期間内に返済すれば、利息なしで借入できるというものです。

利息がない分、銀行系カードローンよりも返済総額が安く済みます。カードローン会社によって、無利息期間の日数が異なるので、申し込む前に無利息期間が何日あるのかチェックしておくとよいでしょう。

即日融資を希望するなら

即日融資を希望するなら、以下の条件を満たす必要があります。

即日融資に必要な2つの条件

即日融資で必要な条件のひとつめは、『消費者金融系カードローンにすること』です。銀行系カードローンは2018年から、審査の際に警察庁のデータの照会も必要になったため、審査に時間がかかるようになりました。

個人への即日融資も停止されているので、即日融資を希望するなら、消費者金融系カードローンに申し込むしかありません。

2つめは『借入希望額を低くしておくこと』です。借入希望額が低い申込の審査は、審査が比較的緩い傾向にあるので、審査がスムーズに進みやすいといえます。

反対に、借入希望額が高いと、万が一返済が滞った場合の損害額が増えるため、審査が厳しくなります。

収入を証明する書類の提出や、職場への在籍確認の電話などが必要となることもあり、審査に時間がかかって、即日融資に間に合わなくなる可能性があるので、借入希望額は低くして申し込みましょう。

消費者金融は審査が早い

消費者金融系カードローンは審査が早いものが多く、ネット申込や自動契約機からの申込であれば、最短30分程度で終わるものもあります。

ただし、確実に30分で終わる保証はなく、場合によっては時間がかかることもあるので、もしも時間がかかってしまったときのことを考慮して、午前中に申込手続きを済ませておきましょう。

また、前もってネット申込をしておき、自動契約機でローン専用カードを受け取るようにするなどの方法も検討するとよいでしょう。

さらに、審査をよりスムーズに進めるために、本人確認書類や在籍確認書類(健康保険証や社員証など)、収入を証明する書類(給料明細や源泉徴収票など)を、あらかじめ準備しておくことも大切です。

カードローンは低金利のものを選ぶ。即日融資で急ぎの時も安心

安心の銀行系カードローン

金利を重視するなら、やはり銀行系カードローンがよいでしょう。ここでは、おすすめの銀行系カードローンをご紹介します。

三井住友銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年4.0%~年14.5%(利用限度額に応じて異なる)
申込条件 申込時点で満20歳以上・満69歳以下
原則安定した収入があること(パート・アルバイト可)
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること

こちらは3大メガバンクのひとつである、三井住友銀行のカードローンで、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用可能です。申込や契約手続き、必要書類の提出などを、すべてネットで完結することができます。

メガバンクのカードローンにもかかわらず、パート・アルバイトの人でも、安定した収入があれば利用可能です。

カードローン : 三井住友銀行<公式>

りそなプレミアムカードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年3.5%~年12.475%(利用限度額に応じて異なる)
申込条件 日本国内に居住しており、以下の条件を全て満たす方
申込受付時の年齢が満 20 歳以上・満 60 歳未満
※パート・アルバイトも可
※専業主婦・学生は利用不可
保証会社の保証が受けられること

りそなプレミアムカードローンは、銀行系カードローンの中で最も低金利のカードローンです。金利は最高でも年12.475%となっています。

りそな銀行の口座を持っていなくても利用可能ですが、りそな銀行のキャッシュカードを持っている場合は、それをローン用のカードとして利用できます。

返済日は毎月5日ですが、りそな銀行のATMやコンビニATMで、随時返済できるようになっているので、お金に余裕があるときに繰上返済をしていくのがおすすめです。

りそなプレミアムカードローン│カードローン│りそな銀行

楽天銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年1.9%~14.5%(利用限度額に応じて異なる)
申込条件 満年齢20歳以上62歳以下
(ただし、パート・アルバイト、および専業主婦の方は60歳以下)
日本国内に居住していること
お勤めの方で毎月安定した定期収入があること(または専業主婦)
楽天カード株式会社、または株式会社セディナの保証を受けられること

楽天銀行カードローンは、楽天ユーザーにおすすめのカードローンです。カードローンへの入会や利用で楽天ポイントが貯まります。

楽天銀行の口座がなくても利用できますが、口座があったほうがポイントが貯まりやすく、お得に利用できます。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

口コミ評価が高い消費者金融

口コミの評価が高い消費者金融系カードローンをご紹介します。

プロミス

項目 詳細
利用限度額 1万円~500万円
金利 年4.5%~年17.8%(利用限度額に応じて異なる)
申込条件 年齢20~69歳であること
本人に安定した収入があること(パート・アルバイト可)

プロミスはネットからの申込であれば、即日融資に対応しています。審査も最短で30分程度と早く、急ぎのときに便利です。

借入希望額が50万円以下であれば、原則収入証明書類は不要で、スムーズに審査を進められます。

初めて利用する人には30日間の無利息期間が設けられているので、期間内に返済してしまえば、利息分がかからずに済みます。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、すぐに口座にお金を振り込んでもらうサービスを利用できます。

キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト

アコム

項目 詳細
利用限度額 1万円~800万円
金利 年3.0%~年18.0%(利用限度額に応じて異なる)
申込条件 20歳から69歳であること
安定した収入返済能力を有していること、当社基準を満たしていること(パート・アルバイト可)

アコムのカードローンは、自動契約機(むじんくん)から申し込めば、最短30分で審査が完了します。

こちらも契約日の翌日から30日間の無利息期間が設けられているので、期間内の返済でお得に利用することができます。(無利息期間がつくための条件あり)

また、楽天銀行の口座があれば、すぐに口座にお金を振り込んでもらうサービスが利用できるので、楽天銀行ユーザーにおすすめです。

まとめ

カードローンで借り入れするなら、低金利のカードローンを選ぶことが大切です。基本は銀行系カードローンを利用するのがよいでしょう。

ただし、借入額が少なく短期間の借入であれば、無利息期間のある消費者金融系カードローンのほうが、利息なしでお得に利用できると言えます。

借入額や借入期間、返済額など、自分の利用プランをしっかり組み立て、条件に合ったカードローンを利用しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン