1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンはフリーターでも申込可能。おすすめのネット銀行4社

カードローンはフリーターでも申込可能。おすすめのネット銀行4社

フリーターがカードローンを利用したいとき、借入の条件はどのようになっているのでしょうか。利用限度額をはじめ、審査に通りやすくするためのポイント、フリーターにおすすめのカードローンなどを詳しくご紹介します。

この記事の目次

フリーターでもお金は借りれるのか

そもそもフリーターでも、カードローンでお金を借りられるのか、みていきましょう。

安定収入があれば問題なし

フリーターでも毎月安定した収入があれば、カードローンの利用は可能です。多くのカードローンの申込条件に『安定した収入がある方』、『毎月安定した収入があること』などと記載されています。

申込条件はカードローンのサイトやパンフレットなどに記載されているので、申し込む前に確認しておきましょう。

また、審査の際に、本当に申告された通りの収入があるのか確認するために、収入が証明できる書類(給料明細や源泉徴収など)の提出を求められることがあります。

書類を提出しないと、申告した収入が証明できず、審査に落ちてしまう可能性があるので、事前に準備をしておくのがおすすめです。

限度額はいくらか

フリーターがカードローンを利用する場合、利用限度額はいくらになるのでしょうか。

消費者金融は総量規制の制限あり

まず消費者金融系カードローンですが、こちらは貸金業法の中の『総量規制』の対象になっています。

総量規制とは、『個人の借入総額を年収の1/3に制限する』という規制です。例えば、年収150万円の方の場合、借入総額は50万円までということになります。

また、総量規制は『借入総額』を年収の1/3に制限するものなので、A社とB社の2社でお金を借りる場合、それぞれで50万円ずつ借りられるのではなく、A社とB社合わせて50万円までとなります。

そして、借入先が1社だけだとしても、誰でも利用限度額が年収の1/3の満額で設定されるわけではありません。

利用限度額は本人の年収や勤続年数、他社での借入状況、過去の延滞履歴を総合的に判断して決定されるため、年収の1/3よりも少ない金額になる可能性もあります。

銀行カードローンは審査次第

銀行系カードローンは、総量規制の対象外となっているため、利用限度額に制限はなく、審査の結果次第では、年収の1/3以上の金額に設定される場合もあります。

しかし銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンよりも審査が厳しい場合が多く、収入が安定しているか、雇用形態はどうなっているか、そして他社のローンなどの借入状況や延滞について、より細かく調査される傾向にあります。

正社員と比べて収入が少なく不安定なフリーターの場合、高額な利用限度額が設定される可能性は低いと言えます。

審査に通りやすくするポイント

カードローンの審査に通りやすくするためには、いくつかポイントがあります。

正直に申告する

まず申込の際には雇用形態や年収、他社での借入についてなどの必要事項を、正直に申告することが大切です。

申込で申告した内容が正確な情報かどうかは、提出された書類との比較や、個人情報信用機関の情報を照会して詳しく調査されます。

そのため、すでに退職した職場の情報を記載したり、他社での借入額を少なく申告したりしても、調査でばれてしまいます。

虚偽の申告をしたとなると、カードローン会社の心象が悪くなり、審査に落ちてしまう可能性があります。

「ローンの審査に落ちた」という情報も個人信用情報機関に記録されます。この情報は、今後他のローンを組みたいときや、クレジットカードを作りたいときに悪影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

借入希望額は少なめにする

借入希望額(希望の利用限度額)は、できるだけ少なめにして申し込みましょう。借入額が高額であるほど、万が一返してもらえなかったときのリスクが増えるので、審査がより厳しくなります。

審査が厳しいと、それだけ審査に落ちてしまう確率が上がるため、よほどの事情がない限りは、なるべく少ない金額を希望したほうが無難です。

同時に複数社申し込まない

個人信用情報機関には、カードローンに申し込んだことも記録されるので、審査の際に他社のカードローンにも申込をしているということは、すぐにわかります。

いくつものカードローンに申し込んでいると、お金に困っているのではないか、過去に何か金融事故(長期延滞や債務整理等)を起こし、審査に通りにくいからではないかなど、悪いイメージを持たれる恐れがあります。

そうなると審査に落ちる可能性が高まるため、同時に複数のカードローンの申込は避けましょう。

低金利のメガバンクで借りれるか

低金利のメガバンクのカードローンはフリーターでも利用できるのでしょうか。

メガバンクでも借入可能

フリーターでもメガバンクのカードローンで借入することは可能です。金利(利息)とは、お金を借りるためのレンタル料のようなもので、毎月返済日に、返済額に金利がプラスされた金額が引き落とされます。

金利は消費者金融系カードローンよりも、銀行系カードローンのほうが安い傾向にあります。金利が安いほど返済総額も安くなるので、できるだけ金利が安いカードローンで借入するのがおすすめです。

以下に3大メガバンクのカードローンの詳細をご紹介します。(※3大メガバンクとは、三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの、莫大な資産を持つ3つの都市銀行のことです。)

三井住友銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年4.0%~年14.5%(利用限度額に応じて異なる)
口座開設 不要
申込条件 申し込み時点で満20歳以上満69歳以下
原則安定した収入があること(パート・アルバイト可)
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用できます。

インターネットからであれば、24時間いつでも申し込めるため、勤務時間が不規則だったり、銀行の営業時間内に来店することが難しかったりする方にとって、非常に便利です。

返済日は5日、15日、25日、月末から選ぶことができるので、自分の給料日などの都合に合わせやすくなっています。

カードローン : 三井住友銀行<公式>

みずほ銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年2.0%~年14.0%(利用限度額や借入期間に応じて異なる)
口座開設 不要
申込条件 契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満
安定かつ継続した収入の見込めること
保証会社(オリコ)の保証を受けられること

みずほ銀行カードローンも口座開設不要で、インターネットから24時間いつでも申し込めます。

返済日は毎月10日ですが、みずほ銀行のATMやコンビニATMから随時返済できるようになっています。借入期間が短いほうが金利が安くなるので、お金に余裕があるときには、前倒しで返していくとよいでしょう。

カードローン:みずほ銀行

三菱東京UFJ銀行バンクイック

詳細 項目
利用限度額 10万円~500万円
金利 年1.8%~年14.6%(利用限度額に応じて異なる)
口座開設 不要
申込条件 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
原則安定した収入があること(パート・アルバイト可)
保証会社(アコム(株))の保証を受けられること

三菱東京UFJ銀行バンクイックも、24時間インターネットから申込可能です。借入金額が1,000円単位で指定でき、余計な借入を防ぐことができます。

また、返済額も1,000円から指定できるので、無理なく返済を行えます。(最少返済額は、借入残高や借入利率によって、指定できる額が変わります。)

カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行

お手軽申込のネット銀行がおすすめ

銀行系カードローンは、申込が手軽にできて特典が充実しているネット銀行のカードローンもおすすめです。

メガバンクに引けを取らないぐらい金利も安く、口座開設やカードローンの申込などがインターネット上で完結できます。また、コンビニなどのATMで気軽に利用でき、ポイントが貯まるなどの特典も充実しています。

セブン銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円、30万円、50万円
金利 年15%
口座開設 必要
申込条件 セブン銀行口座を持っていること(個人)
契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満
一定の審査基準を満たし保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられること

セブン銀行カードローンは、nanacoユーザーにおすすめのカードローンです。全国のセブンイレブンATMで、24時間365日手数料無料で利用できます。

カードローンの返済を半年以上継続すると、nanacoポイントが進呈されます。(ローン残高20万円以上、延滞なく返済していることなどの条件有り)

利用限度額を10万円、30万円、50万円から選ぶことができ、どの利用限度額でも金利は年15%なため、少しだけ借りたい人でもお得に借りられます。

また、24時間インターネットから申込可能で、本人確認書類の提出は不要です。カードローンを利用するにはセブン銀行の口座が必要ですが、口座開設もインターネットから行えます。

カードローン | セブン銀行

じぶん銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年2.2%~17.5%(利用限度額に応じて異なる)
口座開設 不要
申込条件 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
安定継続した収入があること(自営、パート、アルバイトを含む)
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられること

じぶん銀行カードローンは、auユーザーにおすすめのカードローンです。もともと金利は年2.2%~17.5%と低めですが、auユーザーであればさらに最大で年0.5%金利が優遇されます。

auユーザーは専用の申込ページから簡単に申込ができます。また、auユーザーでなくても、申込はスマートフォンから手軽に行えます。

カードローン(じぶんローン) | じぶん銀行

楽天銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~800万円
金利 年1.9%~14.5%(利用限度額に応じて異なる)
口座開設 不要
申込条件 満年齢20歳以上62歳以下
(但し、パート・アルバイト、および専業主婦の方は60歳以下)
日本国内に居住していること
お勤めの方で毎月安定した定期収入があること
楽天カード株式会社、または株式会社セディナの保証を受けられること

楽天銀行カードローンは、楽天ユーザーにおすすめのカードローンです。カードローンへの入会や、カードローンの利用で楽天スーパーポイントが進呈されます。(下記リンク先のページからの申込のみ)

楽天銀行の口座がなくてもカードローンの利用は可能ですが、楽天銀行の口座を返済口座に指定すると、ポイントが貯まるなどの特典があるので、口座を開設しておいた方がお得に利用できます。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

りそな銀行カードローン

項目 詳細
利用限度額 10万円~200万円
金利 年9.0%~年12.475%(利用限度額に応じて異なる)
口座開設 必要
申込条件 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満
日本国内に居住していること
継続安定した収入があること
(パート・アルバイトも可能。年収・勤続年数などの条件はなし)
保証会社の保証が受けられること

りそな銀行のクイックカードローンは、りそな銀行の口座が必要ですが、パート・アルバイトの方でも、年収や勤続年数などの条件なしで利用できます。

すでにりそな銀行に口座を持っている方は、カードローン専用のカードを作る必要がなく、手持ちのキャッシュカードをそのまま使えます。

また、インターネットから24時間いつでも申込可能で、全国のりそな銀行やコンビニATMなどで気軽に利用できます。

りそなクイックカードローン│カードローン│りそな銀行

まとめ

フリーターでも安定した収入があればカードローンの利用は可能です。できるだけ審査に通りやすくなるよう、しっかりとポイントを押さえて申し込みましょう。

カードローンで借入する際は、できるだけ低金利の銀行系カードローンを選ぶのがよいですが、銀行の営業時間帯に店舗に赴くのが難しい方は、24時間申込可能で、ポイントなどの特典があるネット銀行のカードローンがおすすめです。

フリーターは収入が不安定になりがちなので、今後の収入や返済計画をよく考えたうえで、上手にカードローンを利用しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン