1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンは銀行系がおすすめなのか?便利さの中に潜むリスクは?

カードローンは銀行系がおすすめなのか?便利さの中に潜むリスクは?

カードローンを利用したいと考えたとき、はじめに銀行系のカードローンが候補に挙がるのではないでしょうか。今回は、銀行系カードローンは本当におすすめなのか、どのようなリスクが存在するのかについてご紹介します。 

この記事の目次

銀行系と消費者金融系の違いは?

まずは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いをみていきましょう。それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合わせて選ぶ必要があります。

どちらが審査が甘い?

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの一番の違いは、審査の厳しさです。銀行系カードローンは審査が厳しく、安定した職業や収入がなければ簡単に落とされてしまいます。

審査が厳しいというのはデメリットのように見えますが、実は借りる側からすると安心のポイントでもあります。

お金を返せる見込みがあるか銀行側が判断してくれるので、『利息が膨らんで自己破産』『借金を返すために借金をして多重債務』というような事態を未然に防いでくれるのです。

銀行系カードローンと比べて、消費者金融系カードローンは審査が甘いです。さらに、即日対応や最短30分で借入できる会社が多く、借りるまでの敷居がとても低いのが特徴です。その分無理な借入をしやすく、返せなくなる人も少なくありません。

どちらが多く借りられる?

借入上限額は収入によって決まるため、銀行系カードローンも消費者金融系もほとんど変わりません。ただし、職業や勤続年数、扶養家族の有無などの好条件が重なれば、銀行系カードローン会社のほうが多く借りられる可能性は高くなります。

消費者金融系のカードローン会社は、『賃金業法』と呼ばれる法律に従って業務をしています。賃金業法には、融資額の合計が年収の1/3を超えてはいけない『総量規制』という規定があります。

そのため、どれだけ好条件が揃っていても、消費者金融系のカードローン会社では年収の1/3までしか借りることができません。

銀行系カードローンでもやはり上限の目安は年収の1/3程度ですが、総量規制の対象外なので、条件によっては高額融資も可能です。

総量規制とは | 貸金業法について

銀行系カードローンの選び方

ここからは銀行系カードローンの選び方についてみていきましょう。金利の比較や銀行口座の要不要など、銀行系カードローンを選ぶうえで重要なポイントをご紹介します。

金利を比較する

カードローンを選ぶうえで最も大切なポイントは、やはり『金利』です。1%でも金利が安ければ、最終的に返済する合計額に大きな差が出てきます。

例えば、100万円の借入をしたとき、15%の金利なら1年で15万円の利息、14%の金利なら1年で14万円の利息で、その差は1万円となります。

たった1万円と思う人もいるかもしれませんが、返済期間が伸びるほどこの額も大きくなり、負担は大きくなっていきます。

金利は○%〜△%と幅がありますが、これは借入額によって金利の上限が定められているためです。初めて借りる人や借入額の少ない人は、上限金利(一番大きい数字)で借りることになるので、その数字を目安にしておきましょう。

利便性を比較する

金利はお金を返すときに重要になるポイントですが、借りるときに重要になるのが『利便性』です。いくら審査が甘くて金利が低くても、必要なときに借りられないと意味がありません。

  • 自宅近くのコンビニATMで借りられるか
  • 職場の近くにATMはあるか
  • 手数料はどれくらいかかるのか
  • インターネットで借入はできるのか

借りる際の利便性について、上記のようなこともしっかり確認しておきましょう。特に、ATMの利用で必要になる『利用手数料』は、積み重なると大きな金額になってしまいます。できるだけ手数料無料のカードローン会社を選ぶようにしましょう。

銀行口座は必要か

銀行系のカードローンを利用するために、借入先の銀行口座が必要になることがあります。銀行口座の開設が必要な場合は、審査から融資まで時間がかかってしまうので、急いでいる人は注意が必要です。

銀行口座不要の銀行系カードローンもあるので、口座を作るのが面倒な人や、口座を作っている時間がないという人は、口座開設が必要ないカードローンを選びましょう。

銀行口座をすでに持っている人は、普段使っている銀行口座を選ぶのもひとつのポイントです。

即日融資は可能か

銀行系カードローンはこれまで、銀行同士が融資までの早さを競うなどの戦略でカードローン利用者を増やしてきました。

それにより、返済能力がない人が多額の借入をして破産に追い込まれるという案件が増え、それを受けた全銀協(全国銀行協会)は、2017年9月に即日融資の廃止を発表し、2018年1月から施行されています。

今回の規制で銀行系カードローンでは、即日融資が完全にできなくなってしまいました。また、審査の際に警察庁のデータベースにて個人情報の照会が必要となり、さらに審査に時間がかかるようになっています。

警察庁のデータベース照会は反社会勢力との繋がりを調査し、暴力団やテロリストへの資金流出を防ぐ目的があります。このデータ照会にも時間がかかってしまうため、実質的にも即日融資は不可能です。

対して消費者金融系カードローンでは即日融資が可能なので、どうしても今日お金を借りたいという人は、消費者金融系のカードローン会社から選びましょう。

おすすめ銀行系カードローン

ここからは具体的に、おすすめの銀行系カードローンをご紹介します。金利や利便性など、先ほど解説したポイントを踏まえておすすめを選んでいます。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

金利 ATM利用手数料 銀行口座
1.8〜14.6% 無料 不要

銀行系でも最大手の三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンが『バンクイック』です。即日融資はできないものの、審査が早いことで有名です。最低金利が1.8%と低く、高額融資を受けたい人におすすめです。

また、インターネットで24時間申込可能で、審査が順調であれば2〜3日で借入できます。借入できるATMが全国にあり、手数料も無料なので利便性に優れているのも特徴のひとつです。

カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行カードローン

金利 ATM利用手数料 銀行口座
4.0〜14.5% 無料 不要

こちらも三大メガバンクのひとつ、三井住友銀行が提供しているカードローンです。借入限度額によって細かく金利が設定されており、限度額100万円で金利は12.0%まで低くなります。

また、返済日を5日・15日・25日・月末の中から自分で選ぶことができ、給料日などに合わせて返済計画を立てられるのが特徴です。契約をすると『ローン専用カード』が発行され、全国のATMで借入が可能となります。

カードローン : 三井住友銀行<公式>

楽天銀行スーパーローン

金利 ATM利用手数料 銀行口座
1.9〜14.5% 無料(一部有料) 不要(申込特典あり)

楽天銀行スーパーローンは、楽天市場・楽天トラベルなどさまざまなサービスを提供している、楽天グループのカードローンサービスです。期間限定で金利が半額になるなど、定期的にお得なキャンペーンをしているのが特徴です。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

新生銀行カードローンレイク

金利 ATM利用手数料 銀行口座
4.5〜18.0% 無料 不要

ほかの銀行系カードローンと比べると少し金利が高く設定されています。金利は高いものの、2種類の無利息サービス(30日間無利息・5万円まで180日間無利息)があり、上手に利用できれば返済総額を低く抑えることが可能です。

キャッシングなら新生銀行カードローン レイク公式サイト

銀行系だから安全なのか

銀行系カードローンなら安心・安全というイメージがあるかもしれませんが、利用には注意が必要です。リスクを知って計画的に利用しましょう。

消費者金融と本質は変わらない

銀行系カードローンと分類していますが、実質的には消費者金融で借金をしているのと大差はありません。決して低くない利息の支払いをしなければならないほか、返済が滞れば催促の電話もきっちりかかってきます。

賃金業法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃されたことで経営が悪化した消費者金融は、銀行の傘下に入ることで経営を立て直してきました。

今では大手消費者金融のほとんどは銀行の傘下で営業をしているということもあり、本質的に銀行系も消費者金融系も変わらなくなってきたと言えます。

キャッシュカード一体型の罠

銀行系のカードローンでは、ローン専用カードとキャッシュカードが一体になっているタイプのカードがあります。キャッシュカードは自分のお金を引き出すカードなので、計画を立てて利用しているはずです。

しかし、カードローンと一体型になっていることで、口座にお金が足りなければいつでも借りられるという安心感から、ついお金を使いすぎてしまうことがあります。

カードが一体化していることで利便性は増しますが、その分注意して利用する必要があります。

ニュースで見る銀行系の問題

銀行系カードローンのリスクはそれだけではありません。実際にどのようなことが問題になったのか、話題になったニュースから紐解いてみましょう。

CMの規制がない

カードローンを選ぶ際に、安心感のある会社から借りたいと考えるのは当たり前です。その安心感を生み出すのが、テレビで放送されるCMです。CMの放送が多ければ安心感が増し、利用者は増加します。

民間調査機関の調べでは、2011年〜2016年の大手銀行と消費者金融のCM本数を比べたところ、銀行系カードローンのCMが約2倍も多く放送されていたことがわかりました。

CMの規制がないことで放送量が増え、多重債務にまで発展する消費者が増えてしまったのではないかとする問題が発生しています。

総量規制の対象外

消費者金融系カードローンは賃金業法に則って営業をしているため、年収の1/3までしか貸付ができない総量規制の対象となっています。しかし、銀行は賃金業者ではないため賃金業法の対象範囲に含まれず、総量規制の対象外となっています。

この問題を受けて朝日新聞が調査した結果、約80行が年収の1/3以上の貸付を行っていたということがわかりました。

これに対して各銀行から、広告の見直しや審査の厳格化を進めていく、というコメントもありますが、あまり規制が進んでいないのも事実です。

銀行員の評価対象にしている

多くの銀行が『銀行員の評価』を決めるにあたり、カードローンの融資拡大を対象としていることが、朝日新聞の調査でわかりました。

つまり、『カードローンの申込を受け付けることができれば評価が上がる』というシステムになっているということです。

多重債務者の増加が問題となっており、貸付額の規制や審査の厳格化の声が高まる中で、銀行が融資増加に意欲的になっていることが浮き彫りになっています。

金融庁が立ち入り検査

2017年9月、近年の融資額の急激な伸びを調査するため、メガバンクや地方銀行に立ち入り検査をすると金融庁が発表しました。多重債務者や自己破産者が増加する中で、消費者を守るために銀行カードローンの適正化を推進する目的で行われます。

過度な広告宣伝(CM本数など)や行員らの評価項目などを調査し、問題があれば行政処分も辞さないという方針で進められています。

カードローンで銀行はどう利益を出すのか。危険性と正しい使い方とは

カードローンを賢く利用する方法

問題点やリスクはありますが、賢く利用できればカードローンはとても便利です。カードローンをどのような計画で利用するのがよいのか、その方法をご紹介します。

完済までの期間を決める

カードローンを利用するうえで最も重要なのは、返済計画をきっちり立てることです。無計画に借りてしまっては、返済ができなくなってしまう危険性があります。

毎月いくら返済すればいつまでに完済できるのか、利息なども含めてきっちり計画を立てておきましょう。

最低返済金額以上の返済をする

計画を立てる際、自分の返済能力以上の返済額は、返済不能に陥る可能性もあり危険です。しかし、無駄に返済額を少なくして返済期間を延ばしても、利息がかさむだけでなかなか完済することができません。

まずは、利息を含めた最低返済額以上の返済をして、毎月少しずつ借入元金を減らしていく計画を立てることが大切です。自分の返済能力の範囲内で、最短で返済できる額を決めましょう。

カードローンの便利さに錯覚しない

カードローンはいつでも好きなときにお金を借りることができるので、使い方によっては大変便利なサービスです。しかしその便利さにあぐらをかいて、無計画に利用することだけは避けましょう。

借金だということを忘れない

カードローンはあくまでも『借金』だということを忘れてはいけません。ATMやネットから簡単にお金を引き出すことができるので、自分が好きに使っても良いお金だと錯覚してしまいがちです。

そのような借入をしていると、いつまで経っても借金が減らず、気付けば借金まみれで返済ができなくなっている、なんてこともあり得ます。

年々多重債務者や自己破産者が増えているのは、銀行のCM戦略や消費者金融のイメージアップによるものだと指摘されています。

日々使いやすく、身近な存在になっているカードローンですが、借金であるということをしっかりと意識して利用するようにしましょう。

安易に追加借入をしない

簡単にいつでも借入ができるカードローンは、返済途中でも借入の追加ができてしまいます。特に少額借入の繰り返しは、借金をしているという感覚が薄くなり、いつのまにか借金総額が膨れているということになりかねません。

  • 毎月お金が苦しくなったときに、1万円ずつ追加で借入をする
  • お金が必要なときはいつもカードローンを利用し、ボーナスで返済する

このように定期的に利用するクセがついてしまうと、なかなか借金から抜け出せなくなってしまいます。

大金を一気に借りるのがよいというわけではなく、借りるたびにきちんと返済計画を考えることが大切だということです。

追加借入もときには仕方ありませんが、きちんと計画を立てて借りるようにし、安易な追加借入はできるだけ避けるようにしましょう。

まとめ

銀行系カードローンは多くの人が利用しているという実績と、CMでよく見かけるため安心感があり、利用するまでの敷居がとても低くなっています。

賢く利用できれば大変便利なサービスですが、借入が習慣となってしまったり、計画性のない借入をしたりしてまうと、あとで大変なことになってしまいます。

しかし、消費者金融系よりも金利が低く設定されているため、借りるなら銀行系がおすすめです。金利や利便性などをしっかり見極め、自分に合った方法で賢く利用しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン