1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンは主婦も安心して利用できる。正しい知識を身に着けよう

カードローンは主婦も安心して利用できる。正しい知識を身に着けよう

主婦がカードローンを利用するための条件や借入限度額は、どのようになっているのでしょうか。家族に内緒で借りられるのか、どうすれば審査に通りやすいかなどを、主婦におすすめのカードローンと併せてご紹介します。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 18日 です。

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

カードローンは主婦でも借りられるのか

主婦でもカードローンでお金を借りることは可能です。ただし、専業主婦なのか、パートなどで多少なりとも収入があるのかで、利用できるカードローンの種類が異なります。

専業主婦は銀行カードローンのみ

カードローンには『銀行系カードローン』と『消費者金融系カードローン』があり、専業主婦の場合、利用できるのは銀行系カードローンのみとなります。

なぜなら、消費者金融系カードローンは、貸金業者に課せられている貸金業法という法律の中の、『総量規制』という規制の対象になっており、年収の1/3までしか貸し付けをしないよう制限が設けられているからです。

専業主婦は年収が0円なので、貸し付けできる金額も0円ということになり、消費者金融系カードローンでは借り入れすることができません。

銀行系カードローンはこの規制の対象外となっているため、専業主婦でも利用することができます。パートなどで本人に収入がある場合は、銀行系と消費者金融系、どちらのカードローンでも利用可能です。

借入限度額はいくらか

借入限度額は収入の有無や、銀行系と消費者金融系の、どちらのカードローンで借り入れするかなどによって決まります。

消費者金融は収入の1/3まで

消費者金融系カードローンは総量規制の対象なので、借入限度額は最高でも年収の1/3の金額となります。例えば年収が120万円の人は、借入限度額は40万円です。

ただし、総量規制は借り入れの『総額』を年収の1/3までとする規制であるため、他社ですでに30万円借りている場合は、あと10万円までしか借りることができません。

また、他社で借入がなかったとしても、審査の結果次第では年収の1/3よりも低い金額の借入限度額になる可能性もあります。

銀行は審査次第で変動

銀行系カードローンの借入限度額は、本人や世帯主の年収、勤続年数や持ち家かどうか、他社での借入額や過去に延滞や債務整理などをしていないかなど、個人の信用情報を審査した結果で決定されます。

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、この審査で信用度が高いと判断されれば、年収の1/3以上の借入限度額を設定される可能性もあります。

しかし、本人の年収が低い場合、年収の1/3を超える借入限度額が設定されることは、ほぼないといえます。

専業主婦の場合は、本人に収入がないため世帯主の収入が審査されます。本人に返済能力がないことや、世帯主の収入のみで生活し返済も行うことなどを考慮し、借入限度額を最大でも30万円~50万円に制限している銀行がほとんどです。

カードローンで主婦は限度額いくらまで借りられる?増額の条件も知る

家族に内緒で借りられるのか

カードローンの利用は、家族に内緒で申し込しめるのでしょうか。

申込はネットで完結

銀行系と消費者金融系、どちらのカードローンでも、申込や契約手続きなどをすべてネットで完結できるものがあるので、そちらを利用すれば家族に知られることはまずありません。

カードローンは、ローン専用カードが発行されるものがほとんどですが、それも届く日時を指定したり、カードのみ店舗で受け取るようにしたりすれば問題ないでしょう。

また、カードローンは自動契約機で申込から審査、ローン専用カードの発行までできるものがあります。どうしても家族に知られたくない場合は、自動契約機を使うのもひとつの方法です。

そのほかに注意しておきたいのが利用明細書です。自宅に利用明細書が届くことがありるほか、ATMで借り入れしたときにも利用明細書が発行されます。

利用明細書を家族に見られてしまうと、カードローンの利用がばれてしまうので、ネットで確認できるWeb明細にしたりするとよいでしょう。

在籍確認の連絡はどこに行くのか

カードローンに申し込むと、本当に申込時に申告した勤務先で働いているのかを確認するために、『在籍確認』が行われます。在籍確認の連絡はどこに行くのでしょうか。

パート主婦は勤務先に

パートやアルバイト、正社員などで働いている主婦の場合、在籍確認の電話は勤務先にかかってきます。この在籍確認の電話は、申告した勤務先で働いているという確認さえ取れればよいので、必ず本人が出ないといけないわけではありません。

電話に出たのが本人でない場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれる程度で、職場の人にカードローンの在籍確認だとばれるような質問はされません。

また、基本的に消費者金融系カードローンの担当者は、社名を名乗らずに個人名で電話をかけてくるようになっているので、社名からばれてしまうこともありません。

銀行系カードローンの担当者はそのまま銀行名を名乗りますが、銀行は多くの人が口座開設やクレジットカード作成などで利用しているので、カードローンの在籍確認だと疑われることも少ないでしょう。

どうしても心配な場合は、自分が電話に出られる時間帯にかけてもらうよう依頼しておくことをおすすめします。

専業主婦は本人確認のみ

専業主婦の場合は勤務先がないので、本人確認の電話のみとなります。自宅の電話や本人の携帯電話など、申告した電話番号にかかってるので、必ずでるようにしましょう。

また、申し込みの際に世帯主(配偶者)の収入を申告しなければなりませんが、世帯主の勤務先に在籍確認の電話がいくことは基本的にありません。

心配であれば本人確認の電話の際に、世帯主の勤務先にも電話がいくのかどうか聞いておきましょう。

カードローンは主婦でも在籍確認があるの?主婦におすすめの3社とは

審査をスムーズに通す方法とは

カードローンの審査をスムーズに通すためには、いくつか押さえておくとよいポイントがあります。

大切なのは返済能力と信用力

カードローンの審査で大切なのは、『返済能力』と『信用力』です。カードローンの審査は、この返済能力と信用力があるかどうかを確かめるために行われます。

カードローンに申し込むときには、以下のような情報をカードローン会社に申告する必要があります。

  • 申込者の氏名、年齢、居住地など
  • 勤務先、勤務年数
  • 年収額(専業主婦の場合は世帯主の年収額)
  • 他社での借入額

審査では申告されたこれらの情報が正しいかどうかや、カードローンを利用できる状態かどうかが調査されます。

審査に通るために嘘の情報を申告する人がいるかもしれないので、本人確認書類(免許証や健康保険証など)や、年収が証明できる書類(給料明細など)の提出を求められることもあります。

また、他社での借入額についてですが、これは『個人信用情報機関』という機関の情報を照会して調査を行います。

個人信用情報機関には、クレジットカードやローン利用者の氏名や勤務先、年収、どこでいくら借入があるか、金融事故(長期延滞や債務整理など)を起こしていないかなどが細かく記録されています。

このような調査で安定した収入があり、他社で多額の借入や、過去の金融事故などの問題がなければ、返済能力や信用力が高いと判断され、審査に通りやすくなります。

虚偽の申告はしない

カードローンの申込時に申告する情報は、絶対に嘘を書かないようにしましょう。先述したとおり、カードローン会社は申込者の申告内容が正確なものかどうか、書類の提出を求めたり、個人信用情報機関の記録を照会したりして必ず調査しています。

嘘を書いても調査でばれてしまうほか、虚偽の申告をしたということで心象が悪くなり、審査に通らなくなる可能性もあります。

個人信用情報機関には、ローンの審査に落ちたということも記録されます。この記録は、今後クレジットカードを作るとき、車や家の購入でローンを組みたいときなど、色々な場面で不利に働くことがあります。

このようなことを避けるためにも、申込で申告する内容は必ず正しい情報を記入するようにしましょう。

必要な金額だけ申し込む

審査をスムーズに進めるには、最小限の必要な金額のみを申し込むことも大切です。希望する借入限度額が高いと、万が一返済が滞ったときの損害が大きくなるので、カードローン会社も慎重になり審査が厳しくなります。

カードローン会社は新規顧客を増やしたいので、希望する借入限度額が低い人の審査は、比較的緩い傾向にあります。そのため、特別な事情がない限りは、できるだけ低い借入限度額で申し込むと審査がスムーズに進みます。

カードローンに主婦でも審査が通る方法。おすすめの3社を紹介

ブログで体験談を読んでみる

カードローンの利用が初めてという人は、個人のブログの体験談を読んでみるのもおすすめです。

情報サイトよりリアルな情報が満載

ブログは実体験を元に書かれているものが多いので、情報サイトを見るよりも、リアルな情報を得られることもあります。

専業主婦でもここのカードローンは利用しやすかった、審査はこんなだったなど、実際の体験談が読めるので、自分の境遇に近い人のブログは参考になるでしょう。

また、カードローンを利用したらどうだったか、どのように返済を行ったかなども知ることができるほか、カードローンで借り過ぎてしまい、借金の返済が大変だったという、カードローンの怖さを知ることもできます。

情報サイトではカードローンの基礎や金利、最大借入額についてなどの詳細を知ることはできますが、実体験はあまり載っていません。

カードローン=借金なので、事前に情報サイトとブログの両方の情報を見て、カードローンの基礎知識や現状をしっかりと知ってから、利用するのがおすすめです。

主婦にも安心のカードローン3社

ここからは、主婦でも利用しやすいおすすめのカードローンをご紹介します。

アコムレディース

項目 詳細
借入限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%(借入限度額などにより変動)
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人で、アコムが定めている基準を満たすこと

アコムレディースは、アコムの女性向けカードローンです。消費者金融系カードローンのため、本人に収入がある主婦のみ利用可能です。

女性専用ダイヤルが設置されており、女性オペレーターが対応するので安心して利用ができます。(夜間、繁忙期は男性オペレーターの可能性あり)

ネットから申込や契約手続き、借入まで行うことができ、審査は最短で30分ほどで終わるため、急ぎの人や家族に知られたくない人にもおすすめです。

また初めて利用する人には、30日間の無利息期間が設けられているので、契約日から30日以内に返済してしまえば、利息がかからずお得に利用できます。

アコムカード | 【公式サイト】キャッシングなら消費者金融のアコム

新生銀行カードローンレイク

項目 詳細
借入限度額 1万円~500万円
金利(実質年率) 年4.5%~年18.0%(借入限度額などにより変動)
申込条件 申込時満20歳〜70歳で国内居住であること
原則安定した収入があること(パート・アルバイト可)
保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証を受けられること

新生銀行が取り扱っているカードローンです。銀行系カードローンは、通常は専業主婦でも利用可能ですが、こちらは『原則安定した収入があること』が申込条件なので、専業主婦では利用は難しいでしょう。

カードローンの申込は、ネットや自動契約機からできるので、家族に知られずに申し込めます。

銀行系カードローンとしては珍しく、30日間無利息期間などが設けられており、期間内に返済すれば利息を払うことなく借り入れすることができます。

キャッシングなら新生銀行カードローン レイク公式サイト

セブン銀行カードローン

項目 詳細
借入限度額 10万円、30万円、50万円
金利(実質年率) 年15%
申込条件 セブン銀行口座を持っていること(個人)
契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満
一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられること

セブン銀行カードローンは専業主婦でも利用可能です。借入限度額を10万円、30万円、50万円から選択ができ、どの限度額でも金利が年15%に設定されています。

利用にはセブン銀行の口座が必要ですが、口座開設とカードローンの申込は、どちらもネットで完結できます。

また、全国のセブンイレブンATMで借入ができるので、家族に知られる心配も少ないでしょう。継続して利用している人には、nanacoポイントが進呈されるお得な特典もあります。(進呈のための条件あり)

カードローン | セブン銀行

まとめ

カードローンは主婦でも問題なく利用することができます。インターネットや自動契約機から申し込めば、家族に知られることもありません。ただし、収入の有無で借入限度額や、利用できるカードローンが異なるので注意が必要です。

カードローンは借金です。借り過ぎや返済で困ることがないよう、申し込む前に情報サイトやブログなどで正しい知識を知り、安心して利用できるようにしておきましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン