1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. なぜカードローンの限度額が引き下げに?引き下げ理由と今後の注意点

なぜカードローンの限度額が引き下げに?引き下げ理由と今後の注意点

お金が必要になったときに、利用限度額内で借り入れができるカードローンは便利です。しかし、限度額が引き下げられる場合もあります。どのような場合に限度額が引き下げられるのか、引き下げられるとどうなるかについて説明していきます。

この記事の目次

カードローンの限度額が引き下げられる原因

カードローンには利用限度額があります。しかし、一度決まったらずっと同じ限度額のままということはありません。どのような場合に限度額が引き下げられるのか、みていきましょう。

カードローンの延滞

カードローンの返済を延滞してしまった場合は、限度額が引き下げられる可能性があります。

カード業者は信用を担保にお金を貸し付けているので、きちんと返済できない場合は、カードローン会社からの信用を失ってしまいます。信用できない人に大きな金額を貸し付けることはできないので、限度額を引き下げます。

年収による引き下げ

法律で総量規制という制度が設けられており、銀行系カードローン以外は、年収の1/3までしか借り入れができません。また、複数のカードローン会社から借り入れがあっても、総量規制の範囲までとなります。

例えば年収900万円の人が、借入限度額300万円で借り入れていた場合、年収が600万円に下がると、総量規制により200万円までしか借り入れることができず、限度額が引き下げられます。

契約時に虚偽の申告があった

カードローンの契約をするときに、嘘の情報で審査に通ってしまった場合、嘘が発覚したときに限度額が引き下げられる場合があります。

しかし、審査を通過した後に嘘が発覚すると、契約を無効にされ、借り入れしている金額を、一括請求される場合もあるので、申し込みの際は、正しい情報を記入するようにしましょう。

銀行各社がカードローン限度額の規制を開始

銀行系カードローンは総量規制の対象とならないため、以前は個人に対して多額の融資をすることが可能でした。その結果、個人の支払い能力を超えた借り入れをする人が増え、批判を受けました。

これを受けて、銀行各社は融資額の上限を下げたり、収入証明書が必要な借入金額を引き下げたりすることで対応しました。

三井住友銀行

三井住友銀行は、以前は借入金額が300万円までであれば、収入証明書の提出なしで借り入れできましたが、現在は50万円以上の借り入れで収入証明書が必要となります。

カードローン : 三井住友銀行

みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンは、以前は収入の1/2までが借入限度額でしたが、自主的に総量規制を導入して、収入の1/3までしか借り入れできないようになっています。

カードローン:みずほ銀行

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、借入金額が200万円までであれば、収入証明書が不要でしたが、現在は50万円を超える借り入れの場合は必要となります。

カードローン「バンクイック」 | 三菱東京UFJ銀行

限度額引き下げによるローンの差額は?

限度額が引き下げられたとき、それ以前のローンは、どのように支払えばよいのか説明していきます。

返済額は変わらない

限度額が引き下げられても、今までと返済額が多くなったり、少なくなったりすることはありません。

新たな限度額を下回るまでは返済のみ

限度額が引き下げられた場合は、新たに設定された限度額を下回るまでは、新たに借り入れをすることはできません。

例えば、限度額80万円で限度額いっぱいまで借り入れている場合、限度額が50万円に引き下げられると、借入残高が50万円を下回るまでは、借り入れができません。

限度額を引き下げられないためには?

限度額を引き下げられないようにするには、以下のことを守りましょう。

返済期日、返済金額は厳守する

前述したように、カードローン会社は、信頼を担保にお金を貸しています。そのため、返済期日に遅れたりすると、信用を失ってしまいます。

また、信用情報はすぐに調べられるので、返済を延滞してしまうと、その情報は共有されてしまいます。

もし、返済が遅れてしまいそうになったときは、事前にカードローン会社に連絡すると、限度額の引き下げをされない可能性もあるので、相談するようにしましょう。

無理な借り入れはしない

自分の返済能力を超えるような借り入れをしてしまうと、返済することができなくなる可能性があります。当たり前のことですが、事前にしっかりと返済計画を立て、返済できる分だけ借り入れるようにしましょう。

申告内容は正確なものを記入

他社からの借入件数や借入金額をごまかすと、嘘が発覚した際に限度額が引き下げられます。

借入金額の虚偽の申告は、絶対にしてはならないことです。虚偽の申告が発覚すると審査に落ちることもあるほか、信用情報にも影響を及ぼしてしまうので、正確な情報を記入しましょう。

また、年収を高めに偽ることは、審査の際に収入証明書の提出が無ければバレる確率は低いです。しかし、限度額の増額申請など、様々な場面で提出の必要があるので、嘘が発覚すると限度額は引き下げられます。

まとめ

限度額が引き下げられる場合は、延滞してしまったり、申告時の嘘が発覚してしまったりして、信用を失ってしまった場合がほとんどです。

一度落ちた信用を取り戻すのは非常に難しいことなので、カードローンを正しく利用して、信頼を失うことのないようにしましょう。

カードローンの限度額の決まり方。申請したら増額はできるのか?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン