1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの限度額の決まり方。申請したら増額はできるのか?

カードローンの限度額の決まり方。申請したら増額はできるのか?

カードローンの限度額は、契約中に増額できるのでしょうか?気になる審査や申込方法はどうなっているのでしょう。カードローンの限度額増額の審査基準や申込方法、また、金融機関から増額の案内があるケースなどについて詳しく解説します。

この記事の目次

カードローンの限度額とは

カードローンの『限度額』とは、年収やクレジット・ローンの利用状況などを審査して決められ、利用者が借りることのできる上限金額のことをいいます。まず、カードローンの限度額について詳しくみていきます。

限度額の範囲内なら何度も借入できる

カードローンは利用限度額の範囲内であれば、繰り返し利用できます。これは、自動車ローンやフリーローンのように、最初に契約した金額のすべてを借りて、その後は返済のみを行うローンと大きく異なる特徴です。

例えば、利用限度額が10万円で、初めて借入を行う場合について考えてみます。

最初に8万円を借りると、限度額10万円-8万円=借入残高2万円がこの時点で今後、借りられる金額となります。

後日、元本5万円を返済すると8万円から3万円に減少します。したがって、限度額10万円-3万円=借入残高7万円となり、7万円以内であれば自由に借りることが可能です。

このように、カードローンは限度額の範囲内で借入と返済を繰り返しながら、利用できます。

限度額10万円の場合の利用例

限度額10万円のカードローンの申込は、収入証明書類の提出がほとんどの場合で必要なく、気軽に申し込めます。限度額10万円のカードローンは次のような場合に、とても便利に使えます。

  • 生活費が足りないとき
  • 冠婚葬祭などの急な出費
  • 給料日前の数日間の急な出費

例えば、会社帰りに急に食事や飲み会に誘われたとき、給料日前で財布に現金が数千円しかないと不安になります。そんなとき、カードローンがあればコンビニのATMからお金が借りられ、同僚や友人達と楽しい時間が過ごせます。

カードローンは少額を借りて早く返済すると、少ない利息での借入が可能です。利息は次の計算式で算出できます。

  • 利息=借入金額×金利÷365×借入日数

例えば5万円を金利18%で1週間借りたとします。利息は、5万円×0.18÷365日×7日=172円です。(1円未満切り捨て)

限度額50万円の場合の利用例

限度額が50万円になると、申込の際に収入証明書の提出が必要な場合が多くなります。審査に少し時間がかかるケースも考えられるので、ある程度、事前に出費が予想される次のような場合に利用するとよいでしょう。

  • 結婚や出産、子供の教育費
  • 家具や家電の購入
  • 家族旅行
  • 資格取得などの自分磨き

資金に余裕があると結婚や旅行など人生の思い出となるシーンを、後悔なく楽しむことができます。また、将来に向けての自分や子供への投資など利用する目的によっては、借りた金額以上のものを得られる可能性があります。

限度額増額の基準

カードローンの利用中に限度額以上の資金が必要となった場合は、どうすればよいでしょうか。新規でカードを契約することもできますが、借入件数や返済金額が増加してしまい、多重債務に陥りやすくなります。

一般的にカードローンは限度額が高くなるほど金利は低くなります。したがって、限度額を増額すれば、現在より低い金利で資金を借りられる可能性があります。まず、手元にあるカードローンの借入限度額の増額を検討してみましょう。

増額を考えたほうがよい理由として、次のことが挙げられます。

  • 新規申込による借入件数や返済金額の増加は、多重債務を招きやすい
  • 借入件数の増加は、今後の審査に影響を与える
  • 限度額の増額は、現在より低金利での借入が可能になる場合がある

ただし、カードローンの増額には審査があります。審査では、次の2つのポイントが重要です。

  • 銀行から信頼される利用実績である
  • 他社からの借入が増加していない

これら2つについて、説明していきます。

利用を重ねて信用がある

限度額の増額には利用実績があることが重要です。一般的に新規契約後の半年くらいは、限度額の増額は難しい傾向にあります。これは、カードローンの利用実績が浅く、金融機関が契約者の返済能力を見極めることが難しいためです。

申込時の審査は、あくまでも過去のデータに基づいて行われます。そのため金融機関は契約者が増額を申込んだ際には、実際の利用状況を確認したうえで改めて返済能力について審査し、増額の可否を判断します。

その判断材料として、直近の利用実績が必要となります。利用実績に関しては、借入が少ないことが審査によい影響を与えるわけではありません。ある程度の借入を利用した実績があり、きちんと期日を守り返済していることが重要です。

他社の借入が増えていない

他社からの借入が増えていないということは、多重債務に陥る可能性が低く、返済能力に不安がないと判断されます。したがって、限度額の増額を審査するうえでプラスに働きます。

限度額減額の基準

カードローンは契約中に、限度額が減額となってしまうことがあります。この場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

延滞が度々ある

返済の期日を守らず返済がたびたび遅れる場合は、返済能力に問題があるとされ、限度額の減額やカードの利用停止といった措置がとられることがあります。

他社からの借入が増えている

消費者金融や信販会社などは『総量規制』により、個人へ貸付できる上限額が年収の1/3までに制限されています。(総量規制については後述します。)

この場合の年収の1/3という金額は、自社だけでなく他社からの借入額も含めた金額です。したがって、他社からの借入が増え、総借入額が年収の1/3を超えると、消費者金融や信販会社のカードローンの場合は、限度額の増額は不可能です。

また、銀行のカードローンは過剰融資や多重債務が問題となり、金融庁から業務の改善を求められています。他社からの借入の増加は多重債務につながる可能性が高くなるため、増額は難しくなるでしょう。

2017年10月19日付けの日本経済新聞電子版で、次のような記事が配信されています。

 三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガ銀行がカードローンの融資額を利用者の年収の2分の1や3分の1までとする自主ルールを導入したことが19日、わかった。返済能力を十分に確認しない過剰な融資が多重債務問題を再燃させかねないとの社会的な批判に対応。融資額そのものにタガをはめて、過剰融資を防ぐ。

出典:"3メガ銀、カードローンに自主上限 過剰融資批判受け"

このような動きは、このほかの都市銀行や地方銀行などにも広がっています。

収入と限度額の関係

収入と限度額はどのような関係にあるのかについてみてみましょう。

収入が多いほど限度額が大きくなる

消費者金融や信販会社などは『総量規制』により、個人への年収1/3を超える貸付は禁止されています。

例えば、年収300万円の人は年収の1/3である100万円までの範囲で、年収600万円の人は年収の1/3である200万円までの範囲で、それぞれ個人ごとに限度額が決められます。

このように、総量規制では年収が高くなるほど大きい限度額の設定が可能な仕組になっています。具体的には次のような規制です。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

出典:総量規制とは | 貸金業法について

審査では収入の多さだけでなく、安定性も求められます。この他にも年齢や雇用形態、クレジット・ローンの利用状況などが限度額増額を決める判断材料となります。

消費者金融系カードローンは総量規制の対象

総量規制は『貸金業法』の中に定められています。貸金業法は『貸金業者』に適用される法律です。貸金業者とは金融庁のホームページで次のように説明されています

お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことを、「貸金業者」といいます。具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者です(※)。銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫なども、様々な融資を行っていますが、これらは「貸金業者」ではありません。

出典:貸金業法Q&A:金融庁

したがって、消費者金融やクレジットカード会社などは、総量規制の対象となります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外

銀行は上記の説明にあるように貸金業者でないため、総量規制は適用されません。

しかしながら、多重債務を防止するために銀行も、独自に総量規制と同様の審査基準を設ける方向へと向かっています。したがって、今後は年収の1/3を超える限度額は、総量規制の対象外であっても難しくなると考えたほうがよいでしょう。

限度額によって金利は変わる場合がある

カードローンは一般的に、限度額ごとに金利が設定されており、そのほとんどの場合、限度額が高くなるほど金利は低くなっています。

参考として、みずほ銀行とアコムのカードローンの金利と増額の方法について、まとめました。借入限度額の増額には、どちらの場合も審査があります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供する限度額800万円のカードローンです。限度額ごとに金利は次のように定められています。

利用限度額 金利(年)
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

みずほ銀行カードローンは再申し込みをすることにより、限度額の増額ができます。パソコン・スマートフォン・電話または、近くのみずほ銀行から申込が可能です。

申込種類 申込方法・電話番号など
パソコン 『カードローンのお申し込み』の画面から申し込み
スマートフォン 『みずほ銀行アプリ』または『カードローンのお申し込み』の画面から申込
カードローン専用ダイヤル(電話) 0120-324-555(音声ガイダンスに従い、1を押す)
受付時間:月~金 9:00~20:00
※12月31日~1月3日、祝日・振替休日を除く

カードローン:みずほ銀行
カードローンのご利用限度額を増やしたい | みずほ銀行:FAQ(よくあるご質問)

アコム

アコムが提供するカードローンは、借入限度額が最高800万円です。アコムは消費者金融なので、総量規制の対象となります。年収と他社からの借入を含めた総借入額が、限度額の増額に関係します。申込の際には気をつけましょう。

限度額ごとに金利は次のように定められています。

利用限度額 金利(年)
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

アコムのカードローンの増額はインターネット・電話・アコムATM・自動契約機・店頭から申込が可能です。

申込種類 電話番号・受付時間
会員ページ(インターネット)
アコムATM
24時間可能(21:50~8:00の申込は、9:00以降の回答)
アコム総合カードローンデスク(電話) 0120-629-215 / 9:00~18:00(土日祝日は休業)
自動契約機※(むじんくん) 年中無休(年末年始は除く / 免許証などの本人確認書類が必要)
店頭窓口 9:30~18:00(土日祝日は休業 / 免許証などの本人確認書類が必要)

※一部店舗は営業時間が異なります。

金利や利息について【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム
ご利用可能金額と増額方法【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

カードローンの限度額と金利は?限度額を増額し金利を下げるコツ

限度額を引き上げる方法

一般的にカードローンの限度額を引き上げるには、次の2つ方法があります。

  • インターネットや電話などから自分で申し込む
  • メールや電話などにより、金融機関から案内がある

この2つのケースについて詳しくみていきます。

限度額引き上げの申請をする

限度額の引き上げを申し込むと、契約時と同様に審査が行われ、増額の可否が決められます。

審査は個人の信用情報・申込の申告内容・利用実績などを調べます。『信用情報』とは、クレジットカードやローンなどの契約内容・返済の状況・利用残高など、信用取引に関する情報をいいます。

また、ほとんどの場合において、勤務先への在籍確認があります。契約後に転職している場合は、勤務している連絡先をきちんと更新しておきましょう。

そして、勤続年数が短いと増額できない可能性がでてきます。申込のタイミングにも気をつけましょう。

審査結果によっては限度額の引き上げを希望したはずが、返済の遅れや収入の減少などが原因で減額になってしまうこともあります。

参考までに、2つのカードの限度額の引き上げについてご紹介します。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、電話またはローン契約機から最高800万円まで限度額の増額が可能です。ただし、審査結果により増額できない場合があります。なお、詳しい内容については、以下のフリーダイヤルへ電話にてご確認下さい。

確認先 電話番号/受付時間
三井住友銀行カードローンプラザ フリーダイヤル 0120 -923-923 / 9:00~21:00
(1月1日を除く。土日祝日も営業)

カードローンの契約極度は増額できますか? | よくあるご質問 : 三井住友銀行

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの限度額の増額は、インターネットまたは電話からの申込になります。なお、審査結果により限度額の増額ができない場合があります。

申込種類 申込方法・電話番号など
メンバーズデスク(インターネット) ログインして申込
楽天銀行カードセンター(電話) フリーダイヤル 0120-730-115
(営業時間 平日 9:00~17:00)

審査結果は増額が可能な場合は電話で、不可能な場合はメール、または送付先住所へ郵送にて連絡があります。増額の申込には、前回の審査より6カ月以上経過していることが必要です。

よくあるご質問|楽天銀行

限度額引き上げの案内が来ることがある

金融機関から優良な利用者に対して、「限度額の引き上げをしませんか?」という案内をする場合があります。

優良な利用者とは、きちんと期日を守り返済ができている利用者です。このような人には金融機関はメールや電話などで、限度額の引き上げを勧めることがあります。

利用実績が信頼できる状況であれば、金融機関からの案内があるかもしれません。このような案内があった場合でも審査はありますが、自分から申し込む場合に比べ増額できる可能性は高くなります。

限度額を引き下げることもできる

カードローンの限度額は増額できるだけでなく、減額することも可能です。減額は、利用者の申込により行われます。申込は契約している金融機関へ、電話やインターネットなどを利用して申し込みます。

限度額引き下げのメリット

限度額を引き下げることによって生じるメリットについて、ご紹介します。

カードローンの使い過ぎを防止できる

限度額を引き下げると借りられる金額が少なくなり、使い過ぎを防止することができます。浪費癖があったり金銭管理が苦手な人は、限度額の引下げを考えてみるとよいでしょう。

限度額引き下げのデメリット

限度額の引下げは、メリットばかりではありません。ここでは、デメリットについてご紹介します。

カードローンの金利が上がる場合がある

前述したとおり、カードローンは借入限度額が高いほど金利が低いものが一般的です。つまり、限度額が低くなると金利は高くなることを意味します。

例えば50万円を1カ月(30日)借りた場合の利息について考えてみます。下の表は三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックの金利表です。この表にある金利を使って計算します。なお、金利は限度額別の最高値を用います。

利用限度額 金利(年)
10万円以上100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

借入限度額ごとの利息は以下のようになります。限度額が300万円を超える場合については省略いたします。

利用限度額 利息(1円未満は切り捨て)
10万円以上100万円以下 50万円×0.146÷365日×30日=6,000円
100万円超200万円以下 50万円×0.136÷365日×30日=5,589円
200万円超300万円以下 50万円×0.106÷365日×30日=4,356円

このように、限度額が減少すると支払う利息は大きくなります。

ローン金利 | 三菱東京UFJ銀行

なぜカードローンの限度額が引き下げに?引き下げ理由と今後の注意点

まとめ

カードローンの増額を申し込む際に注意したいポイントをまとめました。

  • 申込には最低でも半年以上利用実績が必要
  • 限度額の増額には審査がある
  • 審査には良好な利用実績が重要。返済は期日をきちんと守る
  • 他社からの借入を増やさない
  • 勤続年数は長いほど有利
  • 住所や勤務先など、登録情報に変更がある場合は更新する
  • 総量規制に注意する

また、借金を返すための限度額の増額は、多重債務を招く原因となる場合があります。返済に困ったときは、無料で相談できる公共の相談機関の利用を考えてみましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン