1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンで主婦は限度額いくらまで借りられる?増額の条件も知る

カードローンで主婦は限度額いくらまで借りられる?増額の条件も知る

カードローンを利用する際、主婦は利用限度額がいくらなのか、また、収入のない専業主婦でもカードローンを利用することはできるのか、借り入れ限度額の増額についてなど、主婦のカードローンの利用について詳しく解説します。

この記事の目次

主婦はカードローンから借りられるのか?

主婦でもカードローンを利用することは可能です。ただし、収入のない専業主婦なのか、パートやアルバイトなどで少額でも収入があるのかで、利用できるカードローン会社が異なります。

カードローンには主に、銀行が取り扱っている『銀行系カードローン』と、消費者金融が取り扱っている『消費者金融系カードローン』があります。

収入のない専業主婦と収入がある主婦では、どのカードローン会社が利用できるのか解説します。

収入がある場合

収入がある主婦の場合は、銀行系カードローンと消費者金融系カードローン、どちらも利用可能です。

カードローンに申し込むと、本人の年収や過去のクレジットカードやローンの利用状況(クレジットヒストリー)などが審査され、その結果によってカードローンの利用の可否や、借入限度額が設定されます。

カードローンの審査の際は、職場へ在籍確認の電話が入ることがありますが、担当者は個人名でかけてくれるため、職場にカードローンの在籍確認だと伝わることはありません。

収入のない専業主婦の場合

収入のない専業主婦でもカードローンの利用は可能です。ただし、利用できるカードローンが限定されます。

銀行系カードローンは可能

収入のない専業主婦の場合、銀行系カードローンであれば利用可能です。というのも、消費者金融などの貸金業者は、貸金業法により収入のない人への貸付を禁止しているからです。

しかし、銀行は貸金業法の対象外で、『銀行法』が適用されるため、銀行系カードローンであれば、専業主婦でもカードローンが利用できます。

専業主婦の申込の場合は、本人ではなく世帯主(配偶者)の収入が審査対象になります。申し込みの際に世帯主の年収を記載する箇所があるので、必ず記入しましょう。

世帯主の年収を記載しても、世帯主の勤務先へ在籍確認の電話が入ることは基本的にありません。しかし、申込者本人に本人確認の電話が入ることがあるので、電話には必ず出るようにしましょう。

借入限度額について

ここでは、借入限度額について見ていきます。

総量規制とは?

総量規制』とは貸金業法により、個人の借入総額を年収の1/3までに制限する規制のことで、消費者金融や信販会社などの貸金業者が対象となっています。

例えば年収300万円の人であれば、借入総額は100万円までとなります。『借入総額』は、各社でそれぞれ100万円ずつ借入ができるのではなく、A社で30万円借り入れていたら、B社では70万円までしか借入はできません。

収入がある場合

収入がある主婦の場合は、年収や雇用形態、他社での借入額、そのほか過去のローンなどの利用状況に問題はないかなど、個人の信用情報によって借入限度額が決まります。

消費者金融系カードローンで借入をする場合、借入限度額は、先述した通り最高でも年収の1/3まで、銀行系カードローンの場合は、そのカードローンで設定されている最高限度額までとなります。

ただし、現在の雇用形態がパート・アルバイトであったり、年収が低い場合には、最高限度額で審査に通ることはまずありません。

また正社員で働いていたとしても、申込時の希望限度額が高いほど審査も厳しくなるので、審査に通るためには、収入に見合った限度額で申し込むことが大切です。

収入のない専業主婦の場合

収入のない専業主婦の場合は、消費者金融系カードローンは利用できないため、銀行系カードローンを選ぶことになります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、専業主婦の利用の場合は、上限限度額を30万円~50万円程度に設定している銀行がほとんどです。

なぜなら本人に返済能力がなく、生活費や返済など、すべての支払いを世帯主(配偶者)の収入のみで行わなければならないことが考慮されているからです。

そして、上限限度額が50万円のカードローンだったとしても、申し込めば誰でも借入限度額が50万円になるわけではありません。

世帯主の年収額や、本人と世帯主の過去のローンなどの利用状況などを審査し、その結果により借入限度額が決定するため、50万円以下の借入限度額になる可能性もあります。

どうしても高額の借入が必要なときには、世帯主に借入をしてもらうなどの方法を取る必要があります。

限度額を増額するための条件

主婦であっても、カードローンの借入限度額を増額することは可能です。しかし、限度額増額のためには、いくつかの条件があります。

取引実績がある

まず、増額を希望しているカードローンでの取引実績があることです。借入限度額の増額は、貸す側にとっては万が一返済されなかったときに、損害が増えるリスクがあります。

そのため、全く取引実績がないと、どういう人なのかわからないので、信用できると判断し難いのです。

反対に何度かカードローンの利用があり、毎回延滞もなくしっかり返済していた人であれば、『ちゃんと返済してくれる、信用できる人』と判断しやすく、信用度が上がります。

どれぐらいの期間の取引実績があればよいかは、消費者金融や銀行がそれぞれ独自の基準を定めているため、明確な基準はありませんが、少なくとも半年以上の実績があったほうがよいでしょう。

最高限度額を超えない

増額を申し込む際には、他社での借入も含め、年収の1/3を超えない額にする必要があります。

上限限度額はカードローンのパンフレットや、カードローン会社のホームページなどに必ず記載されているので、よく確認してから申し込むようにしましょう。

専業主婦は最大50万が限度

専業主婦の場合は、貸す側にとってリスクが高い分、増額の申し込みをしても、審査に通りにくい傾向にあります。

例えば「今の借り入れ限度額が10万円で、カードローンの限度額上限が50万円だから、40万円増額したい」と思って申し込んでも、なかなか審査に通りません。

増額したいときは、銀行から優良顧客だと判断されるよう、延滞せずにきちんと返済し、取引実績を積んでから申し込むことが大切です。

他社からの借り入れ状況

借入限度額増額のためには、他社からの借入状況も重要です。個人の借入返済状況などの情報は、『CIC』や『JICC(日本信用情報機構)』、『KSC(全国銀行個人信用情報センター)』といった個人信用情報機関にすべて記録されています。

個人信用情報機関では、借り入れた人の氏名、年齢、職業や勤務先、どこでいくら借りているのか、延滞せずに返済をしているかなどの情報が見られるようになっています。

カードローンの新規申し込み、増額の申し込みなどがあった際には、必ずこの機関の情報を照会し、審査が行われます。

例えば、複数社で借入をしている場合、すべての借入や返済についての情報を見ることができるため、増額申請の際に他社での借入額を少なく書いても意味はありません。

むしろ『嘘の情報を記載した』という理由で、信用が落ちてしまう可能性があるので、申し込みの際には正直に書くことが大切です。

他社での借入がない、または少額

他社での借入れがない、またはあっても少額であれば、増額の審査に通る可能性が高くなります。他社で多額の借入がある状態だと、「お金に困っているのではないか」という疑いを持たれる可能性があります。

返済が期日通り行われている

個人信用情報機関には、これまでの返済状況も記録されています。もし延滞してしまった場合、その記録は最長で5年間保管されます。

審査の際に延滞の記録が確認されると、当然ですが「きちんと返済してもらえないかもしれない」と思われ、増額の審査に通らない可能性があります。

増額を希望している場合は、借り入れたお金は毎月きちんと期日通りに返済しておくことが大切です。

まとめ

主婦がカードローンを利用する場合は、専業主婦かなのか、多少なりとも収入があるのかの条件で、利用できるカードローン会社や限度額が異なります。

また、借入限度額の増額も可能ですが、増額するためにはきちんとした利用実績を積み、金融機関からの信用を得ることが大切です。

自分の状況や借り入れする目的、金額、返済期間などをしっかりと考えたうえで、カードローンを利用するようにしましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン