1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの申込で注意するポイント。ローン審査を通すには?

カードローンの申込で注意するポイント。ローン審査を通すには?

カードローンの申込には審査があります。審査の条件は基本的に非公開ですが、収入やこれまでの信用実績などから総合的に判断されます。カードローンの審査の流れや注意点、審査に通るためのコツなどをご紹介していきます。

この記事の目次

申込の流れ

カードローンの申込方法は、大きく分けて3種類あります。

  • インターネットで行うWeb申込
  • 自動契約機を使った申込
  • 店頭窓口での申込

いずれの場合も、本人確認書類の提出が求められることが多いので、忘れずに準備しておきましょう。なお、本人確認書類が運転免許証以外の場合は、住民票や銀行のキャッシュカードなどと併せて、2点以上を提出しなければならないことがあります。

必要書類

カードローンの申込で必要になる書類は、運転免許証などの本人確認書類のほか、利用限度額が一定額を超える場合には、収入証明書類の提出が求められます。

申込方法

インターネットで行うWeb申込の場合、カードローン会社のホームページから必要事項を入力し、本人確認書類のコピーをアップロードして審査を受けます。

審査に通った後は、借入用のカードを郵送、または店舗で受け取ることで借り入れができるようになります。

自動契約機を使った申込の場合、本人確認書類や収入証明書類などを用意して手続きを行います。

画面越しにオペレーターとのやり取りが必要になる場合もありますが、基本的には機械の指示通りに進めることで手続きは完了します。カードはその場で発行され、即日借入が可能になります。

店頭窓口での申込の場合、自動契約機での申込と同様に、必要書類を揃えて窓口で手続きを行います。

Webや自動契約機での申込に不安がある人は、スタッフに相談しながら申込ができるので安心感があります。また、カードもその場で受け取れるので、手続きがスムーズです。

ローン審査の基準

カードローンの審査の基準は基本的に非公開ですが、申込の際に提出する必要書類や、申込内容から総合的に判断されます。

基本は非公開

カードローンの審査に通らなかった場合には、融資を見送る旨が通知されますが、その理由が明らかにされることはありません。

各カードローン会社によって審査に通りやすい、通りにくいなどと言われることがあり、審査の基準は各社によって異なりますが、基本的に審査条件は公開されていません。

収入やこれまでの信用実績

カードローンの審査で検討されるのは、申込本人の収入やこれまでの信用実績です。例えば、正社員で勤続年数が10年以上など、継続的に安定した収入があると判断されると審査に通りやすくなります。

学生や主婦などはその点ではやや不利ですが、アルバイトやパートなどで定期的に収入があれば、返済能力があるものとみなされます。

信用実績とは、第三者機関が管理している個人の信用情報です。過去にカードローンの返済や、分割払いの支払いで延滞などが頻繁にあった場合には、返済能力がないものとみなされることがあります。

よく「ブラックリスト」と呼ばれているのは、この信用実績に延滞や滞納などの情報が記録されていることを表しています。

また、他社からの借入状況も、審査の際には考慮されます。総量規制により貸金業者からは、年収の1/3を超える借り入れはできないので、すでに年収の1/3を超える借り入れがある場合には、審査に通らない可能性が非常に高くなります。

この場合は、銀行系のカードローンに申込をするか、総量規制の対象外となっている『おまとめローン』などを利用しましょう。

申し込みの注意点

カードローンの申込をする際には、いくつか注意が必要です。

一度に複数のローンを申し込まない

一度に複数のカードローンの申込をすると、それだけで審査に通らない可能性が高くなります。緊急に多額のお金を必要としている、返済能力に問題がある、と判断されるためです。

カードローンの申込は必ず1社に絞り、仮に審査に通らなかったら、改めて他社への申込を検討するのが無難です。

申込書類のミスに注意

申込書類の記入ミスにも注意が必要です。特に、自分で記入する項目には十分に注意を払いましょう。

勤続年数や年収、雇用形態、他社からの借入状況など、できるだけ正確に記入することが必要です。単なる記入ミスでも故意に嘘の情報を書いたと判断され、審査に通らなくなってしまう可能性があるためです。

審査を通すためのコツ

カードローンの申込で審査に通るためには、いくつかのコツがあります。

限度額を低く抑える

借入限度額は、できるだけ低く抑えることが重要です。貸金業法による総量規制により、個人向けの融資が厳しく制限されるようになっています。

そのため、まずは限度額を低めにしておき、借り入れ後に確実に返済という実績を作ってから、上限額の増額を申し込むのが安全です。

嘘はつかない程度で自分をよく見せる

カードローンの申込では、絶対に嘘をつかないことが大切です。特に雇用形態や他社からの借入状況など、調べればすぐに分かることなので、正確に伝えるようにしましょう。

その代わり、嘘にならない範囲で自分をよく見せることには意味があります。例えば、借り入れ目的が「生活費の工面」だったとしても「資格取得のため」にすることで、これから収入が上がる可能性があることをアピールできます。

また、紹介予定派遣で働いている場合には、正社員になる前提であることを伝えることで、雇用形態や勤続年数に対するプラスの情報となるでしょう。

銀行がダメなら消費者金融を検討

銀行系のカードローンで審査に通らなかった場合は、消費者金融からの借入を検討しましょう。銀行系のカードローンは、消費者金融系に比べて審査が厳しい傾向にあります。

銀行系のカードローンは金利が低く設定されているため、返済能力の高い人だけに融資を行い、支払い遅延や滞納を防ぐために審査を厳しくしています。

一方、消費者金融では金利を高めに設定して、消費者へ融資を行なっているため、銀行系に比べると審査基準はやや低くなります。ただし、総量規制の対象となる融資が条件なため、年収の1/3を超える額は、借り入れができないことに注意しましょう。

まとめ

カードローンの申込には、Web申込、自動契約機を使った申込、店頭窓口での申込があります。そのため、自分にあった方法で申込をするのがよいでしょう。

また、カードローンの申込をすると、申込本人の収入や信用実績から審査が行われます。審査を無事に通過するには嘘の申告をせず、正直に必要事項を記入することが何よりも大切です。

そして、限度額は低めにして申込をすることで審査に通りやすくなりますが、銀行系カードローンで審査に通らない場合には、消費者金融を検討するとよいでしょう。

カードローンの申込方法とは。必要書類から注意点まで詳しく解説

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン